{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 縁起の良い記念樹
  3. 落葉高木
  4. 実梅
  5. 【豊後梅 (ぶんごうめ)】 実梅 うめ 1年生接木苗
  1. 果樹苗
  2. 果樹全種一覧
  3. 梅(ウメ)
  4. 受粉樹向き
  5. 【豊後梅 (ぶんごうめ)】 実梅 うめ 1年生接木苗
  1. 庭木
  2. 落葉中高木(季節別分類)
  3. 早春(2~3月)を楽しむ
  4. 実梅
  5. 【豊後梅 (ぶんごうめ)】 実梅 うめ 1年生接木苗
  1. 庭木
  2. 切花や茶花で楽しめる木
  3. 【豊後梅 (ぶんごうめ)】 実梅 うめ 1年生接木苗

一本で生ります!梅酒、漬梅に良し「ぶんご」

【豊後梅 (ぶんごうめ)】 実梅 うめ 1年生接木苗

商品番号 kaju_ume003-01
価格 ¥ 1,399 税込
64 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 通常梱包
5.00
4
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    庭にあった梅の木が枯れたので、代わりの木を探していましたが、豊後がよいと勧められ、購入しました。移送の状態もよく、3~4年後の実のなることが楽しみです。



実梅 豊後 (ぶんご)

香りの良い花を咲かせる梅



この花が咲くと、収穫の夢が膨らみます。

ウメ 豊後 4

花がピンクで美しい大きな実がなる寒冷地向け品種。

豊後梅(ぶんごうめ)は実が大きく薄紅の花も美しい実梅です。開花時期が遅いので寒冷地にも向きます。北海道でも大丈夫です。
果実が大きく40~60gで、梅酒、漬梅に良し「ぶんご」と呼びます。
種が小さく、果肉の割合が多いです。花粉多く、1本でもやや結実します。(本によって1本でならないとの記述もあります。)

縁起が良い木としても人気のウメの木。梅は放任すると大木になりますが、盆栽にできるなど鉢植えでも楽しめます。
北海道でも育ちますが開花後に-3度以下になると冷害を受けるので寒冷地では開花が遅い品種を選ぶとよいです。

果実を楽しむ実梅(みうめ)。ウメにはクエン酸、リンゴ酸が豊富に含まれ、アルカリ食品として重宝します。ビタミンも豊富です。花も美しいので庭木にもおすすめです。

豊後梅の特徴


学名 Prunus mume バラ科 サクラ属
開花時期 3月中旬~4月上旬
花色・大きさ・花形 薄いピンク・中輪咲き(2cm位)・一重
香りの強さ ★★☆☆☆ 微香
収穫時期 6月下旬 晩生品種
果実の大きさ ★★★★☆ 大実 40~60g
果実の用途 漬け梅、梅干、梅酒
結果年数 2~3年
自家結実性 1本でもやや結実(花粉は多いが自家結実しにくいので、受粉樹はあったほうが良い。他の受粉樹にもできます。)
推奨受粉樹 花香実、鴬宿、甲州小梅、紅さし、改良内田、小粒南高、竜峡小梅
最終樹高 地植え:6m ~ 10m 鉢植え:1m ~ 2m (落葉高木)
最終葉張り 4m ~ 8m 半開帳性
栽培用途 果樹畑、花壇、鉢植え(7号鉢以上)、庭木
植栽適地 北海道~九州
育てやすさ ★★☆☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた、耐陰性やや弱い、
豊産性あり、耐寒性強い、耐暑性強い、耐乾性強い
耐病害虫性 耐病性:普通につく 害虫:普通につく
芽吹き時期 4月頃
花言葉 上品、忍耐、忠実、独立、気品
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包(宅配便)です。

※送料は購入手続きにて配送先住所を指定した際に表示されます。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 商品は1年生接ぎ木ポット苗です。根鉢の部分も含め高さ約70cmです。根鉢の大きさは4号(直径12cmポット)です。1年生苗とは苗木ができて1年目の苗です。
1年目の剪定済みです。花や果実は基本的についておりません。
10月~4月ごろは葉がついておりませんが4~5月ごろから芽吹いてきます。花や実は基本的についておりません。
※台木の芽は早めにかきとってください。台木の芽が育つと接木よりも上が枯れることがあります。


豊後 実梅の育て方



植え方・用土


秋~梅雨ごろまでが植え付け適期です。開花期が早いので暖地では秋植えをおすすめします。
葉が芽吹いた後に植え付けする場合は根を崩さないように植えてください。
梅の根は水はけが良い肥沃な土壌を好み、過湿に弱いです。湿潤な土壌で日陰だと花が咲きにくくなり、立ち枝ばかりでます。
日当たりの良い場所に浅く植えます。垂直に植えるよりも斜め70度くらいで植えると、Y字仕立てに作りやすく樹高も低く仕立てやすいです。
地植えの場合は、『花ひろば堆肥極み』を1袋とパーライトを1袋、土に混ぜて植えると良いです。
鉢植えでは果樹の土を使って植えると簡単手軽&最高です!
植え付け間隔は広い場所があって、大きく育てる場合は5mくらい間隔をあけます。コンパクトに育てる場合は2m間隔で植えて、剪定で調整します。


