果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 庭木

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 常緑低木(季節別分類) > 春(4〜5月)を楽しむ > シャクナゲ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > グランドカバーにおすすめする植物 > 日陰に強いグランドカバー

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 珍しい花木

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 南欧風リゾートガーデン向け植物



ヒメシャクナゲ| アンドロメダ ブルーアイス


小さな可愛い珍しい花が咲きます。葉色がきれいな常緑樹。


国内では流通が少ない珍しい常緑樹。葉と花の色や形に注目してください!

小さく可愛いカラーリーフです。まだ開花した花のお写真を撮影できていないため、ご紹介できないのがとっても心苦しいですが、コロンとした小さなピンク色の可愛らしい花が咲きます。
細長のシルバー色の葉も涼しい感じで、寄せ植えや花壇、グランドカバーやロックガーデンにもおすすめです。

ヒメシャクナゲ アンドロメダ ブルーアイスについて

姫シャクナゲはツツジ科のシャクナゲの仲間で湿地に自生する常緑低木です。見た目はシャクナゲとはちょっと異なります。花は小さくスズランのような可愛らしい薄いピンクの花を咲かせます。

矮性で木はあまり大きく育たず、湿り気のある弱酸性土壌を好みます。ピートモスをよくすき込んだ保水性のある土に植えてあげてください。

日当たりを好みますが、夏の高温乾燥が苦手です。夏は木陰になるような場所や半日陰で、西日の当たらない場所で育ててください。

寒くなると葉がやや紅葉します。

学名 Andoromeda polifolia ‘Blue Ice’
ツツジ科ヒメシャクナゲ属 常緑低木
原産地 北半球
開花時期 5月頃
植栽適地 北海道〜中部
最終樹高 0.3m前後
育てやすさ 耐暑性弱、耐寒性強、害虫がつきにくい
栽培用途 地植え、鉢植え、グランンドカバー、寄せ植えなど


ヒメシャクナゲ アンドロメダ ブルーアイス 4号ポット苗
ヒメシャクナゲ アンドロメダ ブルーアイス 4号ポット苗
ヒメシャクナゲ アンドロメダ ブルーアイス 4号ポット苗

ヒメシャクナゲ アンドロメダ ブルーアイス 4号ポット苗

SALE!!

商品番号 niwa_himeshakunage001

価格999円(消費税込:1,078円)

50ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 小梱包 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・小梱包です。(80サイズ)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 3本 まで。


4本以上 のご注文の場合、送料は 通常梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの 「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら
ご注文からお届けまでの流れはこちら


お届けする商品について


商品について 苗木は4号ポット苗です。ポットも含め高さ30cmくらいです。
基本的に商品には花は付いておりません。商品によっては、今年開花見込みの蕾が付いている場合もあります。
※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。

ヒメシャクナゲの育て方
植え付け・管理

高温乾燥を嫌います。夏は半日陰で西日を避ける場所で育ててください。夏の暑さをさえぎれるような涼しい場所が最適です。乾燥と暑さ対策として、株元に腐葉土バークチップを敷きつめるマルチングをしてあげると安心です。 また夏場は夕方に葉に水をかけると気化熱で温度を下げてくれます。
植え付け、植え替えは9〜4月ごろが最適です。ツツジの仲間のシャクナゲは酸性土を好みます。腐葉土ピートモス鹿沼土をよく混ぜた保水性のある用土に植えてください。
比較的寒さには強いですが、乾燥した風は嫌がります。真冬は風の当たる場所は控えてください。


水やり・肥料

姫シャクナゲは水が大好きです。ツツジ科の植物は全般に根が浅いので、水をたくさん与えてください。夏は土が乾いたら朝か夕方にたっぷり与えてください。湿地を好むので根腐れはしにくいですが、冬は休眠しておりますので、土が乾いたら水を与える程度、水の与えすぎに注意です。
肥料は寒肥として、2月頃に油かす主体で骨粉入りの有機肥料を与えます。鉢植えの場合は緩行性の化成肥料を与えてください。花後にお礼肥として緩効性の有機肥料か化成肥料を与えます。


剪定

花後は花がらを早めに摘み取ります。摘み取った脇から、新しい枝が伸びて、花芽を上げるので花柄を放置すると来年の花がつかなくなります。


病害虫について

病害虫はあまり害虫は心配がありません。ナメクジと毛虫がつくことがあるので見つけ次第捕殺してください。