果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!


※北海道・沖縄・離島は対象外

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 生垣・目隠しにおすすめする木

商品カテゴリ一覧 > お買い得セット > ハナヒロバリュー (本当に珍しく希少な植物たち)

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 生垣・目隠しにおすすめする木 > 花を楽しむ目隠し > ジンチョウゲ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 常緑低木(季節別分類) > 早春(2〜3月)を楽しむ > ジンチョウゲ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > グランドカバーにおすすめする植物 > 花を楽しむグランドカバー > ジンチョウゲ



ジンチョウゲ|信濃錦 ( シナノニシキ ) 希少品種

どこにも無い!フクリンの珍しい沈丁花

 

ほとんど流通していない!フクリンの沈丁花

外側と内側で違った楽しみ方ができるフクリンのジンチョウゲ。春になると爽やかな花も楽しめます。非常に珍しいジンチョウゲなので、マニア必見!



ジンチョウゲ 信濃錦 の特徴



学名
Daphne odora Thunb. ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属
開花時期 3〜4月頃
花言葉 良い兆候、栄光、不死、不滅
最終樹高 0.5〜1.0m / 常緑低木
最終葉張り 1m
育てやすさ 耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい、日陰に強い、刈込に強い
植栽適地 北関東〜沖縄 ※寒冷地では鉢植え栽培をおすすめします
栽培用途 鉢植え、地植え、生垣、目隠し、花壇、切り花、グランドカバーなど

ジンチョウゲ 苗  信濃錦 (シナノニシキ) <br>ポット苗 生垣 常緑樹
ジンチョウゲ 苗  信濃錦 (シナノニシキ) <br>ポット苗 生垣 常緑樹
ジンチョウゲ 苗  信濃錦 (シナノニシキ) <br>ポット苗 生垣 常緑樹

ジンチョウゲ 苗 信濃錦 (シナノニシキ)
ポット苗 生垣 常緑樹

おすすめNEW!!

商品番号 value015

価格1,299円(消費税込:1,402円)

65ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 小梱包 ]

完売。次回入荷は未定です

------------------------------------------
〜入荷お知らせメールについて〜

商品の入荷がありましたら、メールにてお知らせします。
こちらはご注文やご予約の受付ではありません。

受信した入荷お知らせメールの確認後、
ご自身でご注文お手続きをすすめる必要があります。

また、商品によっては、入荷が1年以上先になるものや、
生産がなくなり、お取り扱いしなくなるものもございます。

必ず連絡があるものではありません。
あらかじめご理解くださいますようお願いいたします。

↓ご了承いただいた上でお申し込みください↓

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(3.5) 3.50

leeさん(1件) 購入者

愛媛県/50代/女性 投稿日:2018年11月21日

おすすめ度 おすすめ度(2.0)

あまりにも小さな苗木で(+_+)ビックリしました!こんな小さな苗木で無事に育ってくれるのかなぁとすごく心配しています(-_-;)。子供たちに未熟児はおりませんが、まるで未熟児を育てているような毎日です(;^_^A・・・できればもう少し大きく育った苗木を送ってもらえたらなぁと今さらですが願っています〜

すーちょん。さん(7件) 購入者

非公開 投稿日:2017年01月15日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

斑入り植物というと個体差が大きいので、写真のように綺麗な斑ではなく、緑葉勝ちの個体が届く事も多いと、期待せず待っていました。 届いた株は、写真通り本当に綺麗な斑入りでした。 ほんと、花ひろばさんは安心してお買い物できますね。

【販売時期について】
この規格の苗木は毎年9〜11月ごろから販売開始します。それ以降は順次補充を繰り返し、翌春3〜6月頃までで、売切れ次第終了です。
【お届けする商品の状態です】

●商品は5号ポット苗です。ポットの部分を含め高さ約0.4mです。花芽の有無多少は季節により異なります。期待されないようお願いします。

●商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。

●この商品の同梱可能本数は・・・・


 >>送料についてはこちら
 >>ご注文からお届けまでの流れはこちら
ジンチョウゲの育て方

ジンチョウゲの育て方

  • 植え付け時期
    基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。

  • 植え付け用土
    水はけの良い、肥沃な土壌に植えます。寒さにも強いです。日当たりを好みますが、2〜3時間の日光で大丈夫。成木の移植は枯れやすいので、できるだけ植え替えの必要のない場所に植えてください。堆肥を良く混ぜた土に植えてください。根腐れしやすい性質があるので、パーライトなどを混ぜて水はけ改善をすると安心です。

  • 水管理
    雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。

  • 剪定方法
    自然と球形に枝がそろいます。剪定はほとんど行いませんが、刈り込んで樹形をコンパクトにする場合は花後に行います。一気に小さくしようと太い枝を切り詰めても不定芽が出ますが、樹勢が衰えやすいので、枝抜き剪定で樹冠外部の枝と内部の枝を交代させるようにしながら、行ってください。

  • 肥料
    花後は等配合の化成肥料を株元にまきます。窒素分を控えめにしたほうが良いと本に書いてあるのも見かけましたが、肥料配合は適当でも良さそうです。

  • 病害虫について
    アブラムシが出るので、マラソン乳剤で消毒します。特に気になる病害虫はあまりでません。

  • 冬の落葉について
    緑葉品種は秋の終わり〜初春にかけて、ゆっくりゆっくり葉が減っていきます。葉色が薄くなったり、黄色くなりつつ容易にハラハラと葉が落ちます。常緑性ではありますが、春は季節的に葉が生え変わる時期です。5月ごろから本格的に葉が入れ替わります。