果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 紅葉の美しい木

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > シンボルツリーにおすすめする木 > 記念樹にしたいシンボルツリー > サクラ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 紅葉の美しい木 >

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 切花や茶花で楽しめる木

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 落葉中高木(季節別分類) > 早春(2〜3月)を楽しむ > サクラ

桜 “ ほろよい桜(しだれ桜)”

 


 


何とも上品な花姿! はかなげな雰囲気にキュン☆


お待たせしました。桜の新品種です。
遠くからみたらきっと白色に見えるのではないでしょうか。近くに寄ってみるととても淡いはかなげなピンク色!
一重咲きの品種で上品なおもむきです。ほろよい桜をお庭で咲かせて、
楽しくお花を見ながら、軽くお酒を呑んでほろ酔い出来たら幸せだなぁ。




ほろよい桜 の特徴


学名 Prunus campanulata バラ科サクラ属
開花時期 4月上旬頃
最終樹高 5m~8m 落葉高木 ( お庭に植えた場合はもっと低い位置で止まります )
最終葉張り 5m前後
成長の早さ 早い(0.6m/年)
植栽適地 東北~沖縄
育てやすさ 樹勢強、日陰に強い、成長はやや早い、耐暑性強、潮風にやや耐える
栽培用途 鉢植え、シンボルツリー、記念樹、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園
鑑賞価値 観賞価値高い:花が美しい、紅葉がきれい

 



桜 苗木 さくら ほろよい桜 <br>1年生 接ぎ木 苗 <br>庭木 落葉樹 しだれ桜 シンボルツリーサクラ 苗
桜 苗木 さくら ほろよい桜 <br>1年生 接ぎ木 苗 <br>庭木 落葉樹 しだれ桜 シンボルツリーサクラ 苗

桜 苗木 さくら ほろよい桜
1年生 接ぎ木 苗
庭木 落葉樹 しだれ桜 シンボルツリーサクラ 苗

おすすめ

商品番号 niwa_sakura047

価格1,280円(消費税込:1,382円)

64ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 通常梱包 ]

完売。次回入荷は2018年12月頃です。

------------------------------------------
〜入荷お知らせメールについて〜

商品の入荷がありましたら、メールにてお知らせします。
こちらはご注文やご予約の受付ではありません。

受信した入荷お知らせメールの確認後、
ご自身でご注文お手続きをすすめる必要があります。

また、商品によっては、入荷が1年以上先になるものや、
生産がなくなり、お取り扱いしなくなるものもございます。

必ず連絡があるものではありません。
あらかじめご理解くださいますようお願いいたします。

↓ご了承いただいた上でお申し込みください↓

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
花ひろばオンラインの配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(160サイズ ※小梱包不可)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 9 まで。


10本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの 「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら
同梱可能本数の目安(一覧)はこちら
ご注文からお届けまでの流れはこちら


お届けする商品について


商品について

苗木は1年生の接木苗をポットに仮植えしています。ポット部分を含め高さ約0.9m前後くらいです。落葉期は葉はついておりませんが、春に芽吹きます。花や蕾はついておりません。

桜の育て方
植え付け・用土

基本的に移植や植え付けは10月〜入梅までに行います。秋の植え付け、2月以降の植え付けでは根を崩さずに植えてください。水はけの良い、肥沃な土壌に植えます。日当たりを好みます。成木は移植を嫌いますので、なるべく広い場所に植えてください。
庭植えでは雨水だけで十分です。よほど雨が降らないときは毎日たっぷりと与えてください。鉢植えでは表土が乾いたらたっぷりと与えます。5〜7月は水切れしやすいので注意です。


肥料

開花前に寒肥として油かす腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。


剪定

「サクラ切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」と言われるように、サクラは強剪定を嫌います。太い枝を切る際は必ず枝の付け根から切り口をきれいに切り、切り口にはトップジンMなどの癒合剤やつぎロウ、石灰硫黄合剤を塗ります。剪定はほとんど行わず、枝抜き剪定で無駄に大きくなった枝だけ分岐する箇所で切るようにします。あまり大きくしたくなかったら、適当な大きさに達したときに、主枝の芯を止めます。


病害虫について

落葉期の2月頃に石灰硫黄合剤を散布します。5月以降〜9月まで害虫駆除の消毒を定期的に散布します。