{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 観葉植物 インテリア こだわりのインテリアプランツ
  3. ジャカランタ ブルーブロッサムビューイング 矮性 ポット苗 低木 庭木 観葉植物 落葉樹

ジャカランタ ブルーブロッサムビューイング 矮性
庭木 落葉樹 観葉植物 低木
神秘的な淡紫色の花が咲きます。

ジャカランタ ブルーブロッサムビューイング 矮性
ポット苗 低木 庭木 観葉植物 落葉樹

商品番号 niwa_jakaranta_buru-buro01
価格 ¥ 4,298 税込
195 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 通常梱包



落葉樹|ジャカランタ ブルーブロッサムビューイング


世界三大花木が管理しやすい矮性品種になって登場!

青い桜? 『世界三大花木』ってご存知ですか!?

ジャカランタ(紫雲木)・ホウオウボク(鳳凰木)・カエンボク(火炎木)。これが「世界三大花木」と並び称される花木たちです!
中でもジャカランタは、神秘的な淡い青紫色の花がたいへん美しく、原産地の南米では街路樹などに広く利用されています。現地では、葉が出る前に花が咲き乱れ、散った花が紫色の絨毯を作る様子などが、まるで「青い桜」のようだと親しまれている花木です。日本では、宮崎県や静岡県に名所があります。
シダに似た葉が観葉植物としても人気です。

矮性品種 ブルーブロッサムビューイング

ブルーブロッサムビューイング は、日本で育成された低木性の品種です。3~4分の1程度で樹高が止まるため、1~3mの高さで花を鑑賞することができます。 通常種に比べ花色はやや濃く、小さいうちから花が咲きやすく、花付きも良好です。

※日本の気候では、花より先に葉が展開してしまうので、葉がない状態での満開の花を鑑賞することはできません。

ジャカランタの特徴


学名・分類 Jacaranda  ノウゼンカズラ科ジャカランダ属
原産地 中南米 ※苗はすべて国産です
別名 キリモドキ(桐擬き)、紫雲木
開花時期 5~6月頃
最終樹高 15m程度 (落葉高木)
※ブルーブロッサムビューイング(矮性)は、2~4m程度 (落葉低木)
日照条件 日向~半日陰
植栽適地

関東~沖縄 
※成木になると0度まで耐えられますが、幼木のうちは5度程度までしか耐えられません。気温の下がる地域では鉢植え栽培をオススメします。地植えの場合はマルチングなど防寒対策をお願いします。

育てやすさ 耐暑性強、樹勢強、※冬は霜に当たらないようにしてください。
栽培用途 鉢植え、庭植え、観葉植物など

 


花ひろばオンラインの配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(160サイズ以上 ※小梱包不可)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 4本 まで。


5本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの 「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 苗木はポット苗です。ポット部分を含め高さは約0.8m前後です。花や蕾はついておりません。お届け後、ポットから出して定植してください。
こちらの商品は、鉢植え栽培も可能です。
開花条件について ジャカランタの花は、木がしっかりと成長してからしか咲かず、開花まで6~7年かかると言われています。
また、確実な栽培方法や開花のメカニズムについては、まだ分からない事も多い植物です。 日本ではある程度の寒さに当てて冬に落葉させか、秋から冬に乾燥させると春に花が咲くなどと言われています。

ジャカランタの育て方
植え付け・用土

春、霜が降りる心配がなくなってから植え付けしてください。5~9月が適期です。

マルチングをしましょう
冬の寒さが苦手です。温暖な地域では露地栽培が可能ですが、0度以下の環境では枯れてしまいます。冬は株周りを敷き藁やバークチップ等で覆うマルチングをし、霜よけをして下さい。
幼木は耐寒性が劣るので、温暖な地域でも、ある程度の大きさ(幹の太さが3cm程度)になるまで鉢植えで育ててから地植えすることをオススメします。

一年を通して日当たりの良い場所で育ててください。特に春~秋の温暖な季節が生育時期なので、この期間はしっかりと日に当ててあげてください。

用土は特に選びません。地植えの場合は、、『花ひろば堆肥極み』を1袋、鉢植えでは、『花ひろば培養土和』を使って植えると簡単手軽&最高です!



肥料

生育期に有機肥料や緩行性の化成肥料を2ヶ月に1回ほど与えます。



水やり

春~秋の生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。落葉期は乾かし気味に管理します。



剪定

選定は初夏におこないます。新しい枝がたくさん生えるように摘心(新芽の先を摘み取る作業)をします。伸びすぎた枝や混み合っている枝は、バランスを考えながら切り詰めます。
株が大きく育ち花を咲かせるようになったら、花後に切り戻しをします。
花芽は、夏の終わり頃~秋に、その年に伸びた新しい枝の中で作られます。夏以降の切り戻しは、花芽を切り落とす事になるので避けましょう。



病害虫について

風通しが悪いとカイガラムシが発生する事があります。薬剤が効きにくいので、見つけ次第歯ブラシなどで剥ぎ落としてあげてください。