{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 常緑低木(季節別分類)
  3. 春(4~5月)を楽しむ
  4. シャクナゲ
  5. 西洋シャクナゲ “ミッドナイト” 鉢植え

藤色の花、一部に濃い斑点が乗る品種

西洋シャクナゲ
“ミッドナイト” 鉢植え

商品番号 niwa_shakunage091
¥ 2,363 消費税込 ¥ 2,599
118 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 通常梱包
残りわずかです。






シャクナゲ “ミッドナイト”

 

●品種の特徴
藤色の花、一部に濃い斑点が乗る品種。ピンク色に近い、柔らかな紫色の花で、花弁の1枚に濃い色の斑点が乗ります。
5月上旬頃に開花します。

学名Rhododendron spp
ツツジ科ツツジ属
原産地
中国雲南省からヒマラヤ
花言葉
威厳、警戒、危険、荘厳
誕生花
2月20日、4月26日、5月10日、8月2日
最終樹高
最終葉張り
成長の早さ
開花期
類似品種
植栽適地
耐寒性
常緑低木
1m
1m
やや遅い
(0.2~0.3m/年)
5月
南東北~沖縄

※資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、それは自然環境で放任して栽培した場合の大きさです。

どの種も土質にもよりますが住宅地での放任栽培では1mくらいです。

魅力
 魅力満点:【春】花が美しい 【通年】葉を楽しむ。
育てやすさ  育てやすい: 耐寒性はやや強い、日陰に強い、酸性土壌を好む
用途
 鉢植え、盆栽、記念樹、目隠し、生垣、グランドカバー、切花、花壇、街路樹、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場
●肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。商品には植え方の手引きを記載した紙を同封してお届けします。




苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(100~160サイズ)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 6本 まで。


7本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ご購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの 「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 苗木は鉢植えに仮植えされています。鉢も含め高さ30~50cmくらいです。
基本的に商品には花は付いておりません。商品によっては、今年開花見込みの蕾が付いている場合もあります。

※鉢の形状や大きさは、品種によって異なる場合がございます。鉢の形状をご指定いただくことはできかねますので、あらかじめご了承くださいませ。

※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。

シャクナゲの育て方
植え付け・管理

日当たりを好みます。よく日が当たり、水はけの良い場所で育ててください。西日は嫌いますので、西日を避ける場所がいいです。また、夏の暑さをさえぎれるような涼しい場所が最適です。植え付け、植え替えは9~10月ごろ、2~3月ごろが最適です。ツツジの仲間のシャクナゲは酸性土を好みます。腐葉土ピートモス鹿沼土を混ぜた用土に植えてください。
西洋シャクナゲは比較的寒さには強いですが、高温多湿に弱い性質があり、夏の気候が暑すぎるところでは生育が不良になりやすいです。品種によっては暑さに強い品種もありますが、なるべく涼しい環境にしてやると安心です。暑さ対策としては、土壌の乾燥や地温上昇を防ぐために、株元に腐葉土バークチップを敷きつめるマルチングをします。また夏場は夕方に葉に水をかけると気化熱で温度を下げてくれます。


水やり・肥料

寒肥として、2月頃に油かす主体の有機肥料を与えます。鉢植えの場合は緩行性の化成肥料を与えてください。花後にお礼肥として緩効性の有機肥料か化成肥料を与えます。庭植えの場合は大粒を30粒位、鉢植えの場合は7粒程度与えます。 ツツジ科の植物は全般に根が浅いので、水をたくさん与えてください。夏は土が乾いたら朝か夕方にたっぷり与えてください。逆に冬は休眠しておりますので、土が乾いたら水を与える程度、水の与えすぎに注意です。


剪定

花後は花がらを早めに摘み取ります。摘み取った脇から、新しい枝が伸びて、花芽を上げるので花柄を放置すると来年の花がつかなくなります。


病害虫について

栽培環境が良いと病害虫はあまり害虫は心配がありません。春頃にアブラムシやグンバイムシ、ハダニが発生しやすいので、予防のため3~10月ごろまで消毒します。秋ごろにベニモンアオリンガが発生することがありますので、8~10月に消毒します。

おすすめ商品

前へ
次へ