{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)

イチジクの代表品種。桝井ドーフィン いちじく

【 イチジク 苗木 】
ドーフィン
1年生苗 無花果 果樹

商品番号 kaju_ichijiku002-01
価格 ¥ 1,499 消費税込 ¥ 1,648
75 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 通常梱包
4.67
6
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    太くしっかりした苗です イチジクなのでまだ芽は出てませんが 春の成長を期待しております

イチジク“ドーフィン”

夏秋収穫の欲張り品種!!

 

●品種の特徴
夏秋兼果。作りやすい。収穫期間が長く豊産性。夏果は大きいもので220g、熟期は6月~7月。秋果は110gで小ぶりながら糖度が増します。熟期は8月~10月。甘味が強く、酸味もほどよく品質良い。冷やして食べると美味しい。耐寒性は弱いほうです。関東以西の暖地なら露地栽培大丈夫。

イチジクにはミネラル、カルシウム、カリウムが豊富に含まれます。

果実・花について
結果
年数
果実の大きさ
平均糖度
収穫時期
果実の用途
開花時期 芽吹き時期
早い
2~3年
大果
110~220g
甘い
6~7月
8~10月
夏秋収穫
生食
お菓子
 
遅い
5~6月
自家結実性
受粉樹
1本でなる
(自家結実性あり)
不要
※糖度、果実の大きさは栽培環境や作り手の工夫次第で変化します。目安程度にしてください。
※収穫時期は地域や環境により1ヶ月程度前後します。


植栽適地
日照条件
樹高
葉張り
仕立て方
北関東~中国・四国・九州
日なた
2.5~3m
(落葉低木)
3~4m
一文字仕立て
ゴブレット仕立て
生垣
※ゴブレット仕立て・・・杯状に枝をなるべく横に誘引し、樹冠内部の日当たりを良くする仕立て方。

育てやすさ  初心者におすすめ; 樹勢強、豊産性、耐暑性強、耐病性強
観賞価値
 
果樹の用途
 果樹畑、花壇、鉢植え(7号鉢以上)、生垣、珍しいので自慢できる
果実以外の用途
 

 

苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(160サイズ ※小梱包不可)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 9 まで。


10本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 1年生接木苗をポットに仮植えしております。ポットも含め高さ65cm位で剪定してあります。1年目の剪定済みです。

※花や果実は基本的についておりません。
※落葉期は葉がついておりませんが、4~7月ごろから芽吹いてきます。
※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。
※植え付け3~5年で結実見込みです。

いちじくの木の育て方
特徴

誰でもらくらくならせられます。品種を選べば北海道南部まで露地栽培できます。
イチジクは芽吹くのが遅いです。遅いものでは6月を越えて芽吹くものもあります。他の苗木より芽吹きが遅くても、気長に待ってやってください。


植え付け・用土

秋~梅雨位までに植え付けします。開花期が早いので秋植えをおすすめします。寒い時期の植え付けでは根をやや広げ気味に植えます。9~11月と3月以降の暖かい時期、葉がある時期に植え付けする場合は根を崩さないように植えてください。梅雨以降に植え付けする場合は水やりを忘れずに。水はけの良い、肥沃な肥沃土を好みます。弱アルカリの土を好みますので、年に1度苦土石灰を少量だけ施します。地植えの場合は、堆肥を土に混ぜて植えると良いです。


肥料

12月~2月ごろ有機質肥料を与えます。おすすめは【 いちじくがおいしくなる肥料 】 です。


剪定

花芽は新梢の葉脇につきます。春の花芽は秋に収穫します。夏以降にあがる花芽は幼果のまま越冬し、夏に収穫します。夏果は大きな実が取れ、秋果は実は小さめですが、濃厚な味になります。剪定は仕立て方、目指す樹形によって切り方が変わりますが、落葉期に剪定をすると、夏果を見極めて切ります。夏に間引くような剪定をする場合は、秋の果実を見極めて切ります。成木は春から夏に葉と葉が重ならない程度に込み合う枝を間引くように新梢を間引く剪定をおすすめします。切り口の癒合が悪いので、節と節の間で切ります。


病害虫について

ほとんど心配要りません。しいて言うなら、カミキリムシに注意!木を時々観察し、カミキリムシがいないか注意です!

おすすめ商品

前へ
次へ