{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)

ツバキ

椿の木の育て方

ツバキの育て方

  • 植え付け時期
    基本的に移植や植え付けが最適なのは8月~11月と2月~入梅までに行います。

  • 植え付け用土
    水はけの良い、肥沃な土壌に高植え植えます。
    日当たりと風通しの良い場所を好みますが、少々日陰でも良く育ちます。

  • 剪定方法
    強い剪定はあまりおすすめできません。放任して育てたほうが花がよく咲きます。
    無駄枝を間引く程度で通風と採光を良くする剪定にします。
    庭植えなどで、コンパクトに育てる場合は剪定は花後すぐに行います。

  • 肥料
    1月ごろに寒肥として鶏糞を与えます。
    開花後にお礼肥えとして油粕と化成肥料を2握り程度与えます。

  • 消毒
    初夏のもち病はダコニールを用いて駆除、チャドクガは捕殺するか殺虫剤で駆除します。
    病害虫が発生したらそのつど消毒を定期的に散布します。

Q: 「サザンカ・ツバキが咲かない!なんで?」
A: ツバキもサザンカも乾かすと花つきが悪くなります。ツバキは冬に乾燥させてしまうと、サザンカは夏に乾燥させてしまうと、花が上がらなくなるか、蕾が乾燥して死んでしまいます。水切れしたときは真っ先に蕾からやられてしまいます。西日が照りつけて良く乾く場所や、風の通り道など乾燥しやすいです。株元を敷き藁や何かで覆うなどのマルチングして防止しましょう。
ツバキの場合は日照不足で花つきが落ちる場合があります。日照を改善してやると咲いてくるようになります。他には鉢植えの場合は4~5年すると根づまりして咲かなくなることがありますので、その場合は植え替えをして下さい。

97件中 1-97件表示
97件中 1-97件表示