{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 花苗
  2. 宿根草
  3. 和風
  4. 下草
  5. 芝桜
  6. 芝桜 【スカーレットフレーム】 3号ポット苗 40株セット
  1. 花苗
  2. 宿根草
  3. 五十音別
  4. 芝桜
  5. 芝桜 【スカーレットフレーム】 3号ポット苗 40株セット

赤色の芝桜といえば、この品種です。

芝桜 【スカーレットフレーム】 3号ポット苗
40株セット

商品番号 kusa_s156
価格 ¥ 6,820 税込
310 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料込
残りわずかです。



多年草|芝桜 スカーレットフレーム 40株セット



芝桜 スカーレットフレーム は赤系のシバザクラ


赤色の芝桜といえば、この品種です。

スカーレットフレームは華やかな赤色。赤色の芝桜といえば、この品種です。小ぶりですが、濃いピンクにも見える鮮やかな赤花がお庭にアクセントを加えてくれます。

芝桜(しばざくら)はハナシノブ科の多年草です。暑さ、寒さ、乾燥に強く、地面を這うように生長します。3月下旬~5月には、地面を覆い隠すように花が咲きます。花色も多数の品種があり、 グランドカバーや他の植物と合わせて寄せ植えにするなど、用途も様々でいろいろな場面で幅広く活用いただけます。
別名:ハナツメクサ(花詰草、花爪草)、モスフロックス(Moss phlox)

芝桜 スカーレットフレームの特徴


開花時期 4月上旬~
花色・大きさ・花形 赤・(2cm位)・一重咲き
香りの強さ なし
最終樹高 地植え:0.5m ~ 0.1m 鉢植え:0.5m ~ 0.1m (耐寒性半常緑多年草)
最終葉張り 匍匐性
栽培用途 グランドカバー、鉢植え、寄せ植え、花壇、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場など
植栽適地 北海道~沖縄
育てやすさ ★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた、耐陰性普通、
耐寒性強い、耐暑性強い、耐乾性強い
耐病害虫性 耐病性:ほとんど出ない 害虫:ほとんど出ない
芽吹き時期 3月頃
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・送料無料です。


お届けする商品について


商品について
商品はポット苗を40株のセット販売です。根鉢の部分も含め高さ約10cmです。根鉢の大きさは3号(直径9cmポット)です。


芝桜 スカーレットフレームの育て方



植え方・用土


植え付けは3月~5月もしくは9月~10月が適期です。日当たりと水はけの良いところを好みます。日当たりの悪い場所では、茎が細く間延びして、花付きも悪くなります。水はけが悪いと根腐れを起こしやすくなりますので注意が必要です。逆に乾燥には非常に強いので、水切れで枯らしてしまうことは少ないです。過湿が苦手ですので、風通しよく、水はけをよくしてあげてください。1株でもよく広がるので、株と株の間隔は15cm~20cmほど間隔をあけて植えてあげてください。
寒さに強いので、特に防寒対策をを行っていただく必要はありません。


水やり


根付くまで2~3年かかりますが、それまでは生育期は雨が降らない日は水やりをしてください。
早朝か夕方に水を与えてください。


肥料のやり方


肥料は寒肥として緩効性の固形肥料を12月から1月ごろに与えてあげてください。冬に与えることで、春にかけてゆっくりと効いてきます。もしくは春から開花後まで液体肥料をやります。この時、液体肥料は薄いものをお使いいただき、根が肥料焼けを起こさないように注意してください。窒素分の多い肥料は花付きが悪くなるので、控えめにしてあげてください。


剪定方法


梅雨や夏場の湿気に弱いので、株が蒸れるのを防ぐために5月から6月に剪定をします。枯れた花を花首から切り落として、草丈を半分くらいに切りつめます。あまり切り過ぎると新芽が出てこないので注意してください。


その他栽培や性質の注意点


雑草対策をしましょう。4月ごろと、7月ごろ、9月ごろに草取りしてください。早めの除草で管理が楽になります。


その他豆知識


長い期間同じ場所に植えられている芝桜は、根が地上に浮き上がってきたり、株元が少なくなってくることがあります。その根に土をかぶせて埋めていく作業を、目土といいます。株の上から茎の下半分が埋まるくらいの土をかけて茎と土の隙間を埋めることで、乾燥を防ぎ、発根が促され、株の生長を促します。


病害虫の予防法


乾燥しやすい夏はハダニが発生しやすくなります。時々株の上から水をかけてあげると、ある程度予防ができます。