日陰に強い生垣や目隠し・キンメツゲの苗木販売。キンメツゲの性質、育て方など情報満載!商品4000種類以上のガーデニング通販サイト苗木部 By 花ひろばオンライン本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 生垣・目隠しにおすすめする木 > 日陰に強い目隠し > キンメツゲ

 

“金芽ツゲ”
生垣におすすめ。

大きく育てるとこんな生け垣にもなります。


キンメツゲの生垣
緑葉は他の植物を引き立たせる背景になります。

⇒⇒⇒生垣の作り方こちら
 

2 件中 1-2 件表示 

キンメツゲ<br>生垣向け<br>ポット苗

キンメツゲ 生垣用
ポット苗 生垣 目隠し 低木 庭木 常緑樹

価格690円(消費税込:745円)

生垣といえば
一番に思いつく庭木です

キンメツゲ<br>生垣用 根巻き苗。 生垣 目隠し 低木 庭木 常緑樹

キンメツゲ
生垣用 根巻き苗。 生垣 目隠し 低木 庭木 常緑樹

おすすめ

価格880円(消費税込:950円)

完売しました。「入荷お知らせメール」をご希望の場合は、注意事項をご確認の上ご登録をお願いします。

生垣といえば


2 件中 1-2 件表示 

※これらの商品は別途ご注文となります。
【販売時期について】
この規格の苗木は毎年11月ごろからの販売になります。5月上旬で入荷が終了し、売切れ次第終了です。

キンメツゲの育て方

  • 植え付け時期
    基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。水管理に気をつければ通年植え付けができます。

  • 植え付け用土
    日陰にも強いですが、日当たりの良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。日当たりが悪いと葉色が濃くなります。
    土質は選びませんが、堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも育ちます。鉢植えでは培養土で植えてください。

  • 水管理
    雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。

  • 剪定方法
    春、5月ごろから夏以外で秋ごろまで剪定します。年に2〜3度剪定すると枝がいち早く込み合い美しい生垣が作れます。
    真夏に剪定をすると日焼けして葉が黒くなります。

  • 肥料
    2月ごろに寒肥として油かす腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。肥料が切れると葉色が薄くなります。

  • 消毒
    春〜秋にハマキムシがつくことがあります。まめに観察して、葉が食害されていないか注意します。
    ハマキムシが発生したらマラソン乳剤などで駆除します。

  • ツゲの落葉
    常緑性のツゲですが、季節や環境によっては落葉が多くなることがあります。すべての葉が落ちるわけではありません。
    枝葉が込み合い風通しが悪いと、蒸れて葉が落葉します。また、樹冠内部は陽がささないので落葉します。
    あと、若い苗木では2〜5月は新しい葉と生え変わるために落葉が多くなります。