{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 花苗
  2. 宿根草
  3. 五十音別
  4. チューリップ
  5. 【チューリップ 球根】 咲き方で詰め合わせ パーロット咲きチューリップ 混合 【7球】 【予約販売9月下旬頃入荷予定】
  1. 特設コーナー
  2. 在庫処分
  3. 球根
  4. 【チューリップ 球根】 咲き方で詰め合わせ パーロット咲きチューリップ 混合 【7球】 【予約販売9月下旬頃入荷予定】

パロット咲きチューリップ 混合 国産 チューリップ 球根 富山産

【チューリップ 球根】 咲き方で詰め合わせ
パーロット咲きチューリップ 混合 【7球】
【予約販売9月下旬頃入荷予定】

商品番号 kusa_chu-rippu024-01
価格 ¥ 817 消費税込 ¥ 898
41 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 小梱包
残りわずかです。


富山産 パーロット咲きチューリップ 混合

富山産チューリップ 3つのこだわり
作りやすい!病気に強い!美しい!




富山育ちチューリップ 特徴

黒部川の清流と富山の肥沃な大地に育てられた「富山育ちのチューリップ」は、球根に栄養がたっぷり蓄えられているので、ボリューム満点の大きなきれいな花を咲かせてくれます。水田裏作の生産体系で長年育てられ、厳しい品質チェックに合格した球根は、日本の気候、土壌にピッタリです。
強く!たくましく!とても育てやすい「富山育ちのチューリップ」!!ぜひ伝統の品質と美しさをお楽しみください。

【作りやすい】
富山の清流と水田裏作中心の生産体系は、日本の風土に合い、花の形、大きさ、寿命を最大限に発揮させてくれます。

【病気に強い】
水田は水を張ることで球根の病気を防ぎます。また富山独自の厳しい検査を受けていますので、品質もお墨付きです。

【美しい】
綺麗に水洗いし丹精込めて1球1球仕上げています。

チューリップは、秋に植えて春に咲く秋植え球根の代表的な球根で、花形・花色・草姿・葉の模様・香りなど色々な特徴があるトルコ原産の植物です。





お届けする商品について パーロット咲きチューリップの詰め合わせになります。1袋に7球入っていて、それぞれ花色が分かるようにカラーテープが巻かれています。
※パーロット咲きとは、一重咲きのチューリップで、花弁の縁に細かい切れ込みが入り、フリル状にねじれ咲く品種のことをいいます。オウムの羽を思わせる見た目から、「パーロット」咲きと呼ばれるようになりました。
学名 Tulipa ユリ科
原産地 トルコ ※球根の産地は富山県とオランダになります。
育てやすさ 育てやすい 日当たりの良い場所
開花時期

4月上旬~5月上旬頃

栽培用途 鉢植、庭植、切り花
草丈 30~60cm
育て方について 詳しくはページ下部をご覧ください

栽培カレンダー

こちらの予約商品のお届け時期は9月下旬頃になります。
商品お届けについて


商品

チューリップ  球根 1袋【 7球入り】
※花色がわかるように、カラーテープを巻いております。

送料について

こちらの商品の同梱可能本数は・・・

小梱包で5袋まで同梱可能

通常梱包で50袋まで同梱可能です。


・送料についてはこちら

 

チューリップの育て方
植え付け・用土

土質は選びませんが、水はけのよい土が適しています。
例:赤玉土(小粒)7、腐葉土3

地植えは、花ひろば完熟堆肥「極み」
鉢植えは、花ひろば培養土「和み」をご利用ください。


【植え付け場所・置き場所】
日当たりの良い場所を好みます。
冬の寒さにしっかりと当たるよう野外で管理します。

【植えつけ方】



(鉢植えの場合)
植え付け間隔は3~5cmくらい、深さは球根が隠れるくらいの深さで植えつけます。
8号鉢で10球、65cmプランターでは20球くらいが目安です。



(庭植えの場合)
植え付け間隔は10~15cm位、深さは5~10cmくらいに植え付けます。



花後の管理

球根の掘り上げ
花後は花がらを摘み取り、水やりを続けます。
葉が黄色く枯れてきたら球根を掘り上げ、1週間程度日陰で乾燥させます。
その際に消毒をしてから乾燥させると病気の発生を抑えられます。

肥料

特に必要はありません。
与える場合は元肥として緩効性肥料を少量与えます。
葉が出た後は月に2~3回、液肥を与えます。



水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
特に冬期の乾燥は花の咲かない原因となりますので鉢植えの場合は特に注意が必要です。


(チューリップ年間栽培カレンダー)