果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 果樹苗 > いちご苗 (野菜苗)


いちご苗 ピーエム フリンジベリー

 


 

まず始めに、イチゴは果物では無く、「野菜」に分類されます。通常だとイチゴって、スーパーで買って食べてましたよね。ボクもそうでした。でも、そんなに難しくなく、自宅で手軽に栽培できるんですよ!
今回花ひろばオンラインでは、スーパーでもよく見かける定番品種から、これまでに出会ったこともないような珍しい品種、「四季成り性」など多数の品種のいちご苗を取り揃えました。
四季成り性って何?と思うかもしれませんが、ラズベリーのインンディアンサマーなんかと同じで、1年を通して収穫期が長い品種のことを言います。つまり、1年を通してたくさん収穫できるってわけです。やっぱりせっかく育てるなら、たくさん収穫したいですよね?
さらに今回は、贈答品としても喜ばれる大実の品種や、はじめて聞くような名前の品種も登場!
大きなハウスや温度管理なんかも特に必要ありません。自宅の小スペースやプランターでも十分に栽培可能です!
ぜひ自宅でおいしいイチゴを収穫してみてください。

 

いちご苗 ピーエム フリンジベリーの特徴


特徴 桃色のフリンジ咲きの花を咲かせる紅花いちごです。いちごの花は通常白ですが、この品種は優しいピンク色。花弁がひらひらフリンジ咲きです。
果房の伸張性もよく一斉に花を咲かせます。桃薫と同じく、ももやココナッツのような香りが楽しめる淡いピンクの果実がなります。
品種名 PM11 (ピーエム フリンジベリー)
草丈 30〜40cm前後
収穫時期 【春】4〜6月頃
日照条件 日なた
お届けのサイズ 3号ポット苗 ※ポット部分含め10cm前後
植栽適地 北海道〜九州 ※寒冷地はプランターか鉢植え栽培がおすすめ
栽培用途 地植え、花壇、鉢植え、プランターなど
育てやすさ 耐寒性強、耐病性強
植えるときの注意点 イチゴ苗を植える際、必ず浅植えでお願いします。




こちらの予約商品のお届け時期は9月下〜11月下旬以降になります。
いちご 苗 <br>ピーエム フリンジベリー 3号ポット苗 <br>イチゴ 苺<br>【予約販売】【2019年2月中旬以降お届け予定】
いちご 苗 <br>ピーエム フリンジベリー 3号ポット苗 <br>イチゴ 苺<br>【予約販売】【2019年2月中旬以降お届け予定】
いちご 苗 <br>ピーエム フリンジベリー 3号ポット苗 <br>イチゴ 苺<br>【予約販売】【2019年2月中旬以降お届け予定】

いちご 苗
ピーエム フリンジベリー 3号ポット苗
イチゴ 苺 
【予約販売】9月下旬頃発送予定

おすすめNEW!!

商品番号 ichigo037

価格549円(消費税込:592円)

27ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 小梱包 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・小梱包です。(80サイズ)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 9 まで。


10苗以上 のご注文の場合、送料は 通常梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら
ご注文からお届けまでの流れはこちら


商品お届けについて

商品 イチゴの苗 (9cm 3号ポット苗)
育て方 ページ下部または、商品と一緒に育て方の説明を同梱させていただきます。

 

イチゴ苗の育て方
日当り・用土

基本的には半日陰〜日当りの良い場所で管理してあげてください。用土は花ひろば培養土でO.Kです。(ホームセンター等で販売している培養土でも大丈夫です)地植えの場合は花ひろば堆肥で植えるのをおすすめします。

植え付け方法

プランターなどに3株ほど均等に植えます。 (プランターの大きさによって株数は異なる)イチゴはクラウン (親株の中心部)が大事です。植える際は必ず浅植えで植えてください。収穫前にランナー (勢いよく伸びた株分けに使う茎)が伸びますが、小さく楽しむ場合は切っていただいても構いません。ランナーを伸ばして育苗し、株をふやすことも可能です。

水やり・肥料

鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。地植えも乾くようならしっかり水を与えるようにし、冬場はマルチングを行うと尚良いでしょう。肥料は粒状の化成肥料などを株元に少量ばらまきます。
肥料を与える時期は、実が成り始めた頃と、収穫後に行ってください。 (片手少量程度でO.Kです)

病害虫について

病気に強い品種なので、特に病害虫の心配はありません。もし春先に害虫が発生した場合は、定期的な消毒を行ってあげてください。