果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 縁起の良い植物

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > シンボルツリーにおすすめする木 > 南欧風リゾートガーデン向け > キンポウジュ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 季節で分類できない常緑樹 > キンポウジュ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 切花や茶花で楽しめる木

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > シンボルツリーにおすすめする木 > 冬も葉が茂る常緑シンボルツリー > キンポウジュ

金宝樹(キンポウジュ):ブラッシノキ
“ヴィオラセウス”


ヴィオラセウスの花


ヴィオラセウス葉っぱの様子


花がびんを洗うブラシににていることから、 「ブラシノキ」とも呼ばれます。
切花としても使えます。


●品種の特徴
春~初夏にボトルブラシ状の円柱形の花穂をつけます。明治末期に渡来して以来、金宝樹の名でユニークな花木として人気です。
ヴィオラセウスは細葉で葉の新芽が赤くなります。花は紫色です。

別名:花槇(ハナマキ)

学名 Callistemon 'Violaceus'
フトモモ科ブラシノキ属(カリステモン属)
原産地
オーストラリア
花言葉
はかない恋
誕生花
5月19日
最終樹高
最終葉張り
成長の早さ
開花期
類似品種
植栽適地
耐寒性
常緑低木
2〜5m
2〜4m
早い
(0.5m/年)
花5~6月
関東〜沖縄

※苗木はすべて国産苗木です。
※資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、それは自然環境で放任して栽培した場合の大きさです。どの種も土質にもよりますが住宅地での放任栽培では1.5〜2mくらいです。

魅力
 魅力満点: 【春〜秋】花が美しい、【通年】葉を楽しむ。
育てやすさ  初心者におすすめ: 耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい、耐乾性強、
用途
 切花、記念樹、鉢植え、盆栽、記念樹、目隠し、花壇、街路樹、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。




金宝樹(キンポウジュ) <br>ブラシノキ <br>ヴィオラセウス ( ビオラセウス )<br>4号ポット苗 庭木 常緑樹 シンボルツリー
金宝樹(キンポウジュ) <br>ブラシノキ <br>ヴィオラセウス ( ビオラセウス )<br>4号ポット苗 庭木 常緑樹 シンボルツリー
金宝樹(キンポウジュ) <br>ブラシノキ <br>ヴィオラセウス ( ビオラセウス )<br>4号ポット苗 庭木 常緑樹 シンボルツリー

金宝樹(キンポウジュ)
ブラシノキ
ヴィオラセウス ( ビオラセウス )
5号ポット苗 シンボルツリー 庭木 常緑樹

おすすめNEW!!

商品番号 niwa_kinpouju011

価格1,280円(消費税込:1,382円)

64ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 通常梱包 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
※これらの商品は別途ご注文となります。

【販売時期について】
この規格の苗木は毎年10月ごろから販売開始します。春ごろまでは補充、再入荷を繰り返します。4月中旬ごろからは売切れ次第終了です。

●苗木の形状
商品はポット部分も含めて高さ0.5~0.6m前後の5号ポット苗です。 花はついていない場合があります。冬は寒さで葉がベージュ色します。冬は成長が止まるため、冬〜春の苗は葉が少なくなるので貧弱な感じになります。。

例年10月〜翌5月ごろまで入荷します

●この商品の同梱可能本数は・・・・  

>>送料についてはこちら

 >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら

 >>ご注文からお届けまでの流れはこちら

 キンポウジュ (カリステモン) の育て方
  • 植え付け時期
    基本的に移植は11月〜入梅までに行います。植え付けは9月ごろから入梅まで大丈夫です。

  • 植え付け用土
    日当たり、水はけの良い、強風の当たらない場所に植えます。
    中性〜やや酸性よりの土を好みます。
    花ひろば堆肥“極み”や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。
    移植を嫌うので、植え付け時は移植の必要のない場所に植えてください。日当たりを好みます。

  • 水管理
    春に植えつけたら2週間くらいは丁寧に水を与えてください。その後は雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。

  • 剪定方法
    剪定は春の開花直後に行います。花は枝先につくので、強い剪定は禁物。夏に花芽が分化しますので、夏以降は剪定しないように注意してください。細枝や枯れ枝を取り除く程度で自然樹形を保ちます。

  • 肥料
    2月ごろに寒肥として鶏糞と腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。
    9月ごろにも油粕と骨粉を少々与えます。

  • 消毒
    特に気になる病害虫はあまりでません。