{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. シンボルツリーにおすすめする木
  3. 南欧風リゾートガーデン向け
  4. ユーカリ
  5. 【グニーユーカリ(サイダーガム)】 ユーカリの木 3号ポット苗
  1. 庭木
  2. シンボルツリーにおすすめする木
  3. 冬も葉が茂る常緑シンボルツリー
  4. ユーカリ
  5. 【グニーユーカリ(サイダーガム)】 ユーカリの木 3号ポット苗
  1. 庭木
  2. シンボルツリーにおすすめする木
  3. 洋風モダン向け(常緑)
  4. ユーカリ
  5. 【グニーユーカリ(サイダーガム)】 ユーカリの木 3号ポット苗
  1. 庭木
  2. 常緑中高木(季節別分類)
  3. 夏(7~8月)を楽しむ
  4. ユーカリ
  5. 【グニーユーカリ(サイダーガム)】 ユーカリの木 3号ポット苗

切花や寄せ植えでおなじみのユーカリ

【グニーユーカリ(サイダーガム)】 ユーカリの木
3号ポット苗

商品番号 niwa_yu-kari_02
価格 ¥ 998 税込
45 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 通常梱包



ユーカリ|グニーユーカリ(サイダーガム)


切花や寄せ植えでおなじみのユーカリ

グニーユーカリは、もっとも一般的な切花でおなじみのユーカリです。寄せ植えにも利用できます。
銀葉と呼ばれるシルバーがかったグリーンの葉が美しい樹種です。丸みを帯びた葉のフォルムも可愛らしく、切り花でも庭木としても人気があります。
清涼感のある強い芳香があります。
他のユーカリに比べると、多少耐寒性があり、比較的湿気にも強いため、日本の気候でも育てやすい品種です。
生育旺盛ですが、剪定にも強いので、剪定でコンパクトに仕立てると良いです。
葉はハーブとしても使えます。
別名:シルバードロップ、コマルバユーカリ、サイダーガム、ぐにーゆーかり

ユーカリは環境に合えば非常に大きくなる品種で、大きいもので100mの高さに育つものもあります。加えて品種も豊富で現在確認されているだけでも800種は優に超えるほど。枝や葉、花や果実に芳香があり、リラックス効果や虫除け効果があると言われています。
庭木として楽しむには樹高が高くなるため鉢植えの管理をお勧めします。植木としてだけではなく、ドライフラワーやスワッグ、リースなどにも利用できます。
ユーカリの香りは蚊を遠ざける効果があります。

“グニーユーカリ”の特徴


学名 Eucalyptus gunnii フトモモ科 ユーカリ属
別名 シルバードロップ、コマルバユーカリ、サイダーガム、ぐにーゆーかり
最終樹高 地植え:m ~ 20m 鉢植え:m ~ 2m (常緑高木)
栽培用途 庭木、鉢植え、寄せ植え、花壇、地植え、目隠し、シンボルツリー、リース、ドライフラワー、切花など
植栽適地 関東~沖縄
育てやすさ ★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた、
耐寒性普通、耐暑性普通
耐病害虫性 耐病性:普通 害虫:普通につく
花言葉 記念、思い出、追別、慰め
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包(宅配便)です。

※送料は購入手続きにて配送先住所を指定した際に表示されます。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 商品はポット苗です。根鉢の部分も含め高さ約60cmです。根鉢の大きさは3号(直径9cmポット)です。


ユーカリ グニーユーカリ(サイダーガム)の育て方



植え方・用土


日当たりと風通しの良い場所を好みます。過湿を嫌うため水はけの良い用土を選びましょう。植え付け適期は真夏と真冬を除いた時期で。鉢植えの場合は、1~2年に1度は一回り大きい鉢に植え替えます。鉢増しをしない場合も鉢替えを行い土をリフレッシュさせてあげましょう。小さい頃の苗は頼りないため、支柱で形をコントロールします。


水やり


地植えのユーカリは基本的に水やりは不要です。鉢植えの場合は土が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。


肥料のやり方


やせ地でも育つ頑強な植物です。元肥をしっかり施せば特に追肥は必要ありません。


剪定方法


春か秋に行います。木の形を整えるために摘心を行い、脇芽を伸ばすようにします。そうすることで枝がよく分岐し、ボリュームのある樹形を楽しめます。(加湿に弱いため梅雨時期は茂らせすぎないように注意です!)


おすすめ商品

前へ
次へ