{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 鉢植えにもおすすめ
  3. 葉を楽しむ常緑樹
  4. ヒイラギ
  5. イレックスサニーフォスター 苗 生垣 目隠し 低木 庭木 常緑樹
  1. 庭木
  2. 病害虫に強い
  3. 常緑低木
  4. イレックスサニーフォスター 苗 生垣 目隠し 低木 庭木 常緑樹

イレックスサニーフォスター 苗 生垣
輝く黄金葉ヒイラギ

イレックスサニーフォスター 苗 生垣 目隠し 低木 庭木 常緑樹

商品番号 niwa_hiiragi007
価格 ¥ 1,538 税込
70 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 小梱包
5.00
1
  • 購入者
    福岡県 40代
    投稿日
    キレイな緑の葉、美しい枝ぶり。 玄関前に鉢植えで置こうと思ってたので、 丁度いい高さです。見栄えがします。 回りにクリスマスの飾りを刺して クリスマスらしい雰囲気にしようと 思ってます。 (赤い実は作り物でプラスします。笑)


クリスマスホーリー
イレックスサニーフォスター

クリスマスホーリーの黄金葉品種。

『神聖な』という意味の名を持つホーリー

クリスマス飾りに使う西洋ヒイラギたち。

冬でも青い葉は邪気を払って新鮮を永遠にもたらすもの

 

●品種の特徴
イングリッシュホーリー系の交配種です。常緑で年中変わらず美しい葉色です。葉色は輝くような黄色をしています。剪定後に出た葉は冬でも黄色のままでいます。光沢が冷たい感じがするので夏でも涼しげな葉色です。洋風によく合う、防犯に効果的な生垣樹です。葉色は花に勝るほど美しいカラーリーフです。花は目立たないので葉を楽しみます。冬には赤い実がつきますが、果実は小さく実つきも少ないです。

本来は成長すると3~5mになる木で、成長は比較的ゆっくりです。

学名 Ilex × attenauata 'Sunny Foster'
モチノキ科モチノキ属
原産地
世界の温暖帯
花言葉
永遠の輝き、先見、用心、不滅の輝き、将来の見通し
誕生花
12月25日
最終樹高
最終葉張り
成長の早さ
開花期
類似品種
植栽適地
耐寒性
常緑低木
0.5~3m
1~2m
普通
(0.2m/年)
3月
果実12月
南東北~沖縄

※最終樹高は品種によって異なります。資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、それは自然環境で放任して栽培した場合の大きさです。
※生垣での植え付け間隔は30cm間隔をお勧めします。

⇒⇒⇒生垣の作り方こちら


魅力
 魅力多い:  【通年】葉を楽しむ。
育てやすさ  初心者に超おすすめ: 耐寒性強、耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい、日陰に強い、耐湿性強
用途
 グランドカバー、クリスマス・リース、鉢植え、盆栽、記念樹、ボーダー、花壇など
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。

イチジク ホワイトゼノア 2 
花ひろばオンラインの配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・小梱包です。(80サイズ)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 2 まで。


3~10本 のご注文の場合、送料は 通常梱包 になります。
11本以上のご注文はの場合は複数梱包になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの 「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 苗木はポット苗です。ポット部分を含め高さは20cm前後です。実はついておりません。こちらの苗木は雌雄の特定ができておりませんので、果実がなるかならないか不明です。
お届け後、ポットから出して定植してください。
こちらの商品は、鉢植え栽培も可能です。

ホーリーの育て方
植え付け・用土

基本的に植え付けは4月~入梅までか秋に行います。 寒地では春植えをおすすめします。
日当たりの良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。


水やり

雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。


剪定

放任して育てても自然な樹形になりますが、こまめな剪定でコンパクトに楽しむことができます。
剪定は7月と12月がベスト。強い刈り込みにも耐えますが、果実を楽しむなら7月は剪定は控えます。樹形を乱す枝を剪定する程度にします。冬の剪定は控えめにしたいので、強い剪定をする場合は1~2年は果実は少し我慢です。


肥料

2月ごろに寒肥として油かす6と骨粉4の割合に混ぜたものや、「みかんの好きな肥料」などの有機配合肥料を木の大きさに応じて腐葉土堆肥と合わせて株周りに穴を掘り与えます。追肥は鉢植えでは6月、庭植えでは8月下旬~9月上旬に寒肥と同じ肥料を寒肥の時の半分の量を与えてください。


病気と害虫

病害虫はほとんどつきません。お店に植えてあるホーリーには消毒をしたことがありません。風通しが悪いとカイガラムシが発生するので、適度に枝葉を間引いて風通し良くしてあげてください。カイガラムシは1~3月にかけてマシン油乳剤を2~3回散布して防除します。

おすすめ商品

前へ
次へ