春の植え付け方法


2月ごろが植え付け適期です。まだ寒い時期であれば根を少し広げ気味にして植え、葉が芽吹いた後に植え付けする場合は根鉢はほぐさないで植えてください。


夏の植え付け方法


根をほぐさずに植えます。秋の彼岸までは雨が降らないときは水切れに注意です。


秋の植え付け方法


暖地では植え付け適期です。秋植えすると次の生育期まで半年くらいあるので、水切れに耐える苗に育ちます。まだ暑い時期は根をほぐさずに植え、気温が下がっている時期なら根を広げて植えます。根がほぐれないときは無理にほぐさず植えます。


冬の植え付け方法


冬も植え付けにいい時期です。土が凍らない地域では冬でも大丈夫。多少の雪や霜は問題ありません。寒さが心配な場合はマルチングをしておきましょう。


水やり


地植えした場合は雨が当たる場所では水やりは雨に任せ、よほど雨が降らないときだけ土が乾いたら与えます。
鉢植えでは土が良く乾いたら水をたっぷり鉢底から流れ出るくらい与えます。土が乾いていなければ与えません。夏の水分不足による葉やけを起こさせないように、夏は乾燥したらたっぷり水を与えてください。


肥料のやり方


肥料が多いとアブラムシがつきやすくなります。
おすすめはももの肥料などのバラ科専用に配合してある肥料です。12月~2月ごろまでに寒肥として桃の肥料を与えます。鉢植えでは6月に化成肥料を与えます。


花芽の付き方


花芽は前年に伸びた枝の葉腋に花芽と葉芽が分かれて夏につき、翌春に開花し結実します。徒長枝は間引くか短く切り戻し、そこから短果枝を多めに出させるようにします。





剪定方法


Y字仕立てや開帳自然形の樹形を目指します。



地際から40cmくらいで切り詰め、主幹から20cmおきに120度くらいの角度で斜めに2~3本の枝を伸ばさせて木が広がるように育てます。



3年目以降は徒長枝は日あたりを悪くするので生え際で切ります。
樹勢が落ち着いたら徒長枝も翌年以降の短果枝を出させるための枝に使うので、
徒長枝はすべて生え際で間引くのではなく、翌年以降用にいくつかは生え際から20~30cmくらいで切る切り戻しをしておくとよいです。
横に伸びる徒長枝は生え際から3/4程度残して切るか、枝の広がりが過ぎるようであればもう少し短くしてもいいです。
切る位置に迷ったら、枝先をつかんで曲げ、その曲がり目のところで切るのが目安です。

梅切らぬバカというように、毎年冬に剪定します。年賀状を出す前に剪定は終わらせておくとよいです。
樹幹内部まで日あたりが良くし、横に広がりすぎる場合は剪定でコンパクトに仕上げていきます。なるべく横向きの芽を伸ばし、立ち上がる上向きの芽は生え際で切ります。

収穫後の夏の剪定も翌年の豊作のために重要です。
横から見て真上に伸びる徒長枝を生え際で切るだけです。
ただし、樹勢が弱い木(枝が勢い良く伸びない木)や夏の乾燥がひどいときはかえって木が弱るので控えます。

枝を横に伸ばさせて、フェンス仕立てにするのもおしゃれでコンパクトです。






その他豆知識


摘果せずにならせすぎると果実が太らず小ぶりになるので、余分な果実は摘果します。
生理落果が終わる4月下旬から5月上旬ごろに行います。
目安は葉15枚に1果ですが、葉が出そろわないうちに果実がつくので5~10cm間隔に1果を目安にします。

梅酒やシロップ漬けの果実は青くかたい時期に収穫しても良いですが、雨が降るごとに果実が肥大するので、緑の色が少し抜けてきたくらいの大きな果実から収穫すると小さい果実も次第に太り始めます。
梅干し用は熟した果実のほうが漬けたときに柔らかくておいしいので少し黄色くなってから収穫しよう。
とくに完熟した南高で漬けた梅干しは口の中でとろけるので、梅干し用の品種は早めに草刈りをしておいて、木の下にネットを葉って、落果したものから収穫すると完熟梅干しが作りやすくなります。


病害虫の予防法


4月頃からアブラムシや黒星病に注意です。発生しだい消毒します。アブラムシの駆除はベニカなどの殺虫剤で駆除します。黒星病などの病気にはGFベンレート水和剤などの殺菌剤で消毒して下さい。


育て方のまとめ


梅切らぬバカ。剪定は冬に行い、夏も徒長枝を取り除きます。


おすすめ商品

前へ
次へ