{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 花苗
  2. ハーブ
  3. ティー
  4. ベルガモット
  5. モナルダ ガーデンビュースカーレット (ベルガモット) 4号ポット苗 宿根草 苗 多年草 耐寒性
  1. 花苗
  2. ハーブ
  3. 五十音別
  4. ベルガモット
  5. モナルダ ガーデンビュースカーレット (ベルガモット) 4号ポット苗 宿根草 苗 多年草 耐寒性
  1. 花苗
  2. 宿根草
  3. 草丈高い
  4. 夏咲く
  5. 赤花
  6. モナルダ ガーデンビュースカーレット (ベルガモット) 4号ポット苗 宿根草 苗 多年草 耐寒性

宿根草 苗 多年草 耐寒性 イングリッシュガーデン
「ベルガモット」とも呼ばれるハーブです。

モナルダ ガーデンビュースカーレット (ベルガモット) 4号ポット苗
宿根草 苗 多年草 耐寒性

商品番号 kusa_s454
価格 ¥ 898 税込
41 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 通常梱包
完売。次回入荷は未定です。

モナルダ ガーデンビュースカーレット

Monarda ‘Gardenview Scarlet’

モナルダ |ガーデンビュースカーレット 3号ポット苗

鮮やかな赤色で目を引く花

ガーデンビュースカーレットは、たくさんの鮮やかな赤い花を初夏~秋まで咲かせます。一般的なディディマ種よりも開花期が長く強健です。草丈がやや高めなので肥料は控えめにした方がコンパクトに仕上がります。

モナルダは、暑さに強い夏の花壇を彩る花として親しまれています。タイマツバナとも呼ばれるように、鮮明な花色の花が盛り上がるように咲き苞も色づきます。
葉に爽やかな香りがあり、ベルガモットオレンジに似た香りがあり、ベルガモットとも呼ばれています。

モナルダ ガーデンビュースカーレットの特徴


学名 Monarda ‘Gardenview Scarlet’ シソ科 モナルダ属
別名 タイマツバナ(松明花)、ヤグルマハッカ(矢車薄荷)、、その他の名前:ベルガモット、ビーバーム、ホースミント
開花時期 6~9月
花色・大きさ・花形 鮮やかな赤
最終樹高 地植え:0.8m ~ 1m 鉢植え:0.8m ~ 1m (耐寒性落葉多年草)
最終葉張り 0.3m ~ 0.5m 
栽培用途 花壇、地植え、鉢植え、コンテナなど
植栽適地 日本全国
育てやすさ ★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた、
耐寒性強い、耐暑性強い
耐病害虫性 耐病性:普通 害虫:普通につく
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。


この商品が通常梱包に収まる同梱可能数は・・・1~28ポットまで。


29ポット以上のご注文の場合、送料は通常梱包x 梱包数になります。



他の商品とまとめてご購入の場合は、商品それぞれの同梱可能数によって購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、ご注文後に当店からご連絡する「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。
送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 商品はポット苗です。根鉢の部分も含め高さ約40cmです。根鉢の大きさは3号(直径9cmポット)です。


モナルダ ガーデンビュースカーレットの育て方



植え方・用土


日当たりと水はけのよい場所であれば、それほど場所も選ばずに栽培できます。やせ地でも育ちますが、腐植質が多く水もちの良い場所のほうが生育良好です。種や品種によって性質の強弱があり、繁殖力にも違いが見られます。
春か秋の植え付けが適当ですが、水管理に気をつければ一年中植え付け可能です。ディディマ種やフィスツローサ種は、地下茎が長く伸びて広がるので、場所や目的によっては根域を制限しておく必要があります。
繁殖力が旺盛なので、鉢植えは毎年植え替え、庭植えでは数年ごとに掘り上げ、必要な分だけ植え直します。鉢の植え替えは土も新しいものにしてあげてください。


水やり


庭植えでは、根がしっかり張ったものには、ほとんど水やりの必要はありません。赤花のディディマ種は、乾燥させると株が弱るので、様子を見て水やりします。
鉢植えでは、用土が乾き始めたらたっぷりと水を与えます。春の成長期から開花期までは、特に水切れしないよう十分に与えます。


肥料のやり方


庭植えでは、腐植質の多い場所では施さなくてもよいくらいですが、3月から4月と9月から11月に、株のまわりに緩効性肥料などをまいておくと、生育がより旺盛になり、花数もふえます。
鉢植えも、3月から4月と9月から11月に、緩効性肥料などを置き肥として施し、さらに春の成長期から開花期まで、生育の様子を見て液体肥料を月2~3回施します。


剪定方法


開花後も球状に長く残るので、しばらく観賞することができます。見た目が悪くなってきたら花茎で切り取ります。休眠期に入る、晩秋には地際近くで刈り込んでおきます。


病害虫の予防法


品種によってかなり異なりますが、総じてうどん粉病がつきやすい傾向にあります。適宜剪定を行い、風通しを良くしておきましょう。病気になった葉っぱは、葉ごと取り除きます。日頃からよく観察し、アブラムシ、ヨトウムシ、メイガ類などの害虫が確認できたら、すぐに防除を行いましょう。


増やし方


株分け、さし芽、タネまき