果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 花苗 > インパチェンス


インパチェンス | おやゆび姫


暑さにも日陰にも強いインパチェンス。1株で3パターンの花が咲く珍しい品種。


インパチェンス「おやゆび姫」

インパチェンス...ご存知の方もいらっしゃいますよね?ホームセンターなどでもよく見かける花苗です。インパチェンスの魅力は、生長が早く一株でもこんもりとしたドーム状に大きくなり、たくさんの花を咲かせて楽しませてくれるところですよね。高温多湿にも強く半日陰の場所でもよく花が咲くので、普段花を楽しめない場所でも植えていただく事が出来ます。近年様々なバラエティーに富んだ種類も多く、一重咲きや八重咲きもあれば、薔薇の様な咲き方をする種類まで多種多様です。本来は毎年花を咲かせる常緑多年草で低木状に育ちますが、寒さに弱く霜の降りる頃には枯れてしまうことが多いので、一年草として扱うのが一般的です。初夏から開花を始めるので、梅雨のジメジメした時期や、真夏の暑さの厳しい時期にもお庭を華やかに彩ってくれます。次々と花を咲かせるときは多肥を好むので、追肥を忘れずに行ってくださいね。


インパチェンス「おやゆび姫」は一株で、濃いピンク、白、バイカラーの3パターンの花が楽しめる珍しい品種です。小さい一重の花がたくさん咲くタイプのインパチェンスです。「おやゆび姫」という商品名もこの小さくて可愛い花から名付けられたのでしょうか(?)一時的に偏った花色が咲く場合もありますのでご了承ください。3種類の色パターンが異なる花を咲かせるので、同品種を数株植えていただくだけで、色とりどりの花が咲いているかのよう!生育が早く、株がこんもりとドーム状になり株いっぱいに花を咲かせる姿は華やかさ満点!花ガラをまめにつむと、長期間可愛い花を次々と咲かせてくれます。
花壇や、寄せ植え、プランター、コンテナ、ハンキングなど、初夏〜秋の楽しみをひとつ増やしてみてはいかがでしょうか。







インパチェンス「おやゆび姫」の特徴


学名

Impatiens walleriana ツリフネソウ属ツリフネソウ科 

別名 アフリカホウセンカ
開花時期 5月下旬〜10月頃
草丈 10〜30cm
植栽適地 関東〜沖縄(氷点下を下回る場所では越冬ができません。寒冷地では、鉢植えでの管理をおすすめします。)
日照条件 半日陰〜日なた
栽培用途 地植え、鉢植え、花壇、プランター、寄せ植えなど
注意点 耐暑性は強いですが、寒さが苦手です。多年草ではありますが、屋外では冬越しが難しい為、国内では一年草として扱っています。なお15℃程度の気温があれば花を咲かせるので、温室では一年を通して花を見ることもできます。

インパチェンス おやゆび姫 3号ポット苗
インパチェンス おやゆび姫 3号ポット苗
インパチェンス おやゆび姫 3号ポット苗

インパチェンス おやゆび姫 3号ポット苗

NEW!!

商品番号 kusa_impa_001-01

価格450円(消費税込:486円)

23ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 小梱包 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
花ひろばオンラインの配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・小梱包です。(80サイズ )


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 5 まで。


6本以上 のご注文の場合、送料は 通常梱包 になります。

こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら
同梱可能本数の目安(一覧)はこちら
ご注文からお届けまでの流れはこちら


お届けする商品について


商品について 苗木はポット苗です。ポット部分も含め高さ10cm前後くらい。※こちらの商品は鉢植え栽培が可能です。
花壇苗の育て方
植え付け時期

基本的に移植や植え付けは春〜夏頃に行います。
水はけの良い土壌に植え付けてあげてください。鉢やプランターでも栽培可能です。



施肥・剪定

次々と花を咲かせるときは多肥を好むので、追肥を忘れずに行ってください。寒冷地以外では、夏は葉が密集していると蒸れてしまいます。梅雨前に風通しをよくすると良いです。
花後は花が葉っぱに落ちて、こびり付いて汚くなり、そこから腐って病気になることもありますので、花ガラは摘んだほうがいいです。

水やり

花壇や庭植えでは雨が降るようであれば水やりはそんなに心配いりません。夏の蒸れに弱いので水はけが良い風通しのよい場所で育てましょう。鉢植えやプランターの場合は、表面が乾いたら花に水がかからないように株元にたっぷりと水やりをします。
地温が上がらないような工夫をするのも一つです。マルチングや半日陰の場所が良いでしょう。


病気と害虫

日頃の観察が大切で、害が広がらないように早めの防除や対策を心がけて下さい。環境や種類選びによってもかなり減らすことができます。花だけに注目するのではなく、葉の裏を調べたり、株元に見慣れない穴が開いていないかなど丁寧に観察しましょう。