{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 花苗
  2. グリーンカーテン
  3. クダモノトケイソウ
  4. パッションフルーツ 【黄色果実】 3.5号 ポット苗 愛知県産

非常に珍しい高級果樹をお手ごろ価格で♪ 果樹苗 熱帯果樹

パッションフルーツ 【黄色果実】 3.5号 ポット苗
愛知県産

商品番号 kaju_passhon002
価格 ¥ 878 税込
40 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 小梱包



パッションフルーツ 苗|エドゥリス 黄色果実



パッションフルーツのグリーンカーテン


パッションフルーツの花

  4

耐暑性がある黄色実品種。

果皮は黄色です。赤紫系よりは甘味が劣りますが芳醇な香りと鮮烈な酸味があります。暑さに強く強健で育てやすい品種です。種も食べられます。
日本でパッションフルーツといえば通常この品種を言います。最も育てやすく味もよいので食用に向いています。

パッションフルーツは亜熱帯地域の果物で、時計のような個性的な花が咲くことから、和名は「果物時計草(くだものとけいそう)と言います。つる性の多年草です。
果実にはベータカロテンが豊富で、ナイアシンも含まれます。
暖地で露地栽培で越冬しますが、寒さに弱いのでプランター栽培で冬は屋内管理が良いです。神奈川県足柄下郡真鶴町では屋外越冬しています。

黄玉系は性質強健で果汁の多い物が多いです。黄色系は紫色系より耐寒性が弱く、自家結実しにくいため、品種と混栽することをおすすめ。

パッションフルーツ エドゥリス 黄色系 の特徴


学名 Passflora L edulis Sims トケイソウ科 トケイソウ属
別名 クダモノトケイソウ、パッションフラワー
開花時期 5~7月、9月
花色・大きさ・花形 外側は白で中心は紫・大輪咲き(7cm位)・時計っぽい形の一日花
収穫時期 6月~8月
甘さ ★★★★☆ 平均糖度:14.7度
果実の用途 生食、ジュース、ゼリー、スムージー、カクテル
結果年数 1~3年
自家結実性 1本では成りにくい ※人工授粉がおすすめ(黄色系は紫色系より自家結実しにくいため、品種と混栽することをおすすめ。一日花で花粉は水を嫌うので、開花したその日に人工授粉をおすすめ。収穫するためには5月~7月中に受粉作業を行う必要があります。人工授粉すると着果が良好です。 ※受粉から収穫まで2~3ヶ月かかるので秋に受粉すると寒くなり実が収穫できません。耐寒温度は3度以上と比較的寒さに弱いので、鉢植えにして冬季は室内にとりこんでください。)
最終樹高 地植え:0.5m ~ 3m 鉢植え:0.5m ~ 2m (常緑多年草)
最終葉張り つる性
栽培用途 地植え、花壇、鉢植え、緑のカーテン、グリーンカーテン
成長の早さ 早い (200cm/年)
植栽適地 四国~九州南部
育てやすさ ★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた、土壌酸度:弱酸性
耐寒性弱い(4度)、耐暑性強い
耐病害虫性 耐病性:ほとんどつかない 害虫:普通につく
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・小梱包です。


この商品が小梱包に収まる同梱可能数は・・・1~4ポットまで。


5ポット以上のご注文の場合、送料は通常梱包になります。



他の商品とまとめてご購入の場合は、商品それぞれの同梱可能数によって購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、ご注文後に当店からご連絡する「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。
送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 商品はポット苗です。根鉢の部分も含め高さ約30cmです。根鉢の大きさは3.5号(直径10.5cmポット)です。
5月以降はつるが伸びていますが、適時切り戻している場合もあります。
花は咲いておりません。


パッションフルーツ 黄色系 エドゥリスの育て方



植え方・用土


生育適温は20℃~30℃です。水はけの良い肥沃な用土を好みます。
寒さが心配な地域は鉢植え栽培をおすすめします。
用土は水はけの良い土を使い、日当りの良い場所で管理してください。
地植えの場合は、日当たりの良い場所で腐葉土を良く漉き込んだ水はけの良い土に植え、フェンスや棚に蔓をはわせます。鉢植えの場合は、6~10号鉢くらいの行灯(あんどん)仕立てにします。用土は培養土で大丈夫。大きい鉢の場合は、オベリスクやトレリスを使うとおしゃれに仕上がります。
植え替えは、2年を目安に、根が詰まってきたら鉢増しも兼ねて植え替えてやります。植え付けや植え替えの適期は4~6月上旬です。
  5


水やり


水遣りは、用土が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷりとやります。夏場は、乾燥しやすいので水切れに注意します。朝夕2回の水遣りが必要かもしれません。冬は乾かし気味に管理します。2~3週間に1回の水遣りで十分です。


肥料のやり方


肥料は、生育適温期(4~10月頃)は毎月1回施します。リン酸が多めの骨粉入り発行済み油粕などの有機質肥料や緩効性化成肥料を規定量与えます。与えすぎると葉や蔓ばかり茂るので注意します。


花芽の付き方


トケイソウの花は1日花と呼ばれ、花の寿命が1日しかありません。パッションフルーツは大体お昼前頃から開花が始まり、夜には萎れてしまいます。花粉が湿っていると受粉に失敗しますので、開花時期は雨除けするとよいです。人工授粉をおすすめします。30℃以上の気温が続くと、高温障害を起こし、花芽や未熟果を落下させることがあります。
開花・受粉から14日で玉伸びを終え、その後45日で完熟、自然落下します。収穫は自然落下したものを収穫します。未熟なまま落果するのは水切れか果実のなりすぎかどちらかです。


剪定方法


行灯やオベリスクへ誘引は外側から囲むように蔓を巻きつけて行きます。トレリスへの誘引は、主枝を真っ直ぐに伸ばし、上まで伸びたら先端をカットして芯を止めます。すると側枝が数本でてくるのでそれぞれの枝を横へまっすぐに誘引していきます。できるだけ蔓を横向きに伸ばすと、花芽がつきやすくなります。
剪定は、春先に込み合った枝などを間引き剪定します。収穫後や茂りすぎて、剪定する場合は、長い蔓が2つに分かれたところの2節上を切ります。一度実が付いた場所からは花芽がでないので、実が付いた枝は、切り戻してかまいません。


その他豆知識


株が充実して生育適温は20℃~30℃であれば秋でも花が咲きます。開花後60日で収穫ですが、温度が高すぎたり低すぎると落果したりします。
太平洋側の暖地では冬は屋内で越冬します。地上部は1mくらいまで切り詰めて屋内越冬しても根が充実すれば春から育った株でも実がなります。プランターで冬越しして1株で40個収穫したこともあります。
桃栗三年柿八年、パッション2年でなる始める。大株に株が充実すれば実がなり始めますので、1年生より2年生のほうが早くなりやすいです。


病害虫の予防法


パッションフルーツの栽培にはあまり害虫の心配はありませんが、新芽にアブラムシがついたり、カメムシ発生する場合があるので、その際は見つけ次第、捕殺してあげてください。過度に農薬を蒔く必要はありません。


増やし方


挿し木