{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 常緑中高木(季節別分類)
  3. 夏(7~8月)を楽しむ
  4. ユーカリ
  5. 丸葉ユーカリ 【ポポラス (シルバーダラーガム)】 大苗 【西濃運輸お届け】 【北海道・沖縄・離島不可】
  1. 庭木
  2. シンボルツリーにおすすめする木
  3. 洋風モダン向け(常緑)
  4. ユーカリ
  5. 丸葉ユーカリ 【ポポラス (シルバーダラーガム)】 大苗 【西濃運輸お届け】 【北海道・沖縄・離島不可】
  1. 庭木
  2. 生垣・目隠しにおすすめする木
  3. 高さのある目隠し
  4. ユーカリ
  5. 丸葉ユーカリ 【ポポラス (シルバーダラーガム)】 大苗 【西濃運輸お届け】 【北海道・沖縄・離島不可】
  1. 庭木
  2. シンボルツリーにおすすめする木
  3. 冬も葉が茂る常緑シンボルツリー
  4. ユーカリ
  5. 丸葉ユーカリ 【ポポラス (シルバーダラーガム)】 大苗 【西濃運輸お届け】 【北海道・沖縄・離島不可】

銀葉が美しく成長が穏やかなユーカリ。

丸葉ユーカリ 【ポポラス (シルバーダラーガム)】 大苗
【西濃運輸お届け】 【北海道・沖縄・離島不可】

商品番号 niwa_yu-kari_05-03
価格 ¥ 7,040 税込
320 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料込
完売。次回入荷は未定です。
5.00
1
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    立派な苗が届きました。 丸い葉っぱが可愛くてこれから大きくなるのが楽しみです。 ドライフラワーなど挑戦してみたいな

マルバユーカリ
“ポポラス”
(シルバーダラーガム)


木が美しいユーカリ。



●品種の特徴
銀色の丸い葉がかわいい人気品種です。ユーカリの中では成長が穏やか。樹形全体で銀葉が美しいのでシンボルツリーにもおすすめです。日本では9月以降に花を咲かせます。花が咲いた枝を切花にしてもおしゃれです。樹皮がめくれて、つるつるのきれいな幹肌を見せてくれるユーカリをガムといいます。

学名 Eucalyptus polyanthemos
フトモモ科ユーカリノキ属
原産地
オーストラリア
花言葉
新生、慰め、思い出、再生
誕生花
10月25日
最終樹高
最終葉張り
成長の早さ
開花期
類似品種
植栽適地
耐寒性
常緑高木
5~10m
3~4m
とても早い
(0.5m/年)
関東~沖縄

※苗木はすべて国産苗木です。
※資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、それは自然環境で放任して栽培した場合の大きさです。
※成長の早さは環境や育て方で差が出ます。目安程度にしてください。


魅力
 魅力多い: 【夏】 花を楽しむ 【通年】葉を楽しむ。
育てやすさ  初心者におすすめ: 耐乾性強、耐暑性強、やせ地に強い、潮風に強い、大気汚染に強い
用途
 鉢植え、寄せ植え、記念樹、シンボルツリー、花壇、目隠し、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。

 
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(160サイズ以上 ※小梱包不可)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 1 まで。


2本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ご購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 商品は高さは約1.4m前後のポット大苗です。落葉期、葉はついておりませんが春に芽吹いてきます。
※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。

ユーカリの育て方

ユーカリの木の育て方

  • 植え付け時期
    基本的に年中植え付けができます。成長が非常に旺盛なので、植え付け場所は慎重に選びましょう。

  • 植え付け用土
    肥沃な水はけの良い土地を好みます。鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みます。。乾燥にも強く、土質を選ばない丈夫な木ですが、バーク堆肥や花ひろば堆肥“極み”をよくすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。
    鉢植えで栽培される場合は、花ひろば培養土や市販の培養土をお使いいただくと良いです。

  • 水管理
    雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。 乾燥すると落葉しやすくなります。

  • 剪定方法
    春と秋に定期的に切り詰めます。風に弱いので、しっかりと支柱をつけるか、こまめに剪定をお願いします。

  • 肥料
    成長が旺盛なので肥料は控えます。葉色が悪いなど生育が悪い場合は化成肥料を少なめに与えます。

  • 消毒
    特に気になる病害虫はありません。