{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)

黄色のフクリン斑が入る美葉品種!

西洋栗 フクリン斑 4号ポット苗
【ハナヒロバリュー】

商品番号 value533
価格 ¥ 4,098 税込
186 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 小梱包
残りわずかです。


Castanea crenata

西洋栗|フクリン斑 ポット苗

黄色のフクリン斑が入る美葉品種

西洋クリ フクリン斑は、葉にはっきりとした黄色のフクリン斑が入る美葉品種です。長い葉に入る緑と黄色のコントラストが印象的な品種です。

栗は雌雄異花で5月~6月に開花します。
雄花は穂状で斜めに立ち上がり、全体にクリーム色を帯びた白で、個々の花は小さいものの目を引きます。また、香りが強いのでよく昆虫が集まり、クリやシイは虫媒花となっています。
一般に雌花は3個の子房を含み、受精した子房のみが肥大して果実となります。

西洋クリとは、イタリア・スペイン・フランスなどの欧州で作られている栗です。一般的に「マロン」と呼ばれるものがこの品種(実際は西洋クリの中でも、実が一つだけ大きくなる品種をマロンと呼ぶそうです)。和栗よりも果実は小さいですが、渋皮はむきやすく果肉がしまっており、割れにくく果肉に粘り気がないのが特徴です。病気や害虫に弱いので日本では栽培されていません。日本の高温多湿の環境では育てにくいのでしょう。

西洋栗 フクリン斑の特徴


学名 Castanea crenata ブナ科 クリ属
開花時期 5月中旬~6月中旬
花色・大きさ・花形 黄白
最終樹高 地植え:2m ~ 6m 鉢植え:1m ~ 2m (落葉高木)
最終葉張り 3m ~ 4m 半開帳性
栽培用途 果樹畑、花壇、鉢植え(8号鉢以上)
植栽適地 東北~九州
育てやすさ ★★☆☆☆ 初心者には少し注意
日照条件:日なた、
耐寒性やや強い、耐暑性強い
耐病害虫性 耐病性:やや弱い 害虫:よくつく
芽吹き時期 4月頃
花言葉 贅沢、華奢
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・小梱包(小型宅配便)です。

※送料は購入手続きにて配送先住所を指定した際に表示されます。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 商品は接ぎ木ポット苗です。根鉢の部分も含め高さ約25cmです。根鉢の大きさは4号(直径12cmポット)です。

冬から春は葉が傷んで、落葉していたりします。
切り戻し剪定をしてポットを含めて20~30cmになっている場合があります。
花はついていません。


西洋クリ フクリン斑の育て方



植え方・用土


秋~梅雨位に、地植えでも、鉢植えでも日当たりのよい場所に植え付けします。肥沃で通気性がよく、やや湿り気味の土がいいです。植え付け後3年ぐらいは支柱で固定してあげると風などの影響を受けず、根張りがよくなります。
根が深く張る割りに乾燥に弱いので、夏に乾燥させないように地植えの場合は、『花ひろば堆肥極み』を土に混ぜこんで、保水力のある土に植えると良いです。鉢植えでは『果樹の土』のみを使って植え付けられるので、簡単手軽&最高です!
地植えする場合の植え付け間隔は、大きく育ちますので、6m以上あった方が望ましいです。受粉樹については、栗は風媒花で20mくらいは飛散しますので、それくらいの間隔までに植えてください。


春の植え付け方法


3月以降の暖かい葉がある時期に植え付けする場合は根を崩さないように植えてください。
梅雨以降に植え付けする場合は水やりを忘れずにしてください。


秋の植え付け方法


9~11月の暖かい葉がある時期に植え付けする場合は根を崩さないように植えてください。
最適は落葉後の11月~12月です。


冬の植え付け方法


冬の間に植え付ける場合は根が崩れても問題ないです。
栗は寒さには強いですが、根が凍ると枯れてしまうことがあります。
雪深く積雪があり、外気にさらされないほうが凍らないので安心ですが、雪が少なく地表が凍る心配がある場合は深めに植えて、マルチングして土を多くかぶせてあげてください。


水やり


地植えの場合は、根付いてからは特に水やりの心配はありません。雨が降らず乾燥が続くような場合は水を与えてください。
鉢植えの場合は、表面が乾いてきたらたっぷりと水を与え、水切れには十分注意してください。


肥料のやり方


12月~2月頃には有機質肥料を与えます。おすすめは『果樹と野菜の有機肥料EX』です。
収穫後と3月頃には速効性肥料を与えます。おすすめは『ソイルテック』です。


花芽の付き方


前年の夏までによく伸びた枝の、先端の1~3芽に雌花と雄花が付きます。その下の10芽ぐらいは雄花のみが付き、さらに下は花が咲きません。
実がなるのは雄花ですので、剪定するときは雌花を切らないように注意してください。


剪定方法




基本的に枝を横に広げて作ったほうがそれぞれの枝に日照が多くなり品質もあがります。枝数も増やせるので、収穫量も増えます。
植え付け時には主幹を30~40cmの高さで切り戻します。植え付け時以外は落葉後の12~2月頃に剪定を行ってください。
日陰の枝にはほとんど雌花穂がつかないので、日陰を作らないように枝を間引くか、短く切る程度でいいです。枝が混雑しないなら細かい剪定はいりません。
栗の花芽は先端に付きますので、冬の剪定は花芽を切らない様にして下さい。
木が大きくなる植え付け後5年以降になってくると、木の主枝の基部が日陰になる事により、枝が弱り実がつかなく場合は、芯抜きを行い、日当たりが悪くならないように最終的に2本主枝とします。


その他栽培や性質の注意点





その他豆知識


日当たりの良い樹冠の外側にだけ実が付きます。
木が育ち樹冠が大きくなると、樹冠の内部には日が届かなくなり、枝は枯れていきます。間引き剪定によって、内部の込み合った枝を取り除き、木の内部まで日光が入るようにすると実が多くなります。
しかし、木の幹の根元部分には、日が当たらないようにしてください。日が当たると昼夜の温度差により、胴枯病の発生に繋がります。
剪定は木の幹の根元部分が日に当たらないように枝を考えてしてください。
夏に落果が見られるようでしたら、前年からの貯蔵養分の不足の可能性があります。その為、収穫後にはよく肥料を与えてあげてください。
その他には不受精の可能性もあります。栗は1種類では実がなりにくいので、受粉樹が必要になります。
落果する場合は受粉が出来ていない可能性もありますので、近くに他品種の苗木を植えてあげてください。


病害虫の予防法


胴枯病と炭そ病が発生します。特に昼夜の温度差が激しい場合の寒害や、真夏に剪定したりする場合などは、幹の日焼けが原因で胴枯病が起きます。
日焼けや寒害を防ぐには、幹を日陰になるように工夫して剪定します。
害虫は良く観察し、発生しだい捕殺します。6月頃より害虫が見られるようになるので、夏の間に3回程度農薬を散布してください。
木に力があると害虫の被害も少なくなりますので、適度な肥料と剪定で木を健康に保ってください。


育て方のまとめ


日本全国どこでも栽培でき、大木になりますが、大きくなったら芯抜きを行い、2本主枝にすることによって、樹高を低くして栽培できます。日陰に弱いので、日当たりを良くするようにして育ててください。