{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 季節で分類できない常緑樹
  3. ヤシの木 【 サバルヤシ 】 根巻き苗またはポット苗 常緑樹 観葉植物 インテリアプランツ 耐寒性 シンボルツリー
  1. 庭木
  2. 縁起の良い記念樹
  3. ヤシの木 【 サバルヤシ 】 根巻き苗またはポット苗 常緑樹 観葉植物 インテリアプランツ 耐寒性 シンボルツリー

ヤシの木 【 サバルヤシ】 庭木 常緑樹
南国リゾート風!お庭にひとついかがですか!

ヤシの木 【 サバルヤシ 】
根巻き苗またはポット苗
常緑樹 観葉植物 インテリアプランツ 耐寒性 シンボルツリー

商品番号 niwa_yashi006-03
価格 ¥ 6,099 税込
277 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 通常梱包
完売。次回入荷は未定です。



ヤシの木|サバルヤシ

1本あるだけでお庭がたちまち「南国リゾート風」に大変身! 


独特な幹姿がたまらないヤシの木

ヤシの木界トップクラスの耐寒性を誇るサバルヤシ。この木の最大の魅力は、サバル好きにはたまらない特徴的な幹姿です。古くなった葉柄の部分が幹に折り重なるように残り、迫力のある幹姿を作り出します。葉は、大きく裂けた掌状葉(手の平の形)で、その見た目から熊手ヤシの別名も持ちます。
リゾートガーデンの植栽には欠かせないヤシの木。観葉植物として鉢植えにしてもオシャレですよ。

サバルヤシ の特徴

学名 Sabal palmetto Lodd. ヤシ科 サバル属
別名 パルメットヤシ、メキシコサバル、クマデヤシ
分類 耐寒性常緑高木
最終樹高 20m程度
※ただし、畑や広大な土地に地植えした場合の目安で、 自宅に庭に植えた場合はここまで大きくなりません。
※それほど大きくしたく無いという方は鉢植え栽培をおすすめします 。
樹高について それほど大きくしたく無いという方は鉢植え栽培をおすすめします
特徴 ヤシの木の中でもトップクラスの耐寒性で、成木では、-10度まで耐えます。
植栽適地 北関東~沖縄 ※寒冷地では鉢植え栽培をおすすめします
栽培用途 鉢植え、地植え、畑、記念樹、シンボルツリーなど
育てやすさ 耐寒性あり、害虫が付きにくい、メンテナンスフリー、塩害に強い

 


苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(160サイズ ※小梱包不可)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 4 まで。


5本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 商品はポット苗または根巻き苗です。根鉢部分も含めて高さ0.6m前後くらいです。

ヤシの木 の育て方
植え付け・用土

植え付け時期は、秋(10月頃)~翌年の梅雨入り前くらいまでが良いです。
水はけの良い土壌で植え付けてあげてください。
植え付け場所は日当たりの良い場所で管理してあげてください。
日当たりが悪いと葉っぱが汚くなることがあります。
ココスヤシやサバルヤシなどは耐寒性に優れているので、マイナス7~8℃くらいまでなら、
寒さしのぎもあまり必要ありません。

水はけの良い用土であれば育てられます。庭植えの場合、水はけが悪いようならバーク堆肥を混ぜ込んで排水性をよくしてから植えて下さい。鉢植えの場合は市販されている観葉植物専用の土がお勧めです。

地植えの場合は、花ひろば堆肥「極み」を使って植えていただくと良いでしょう。

根詰まりすると生育が止まり、葉っぱが黄色く変色して枯れ混んできます。ですので鉢植えの場合は2年に一度くらいの頻度で植え替えする良いでしょう。



管理場所・剪定

水をたっぷり与えると、どんどん大きく育っていきます。植え付け場所のスペースなども考慮して、
土の表面を少し乾燥ぎみにさせて育てると、生長を抑えることができます。

剪定についてです。葉っぱが古くなると、黄色く変色してきます。
葉の寿命なので根元から剪定してください。



肥料・ポイント

5月~10月頃に、2ヶ月に1度くらいのペースで緩効性化成肥料を与えてあげてください。
液肥でも構いませんが、冬場などの休眠期は与えなくても良いです。栄養剤肥料などで水はけが悪くなると根腐れが起こりますので、ご注意ください。



病害虫について

病害虫はあまり心配いりません。
基本的に丈夫な植物です。