{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 落葉低木(季節別分類)
  3. 秋(9~11月)を楽しむ
  4. ツリバナ
  5. ツリバナ 大実 斑入り 3.5号ポット苗 接木 【ハナヒロバリュー】
  1. 庭木
  2. 日陰でも楽しめる植物(中位)
  3. マユミ・ツリバナ
  4. ツリバナ 大実 斑入り 3.5号ポット苗 接木 【ハナヒロバリュー】
  1. 庭木
  2. 紅葉の美しい木
  3. マユミ・ツリバナ
  4. ツリバナ 大実 斑入り 3.5号ポット苗 接木 【ハナヒロバリュー】
  1. 庭木
  2. 切花や茶花で楽しめる木
  3. ツリバナ 大実 斑入り 3.5号ポット苗 接木 【ハナヒロバリュー】

実の形が面白い樹木「ツリバナ」 つりばな

ツリバナ 大実 斑入り 3.5号ポット苗 接木
【ハナヒロバリュー】

商品番号 value472
価格 ¥ 3,098 税込
141 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 通常梱包
残りわずかです。



Euonymus oxyphyllus

ツリバナ |大実 斑入り 3.5号ポット苗

珍しいツリバナの大実品種!

葉に白色の掃込斑が入る大実の美葉品種です。普通のツリバナよりは実は付きづらいと思います。実が付いているのを見たことがありますので、年数がたてば実は付くはずです。

ジンチョウゲ(沈丁花)は花の香りがすばらしく庭木・生垣に、より存在感をかもし出します。主幹はなく枝が密生し、樹形は自然に半球形になります。葉は長楕円形で革質で光沢があります。
肥沃で適湿な土壌を好みます。日当たりでも育ちますがどちらかというと半日陰のほうが得意です。萌芽力が強く、挿し木でもよく増やせるのですが、移植を嫌うので、地植えの場合は2~3年したら移植は控えてください。成長は遅いです。
雌雄異株ですが流通する苗木のほとんどが雌株と言われています。有毒の果実をつけますが、日本で栽培されている株はほとんど結実しませんし、今まで見たことがありません。当店の苗木は雌雄の特定ができておりません。

ツリバナ 大実 斑入りの特徴


学名 Euonymus oxyphyllus ニシキギ科 ニシキギ属
別名 吊花、エリマキ
開花時期 5~6月
花色・大きさ・花形
果実の用途 観賞用
最終樹高 地植え:3m ~ 5m (落葉低木)
栽培用途 庭植え、シンボルツリーなど
植栽適地 北海道南部~沖縄
育てやすさ ★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:半日陰、
耐寒性普通、耐暑性強い
耐病害虫性 耐病性:強い 害虫:強い
花言葉 片思い
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包(宅配便)です。

※送料は購入手続きにて配送先住所を指定した際に表示されます。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 商品は接ぎ木ポット苗です。根鉢の部分も含め高さ約25cmです。根鉢の大きさは3.5号(直径10.5cmポット)です。

※冬は葉がすべて落葉しております。冬は細い枝がちょろっと出ただけの苗です。春から芽吹いて枝が伸びていくので、時期によって苗の高さが変わります。
※花は付いておりません。
こちらの商品は、鉢植え栽培も可能です。


ツリバナ 大実 斑入りの育て方



植え方・用土


ツリバナは基本的に強健な植物ですので、真夏の暑い時期を除けば一年中植え付けが可能です。ただ、もともとは谷川に生える木であるため極端な乾燥を嫌います。水はけ・水もちが良くなるよう腐葉土や堆肥を多めにすき込み、明るい半日陰の場所に盛り土をして植え付けると良いでしょう。日向でも大丈夫ですが、根元をマルティングするなどして真夏の乾燥から守る必要があります。逆に完全な日陰ですと、花付き実付きが悪くなります。


水やり


庭植えの場合は基本的に必要ありません。真夏の高温期が続くようなら様子を見て与えます。鉢植えで管理する際は、表土が乾いたらたっぷりと与えます。


肥料のやり方


2月の寒い時期に、寒肥として株元に緩効性肥料をすき込んであげます。山に自生するほどですので、肥料がなくても問題はありません。


花芽の付き方


性質としては丈夫ですが、成長が遅いため強剪定を行うと花芽が出なくなることがあります。剪定はほどほどに。


剪定方法


落葉時期に邪魔な枝を取り払うようにします。自然な樹形を楽しむものなので、剪定はほどほどに。大掛かりな剪定をする必要がないよう、邪魔になりそうな枝は小さいうちに処理しましょう。