{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 落葉中高木(季節別分類)
  3. 秋(9~11月)を楽しむ
  4. コナラ
  5. 【どんぐりがなる木】 コナラ 株立ち 苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー
  1. 庭木
  2. 紅葉の美しい木
  3. コナラ
  4. 【どんぐりがなる木】 コナラ 株立ち 苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー
  1. 庭木
  2. シンボルツリーにおすすめする木
  3. 洋風モダン向け(落葉)
  4. コナラ
  5. 【どんぐりがなる木】 コナラ 株立ち 苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー
  1. 庭木
  2. どんぐりが採れる木
  3. 【どんぐりがなる木】 コナラ 株立ち 苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー

コナラ どんぐりが採取できる木♪

【どんぐりがなる木】
コナラ 株立ち 苗
庭木 落葉樹 シンボルツリー

商品番号 niwa_rk009-kabu
価格 ¥ 2,908 消費税込 ¥ 3,198
145 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 通常梱包
完売。次回入荷は2020年10月~11月頃です。


コナラ

人気の雑木。自然なお庭造りに・・・。

コナラの新緑


コナラの紅葉

 

●品種の特徴
おなじみ、どんぐりが採取できる木です。すらりとした樹形が綺麗です。

地味で控えめな木ですが、そこがまたいい。新芽は銀色で独特の色を見せてくれます。育ちやすく、手間がほとんどかかりません。自然樹形を楽しむので、剪定もあまりしないで良いです。
目隠しや生垣によく使われます。実がなる頃、懐かしい気持ちにさせられます。黄色から赤褐色に美しく紅葉します。
冬も枯れ葉のまま葉が残り、春の芽吹く前に葉っぱが落ちます。

別名:ナラ、イシナラ、ホウソ

学名 Quercus serrata Thunb.
ブナ科コナラ属
原産地
岩手山形以南、四国、九州、朝鮮半島、中国、台湾、東南アジア
花言葉
勇気、独立
誕生花
9月26日
最終樹高
最終葉張り
成長の早さ
開花期
類似品種
植栽適地
耐寒性
落葉高木
5~15m
10m
やや早い
(0.4m/年)
4~5月
果実 11月
北海道~九州

※苗木は全て国産苗木です。
※花の観賞価値はほとんどありません。
※本などでは
20mくらいに育つと記述もありますが、庭植えではせいぜい5mくらいです。

魅力
 魅力満点: 【春】 新緑を楽しむ 【初夏~夏】 木陰を楽しむ 【秋】 どんぐり拾い
育てやすさ  育てやすい: 耐病性強、樹勢強、成長はやや早い、耐乾性強、水はけの悪い場所でも育ちやすい。病害虫に強い。
用途
 目隠し、シンボルツリー、記念樹、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。

 
※これらの商品は別途ご注文となります。
【販売時期について】
この規格の苗木は毎年12月ごろから販売開始します。春ごろまでは補充、再入荷を繰り返します。4月中旬ごろからは売切れ次第終了です。

【お届けする商品の状態です】

●商品は株立ち苗です。ポットも含め約0.9m位です。育てるにはちょうど手ごろなサイズ。植え付け時はポット部分ははずして根を崩さずに植えてください。

●商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。

●この商品の同梱可能本数は・・・・

小梱包でのお届けはできません。

>>送料についてはこちら


樫の木の育て方

カシノキの育て方

  • 植え付け時期
    基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。常緑性のものは5~6月の植え付けが良いです。

  • 植え付け用土
    日当たりの良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。土質を選ばない丈夫な木ですが、堆肥をよくすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。

  • 剪定方法
    常緑性のカシ類は7月と11月頃に剪定します。放任すると大株に育ちます。目的の高さに達したら芯を止め樹高を抑制します。定期的に枝抜き剪定もしくは刈り込みを行います。生垣の場合は強めに刈り込み、側芽の発生を促します。

  • 肥料
    肥料は2月ごろに寒肥として油かす腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。9月頃に追肥として化成肥料を適量与えます。

  • 消毒
    樹種によっては病害虫がよくつきます。発見しだい駆除します。

  • 生垣の場合の植栽。
    放任すると大きく育つ樹種ですが、間隔を狭く植えることで、根が抑制されるため樹高10mなど本来の大きさまでは大きくなりにくくなります。2mなどの高めの生垣を求める場合は、50cm間隔くらいで植え付けます。1m~1.5mの生垣の場合は、30~50cm間隔で植えます。刈り込みで葉張りや樹高を調整します。強い刈り込み似も耐え、萌芽力が強いので、防風林や目隠しには最適です

  • 生垣の作り方はこちら