{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 切花や茶花で楽しめる木
  3. その他
  4. 【口紅エニシダ】 ポット苗

落ち着いた、はっきりした花色 【口紅エニシダ】 ポット苗

商品番号 niwa_enishida006
価格 ¥ 1,199 税込
55 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 通常梱包
在庫数 21

エニシダ
\“口紅エニシダ”

温かい雰囲気の春の花



●品種の特徴
細い枝を多数伸ばして、前年枝の葉腋に蝶のような形の花を咲かせます。枝びっしりに咲く姿はとても可憐で美しいです。
枝葉の形はほうき形で、英名では「Broom(ほうき)」とも呼ばれます。
伝説の魔女が夜中にまたがって飛ぶほうきはこのエニシダの枝で、昔は実際にこの枝を束ねてほうきを作っていたそうです。
\“エニシダ”の読みは、 オランダ語の「genista」(ヘニスタ)が語源といわれており、300年ほど前の江戸時代延宝年間にオランダから渡来したとされます。
聖母マリアが赤ちゃんの頃のイエスを抱いて逃げている時に、エニシダの草とすれる音でつかまりそうになった、との伝説があります。
イギリスの国章とみなされています。ヨーロッパでは重宝されており、つぼみは塩漬けでサラダの材料に使われるほか、屋根葺き材、衣服、紙、染料、薬用にも使われます。
「えにしだの 黄色は雨も さまし得ず」 By.高浜虚子(たかはまきょし)
別名:金雀児、ブルーム、金雀枝(エニシダと読みます)

明るく、温かい雰囲気の春の花です。枝にびっしり咲きます。ひとつひとつの花はかわいいです。

学名Cytisus scoparius.
マメ科エニシダ属
原産地
ヨーロッパ
花言葉
謙遜、清楚
誕生花
3月12日
最終樹高
最終葉張り
成長の早さ
開花期
類似品種
植栽適地
落葉低木
1.2~1.8m
1~1.5m
普通
(0.3m/年)
4月下旬~5月
ニワフジ
南東北~沖縄

※資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、それは自然環境で放任して栽培した場合の大きさです。
※苗木はすべて国産苗木です。
※資料によっては北海道中部まで生育できるような記述も有りました。

魅力
 魅力多い:【春】花が美しい
育てやすさ  初心者に超おすすめ: 耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい、樹勢強、やせ地に強い、潮風に強い、成長は早い、
用途
 鉢植え、盆栽、目隠し、花壇、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場、法面緑化、海浜緑化
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。

 

 

※これらの商品は別途ご注文となります。
【販売時期について】
この規格の苗木は毎年12月ごろから販売開始します。春ごろまでは補充、再入荷を繰り返します。4月中旬ごろからは売切れ次第終了です。
【お届けする商品の状態です】

●商品は3.5号ポット苗に植えてあります。高さは約60cm位です。落葉期、葉はついておりませんが春に芽吹いてきます。

●商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。

●この商品の同梱可能本数は・・・・

※小梱包でのお届けはできません。

 >>送料についてはこちら


エニシダの育て方

エニシダの育て方

  • 植え付け時期
    基本的に移植や植え付けは9月~入梅までに行います。一番いいのは花後です。寒さが苦手な品種もありますので、関東以北では春植えをおすすめします。

  • 植え付け用土
    日当たり、水はけの良い肥沃な土壌に植えます。乾燥地を好み、やせ地でも育つ丈夫な木です。
    連作障害しやすいです。バーク堆肥や花ひろば堆肥\“極み”、完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。

  • 水管理
    乾燥に強い木です。雨が当たるような場所であれば、特に必要ありません。鉢植えは土が乾いたら与えます。

  • 剪定方法
    剪定はほとんど行いません。大きくしたくない場合は、枝抜き剪定で整えます。

  • 肥料は地植えではほとんど必要ありません。鉢植えでは早春と初秋に緩効性肥料を与えます。

  • 消毒
    特に気になる病害虫はあまりでません。

  • ワイ性エニシダ
    黄色い花をつける鉢花の矮性エニシダはヒメエニシダ言います。3~4月ごろお店に並びます。黄色のヒメエニシダは寒さに弱く、本ページで販売している品種とは異なります。(当店で販売している黄花品種とは別のものです上記の品種群は全て耐寒性があります。

  • 長雨などで突然枯れることがありますので種を取って後継株を育てていくと良いです。こぼれ種でも増えますし、種は10月に採取し、3月に蒔いてください。

おすすめ商品

前へ
次へ