果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > グランドカバーにおすすめする植物

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > グランドカバーにおすすめする植物 > 花を楽しむグランドカバー > シモツケ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 日陰でも楽しめる植物(低め) > シモツケ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 落葉低木(季節別分類) > 初夏(6月)を楽しむ > シモツケ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > グランドカバーにおすすめする植物 > 日陰に強いグランドカバー > シモツケ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 切花や茶花で楽しめる木

ピンクバナシモツケ
(ピンク シモツケ)
桃花下野

♪涼しげで美しい葉と花火のような小花♪

涼しげで美しい葉と花火のような小花鉢植えでも、庭植えでも楽しめる丈夫な下草です。

美しい葉を持つ名脇役で、欧米では花壇に欠かせない植物として人気です。

花そのものの美しさに派手さはありませんが、他の植物を生かすけなげさを持ちます。

耐寒性は強く、9月カナダのケベック市の民家に大株が庭植えしてありました。



●品種の特徴
鉢植えでも庭植えでも楽しめる丈夫な下草です。落葉ですがキレイな葉を持つ、名脇役です。 花そのものはけっして派手さはありませんが、他の植物を生かす、けなげさを持ちます。 お庭のグランドカバーにも最適です。

冬は落葉して枯れ枝になり、淋しい感じがしますが、春から秋は魅力一杯なので、きっと大好きな植物にしていただけます。

学名
Spiraea japonica f. albiflora
バラ科 シモツケ属
原産地
日本
花言葉
無駄なこと、草整然とした愛、努力、自由気まま
誕生花
8月22日、6月14日、10月 13日
※本種は生育環境や植栽地域によって大きさや、性質が多少変化しますのであくまで目安です。
最終樹高
最終葉張り
花期
成長速度
日照条件
類似品種
植栽適地
耐寒性
落葉低木
0.6〜1.0m
0.5m
6〜7月頃
遅い
日向〜半日陰
東北〜沖縄
魅力
 魅力多い:【春】花が美しい、【初夏〜夏】 涼しげな葉を楽しむ。 【秋】紅葉が美しい
育てやすさ  樹勢強、耐暑性強、耐寒性強、耐病性強、耐陰性ややあり
用途
 鉢植え、庭植え、、花壇、切り花、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。
※本種の移植や植え付けは11月〜梅雨入り頃までに行ってください。

ピンク花シモツケ<br>ポット苗 庭木 落葉樹 グランドカバー 低木
ピンク花シモツケ<br>ポット苗 庭木 落葉樹 グランドカバー 低木
ピンク花シモツケ<br>ポット苗 庭木 落葉樹 グランドカバー 低木

ピンク花シモツケ
ポット苗 庭木 落葉樹 グランドカバー 低木

おすすめNEW!!

商品番号 niwa_shimotsuke010

価格890円(消費税込:961円)

45ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 通常梱包 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
【販売時期について】
この規格の苗木は毎年12月ごろから販売開始します。春ごろまでは補充、再入荷を繰り返します。4月中旬ごろからは売切れ次第終了です。

【お届けする商品の状態です】

●商品は高さ0.5mのポット苗です。葉は時期によりついておりませんが、 春に芽吹きます。たくさん出荷されるのは5月ごろです。ポット苗はポットをはずして植え付けてください。

●肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。

●この商品の同梱可能本数は・・・・



小梱包でのお届けはできません。

 >>送料についてはこちら

 >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら

 >>ご注文からお届けまでの流れはこちら
シモツケの育て方

シモツケの育て方

  • 植え付け時期
    基本的に移植や植え付けは11月〜入梅までに行います。

  • 植え付け用土
    あまり乾燥しない肥沃な土壌に植えます。
    堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。
    やや日陰の場所でも十分生長します。2〜3時間以上の日光で大丈夫です。

  • 肥料は開花前に2月に寒肥として油かす腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。

  • 水管理
    夏の暑い時期は水切れを起こしやすいので、たっぷり水を与えてあげてください。

  • 剪定方法
    剪定せずに放任しても美しい自然樹形を作ります。古い枝を更新するために2〜3年に1度2月ごろに刈り込みをし、枝の更新をします。

  • 消毒
    病害虫はほとんど見られませんが、近年の気候変化でアブラムシが発生する年もあるようです。発生したら消毒及び駆除しましょう。