{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. シンボルツリーにおすすめする木
  3. 南欧風リゾートガーデン向け
  4. ミモザアカシア
  5. アカシアの木 “ゴールデンミモザ” ミモザアカシア 4号ポット苗 シンボルツリー 庭木 常緑樹(ギンヨウアカシア)
  1. 庭木
  2. シンボルツリーにおすすめする木
  3. 洋風モダン向け(常緑)
  4. ミモザアカシア
  5. アカシアの木 “ゴールデンミモザ” ミモザアカシア 4号ポット苗 シンボルツリー 庭木 常緑樹(ギンヨウアカシア)
  1. 庭木
  2. 常緑中高木(季節別分類)
  3. 早春(2~3月)を楽しむ
  4. ミモザアカシア
  5. アカシアの木 “ゴールデンミモザ” ミモザアカシア 4号ポット苗 シンボルツリー 庭木 常緑樹(ギンヨウアカシア)

アカシアの木 ミモザ 定番のミモザ

アカシアの木 “ゴールデンミモザ”
ミモザアカシア 4号ポット苗
シンボルツリー 庭木 常緑樹(ギンヨウアカシア)

商品番号 niwa_akashia_09-01
価格 ¥ 1,272 消費税込 ¥ 1,399
64 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 通常梱包
完売。次回入荷は未定です

アカシア
“ ゴールデンミモザ ”

黄色の綿のような明るい花が咲きます。

●品種の特徴
アカシアを代表するミモザで銀葉の枝が美しい品種。春には沢山の花を付けるので、咲き誇るミモザの花は圧巻です。
細かな剪定をすることにより、樹形を保つことが出来ます。

学名 Acacia baileyana
マメ科アカシア属
原産地
日本
花言葉
真実の愛、秘愛、優雅、友情、秘めた恋
誕生花
4月9日
最終樹高
最終葉張り
成長の早さ
開花期
類似品種
植栽適地
耐寒性
常緑中木
2~4m
1~3m
遅い
(0.2m/年)
3~4月
関東~沖縄

※苗木はすべて国産苗木です。
※資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、それは自然環境で放任して栽培した場合の大きさです。
※成長の早さは環境や育て方で差が出ます。目安程度にしてください。


魅力
 魅力多い:【春】 黄色い花を楽しむ 【通年】葉を楽しむ。
育てやすさ  初心者におすすめ: 耐乾性強、耐暑性強、やせ地に強い、潮風に強い、大気汚染に強い
用途
 鉢植え、寄せ植え、記念樹、シンボルツリー、花壇、目隠し、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。

イチジク ホワイトゼノア 2  イチジク ホワイトゼノア 2
【お届けする商品の状態です】

●苗木は4号ポット苗です。ポットも含め、高さ約80cm位です。植え付け時はポット部分ははずして根はほぐさずに植えてください。根を触れるのを嫌う木です。根を触らないようにお願いします。

●商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。

●この商品の同梱可能本数は・・・・



 >>送料についてはこちら
アカシアの育て方

アカシアの育て方

  • 植え付け時期
    基本的に年中植え付けができます。移植や植え付けの最適時期は11月か春3~5月に行います。


  • 植え付け用土
    肥沃な水はけの良い土地を好みます。鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みます。。土質を選ばない丈夫な木ですが、バーク堆肥や花ひろば堆肥“極み”をよくすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。
    鉢植えで栽培される場合は、花ひろば培養土や市販の培養土をお使いいただくと良いです。

  • 水管理
    雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。 乾燥すると落葉しやすくなります。

  • 剪定方法
    花後すぐに行います。剪定してコンパクトな樹形で管理するといいです。苗木の時期は枝数が少ないので、植え付け3年くらいは切り戻しを行い分岐させて樹形を作ります。切り戻し剪定の切る位置は分枝から10~20cmくらいです。時期を間違えると花が咲かない場合もあるので、注意。主幹が貧弱なので自立しにくいので、支柱は必須です。主幹が理想の高さになったら芯を止めます。大きすぎて困るときは思い切って強めの剪定をします。一部書籍では強剪定はNGとありますが、茂りすぎた枝葉を半分くらいにする剪定では枯れたりすることはありません。


  • 肥料
    マメ科のこの木は根粒菌で自ら窒素肥料を作ります。ですので、よほど成長が悪い場合以外は肥料は必要ありません。開花前に2月に寒肥として油かすを少量与える程度です。

  • 消毒
    病害虫はカイガラムシに注意です。発生したらスミチオン1000倍液を散布しましょう。