{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 落葉中高木(季節別分類)
  3. 春(4~5月)を楽しむ
  4. オオヤマレンゲ
  5. 香りの良い オオヤマレンゲ (ウケザキオオヤマレンゲ) 根巻き苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー
  1. 庭木
  2. 日陰でも楽しめる植物(高め)
  3. オオヤマレンゲ
  4. 香りの良い オオヤマレンゲ (ウケザキオオヤマレンゲ) 根巻き苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー
  1. 庭木
  2. シンボルツリーにおすすめする木
  3. 南欧風リゾートガーデン向け
  4. オオヤマレンゲ
  5. 香りの良い オオヤマレンゲ (ウケザキオオヤマレンゲ) 根巻き苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー
  1. 庭木
  2. シンボルツリーにおすすめする木
  3. 雑木林風ナチュラルガーデン向け
  4. オオヤマレンゲ
  5. 香りの良い オオヤマレンゲ (ウケザキオオヤマレンゲ) 根巻き苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー

南国を思わせる巨大輪の花

香りの良い オオヤマレンゲ (ウケザキオオヤマレンゲ)
根巻き苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー

商品番号 niwa_rk016
価格 ¥ 4,928 税込
224 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 通常梱包
完売。次回入荷は未定です。

 

香りの良いオオヤマレンゲ
(受け咲き オオヤマレンゲ)
南国を思わせる巨大輪の花が香る




●品種の特徴
南国をイメージさせるトロピカルで香りの良い花が魅力です。花径12~15センチある白い花が上を向いて咲きます。それで受咲き(ウケザキ)の大山蓮華と言います。蕾の頃は真っ白な卵のよう。初夏の頃、天女花と言われるほどの、白く優雅で美しい花が咲きます。光沢のある葉も魅力です。ホワイトガーデンの庭木としてもおすすめです。

 

学名 Magnolia sieboldii
モクレン科モクレン属
原産地
日本
花言葉
 
誕生花
 
最終樹高
最終葉張り
成長の早さ
開花期
類似品種
植栽適地
耐寒性
落葉高木
4~7m
3~5m
やや早い
(0.5m/年)
花5~6月
北海道南部~九州

※苗木はすべて国産苗木です。
※資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、それは自然環境で放任して栽培した場合の大きさです。どの種も土質にもよりますが住宅地での放任栽培では3~5mくらいです。

魅力
 魅力満点: 【初夏】花の香りが良い
育てやすさ  初心者におすすめ: 耐暑性強、耐寒性強、耐病性強、害虫がつきにくい、潮風に強い、公害に強い
用途
 鉢植え、シンボルツリー、記念樹、目隠し、花壇、街路樹、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。

 


【販売時期について】
この規格の苗木は不定期入荷になります。生産者からの入荷が無くなり、売り切れ次第、終了となります。

ゆっくり長く効く、化成肥料
当店自慢の高級堆肥
簡単植え付け!栽培セット

【お届けする商品の状態です】

●商品は根巻き苗です。根巻き部分も含め高さ0.9m前後位です。春の成長のために主幹や枝を剪定してあります。落葉期には葉がついておりませんが、春に芽吹きます。花はついていない場合があります。植え付け時は根巻き部分を包む麻布や麻紐ははずさずにそのまま植えてください。麻布も麻紐も分解されて自然に帰ります。地中ポットの場 合は、はずして植えてあげてください。どちらかわからない場合は、はずして植えてあげてください。

●商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。
剪定や肥料などの育て方のコツはこちらのページ下のほうをご覧ください。

●この商品の同梱可能本数は・・・・


小梱包でのお届けはできません。

 >>送料についてはこちら

オオヤマレンゲの育て方

オオヤマレンゲの育て方

  • 植え付け時期
    基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。寒い地方では春植えします。

  • 植え付け用土
    日当たり~明るい半日陰で、やや湿り気のある肥沃な土が理想です。
    樹勢が強く、土質も選ばない丈夫な木です。バーク堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。

  • 水管理
    雨が当たるような場所であれば、特に必要ありません。よほど雨が降らなかったり、乾燥する場所ではたっぷりと与えます。鉢植えは土が乾いたら与えます。

  • 剪定方法
    剪定はあまり必要ありません。無駄枝を剪定するのは落葉期に行います。真冬の剪定は避けます。木を小さくする場合、花後に行います。

  • 肥料は2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。

  • 消毒
    病害虫はあまり心配いりません。
    露地植えして株が育つと虫がついたことはないですが、小さい苗など力不足の場合は虫がつくこともあります。発生したら消毒します。