{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)

【牡丹】 七福神(シチフクジン) 皆様も良く知る、縁起良い名前です ぼたん 低木
【牡丹】 七福神(シチフクジン)
2年生苗 落葉樹 低木 ぼたん

商品番号 botan001-02
価格 ¥ 1,580 消費税込 ¥ 1,738
79 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 小梱包
完売。次回入荷は未定です

百花の王 牡丹
“七福神(シチフクジン)”



昔から、美人の代名詞にも使われるほどの優雅で大輪な花、『牡丹』。幾重もの重なり合う花びらに魅了されます。また、美術の世界にも、影響を与えるとても魅力的な花です。

●品種の特徴
ピンク色のボタン。千重、抱え咲き、大輪の花。花弁の先端はほのかなサクラ色

学名
Paeonia suffruticosa
ボタン科ボタン属
原産地
北半球
花言葉
王者の風格、富貴、恥じらい、高貴、壮麗
誕生花
5月3日、5月7日

最終樹高
最終葉張り
花期
成長速度
日照条件
類似品種
植栽適地
耐寒性
落葉低木
0.5~2m
0.5~2m
4~5月頃
普通
日向
北海道南部~中国地方までの日本海側

比較的高温多湿を嫌うので、太平洋側の暖地では夏に西日を避けて、涼しい場所を栽培したほうが良いです。
当店の苗木は島根県と新潟県で生産しております。

育てやすさ  樹勢強、耐寒性強、耐陰性ややあり
用途
 鉢植え、寄せ植え、庭植え、花壇、切り花
※本種は生育環境や植栽地域によって大きさや、性質が多少変化しますのであくまで目安です。肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。

 
ゆっくり長く効く、化成肥料
当店自慢の高級堆肥
簡単植え付け!栽培セット

【販売時期について】
この規格の苗木は毎年10月ごろから販売開始します。売切れ次第終了です。

【お届けする商品の状態です】

●商品は根巻き苗です。根巻き部分を含め高さ0.3m位の特等苗です。落葉期は葉がついておりません。

●商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。

●この商品の同梱可能本数は・・・・




 >>送料についてはこちら
牡丹の解説
【花の大きさ=直径の数字】
牡丹の花の大きさの目安です。
庭植えの場合
鉢栽培の場合
巨大輪
約20~28cm
巨大輪
約15~22cm
大輪
約18~25cm
大輪
約13~20cm
中輪
約15~20cm
中輪
約12~18cm
小輪
約12~15cm
小輪
約10~13cm
【花形】
平咲き
一重咲き・八重咲きの花のふつうの咲き方
抱え咲き
八重咲き時に花弁数50枚ほどの千重咲きの花の花弁がめしべ・おしべを抱える形となって、花が開きすぎることのない咲き方。
盛り上げ咲き
千重・万重の花の内側の花弁が長くて、花の中心部が盛り上がった形に咲く花形。
詰め咲き
千重・万重の花の内側の花弁が小さく、詰め合う花形。
獅子咲き
非均整非対称の花に美しさを観るもの。定まった形はない。
ボタンの育て方

牡丹の栽培のポイント

  • 「百花の王」と呼ばれる牡丹。花色も品種も豊富にありますが、既成のラベルがないものが多く、より近い花色を示すラベルが苗木の取り付けられていることも多いです。実際の花色とラベルの花色が若干異なることがありますが、ご容赦ください。

  • 日当たりを好みます。よく日が当たり、寒風が避けられる場所で育ててください。

  • 牡丹苗は植え付け、植え替えは10月ごろが最適です。春にも植えられます。

  • 温度 牡丹は比較的寒さには強いですが、高温多湿に弱い性質があり、夏の気候が暑すぎるところでは生育が不良になりやすいです。
    寒い地方ほど栽培しやすく、暖かい地方ほど育ちにくいのは高温多湿の気候だからです。
    暑いからといってむやみに水をやらないようにしてください。 庭植えの場合はほとんど水やり不要です。

  • 土壌 多湿を防ぐために、植えつけ場所や用土は水はけをよくします。
    強い酸性の土壌は避けた方がいいでしょう。用土に有機質を多く加えると、極端に強いアルカリ性になりにくくよいものです。

  • 地面を盛り上げて、そこに、接木部分が土中に埋まるよう、深めに植えます。

  • 鉢植えの場合は8~10号のなるべく大き目の鉢を使います。

  • 肥料 牡丹は肥料食いといわれるように多くの肥料を必要とします。
    庭植えでは年4回与えます。寒肥(1月)・芽出し肥(3月)・お礼肥(5月)・新芽の発生期(10月)です。

  • 植え替えをしなかったり、株の周囲の土がなだらかになってきたら、株元に土を寄せておきます。こうすることで、牡丹の発根発芽を促します。

  • 花後は花柄を早めにとり、種を作らせないようにします。台木から出る枝はシャクヤク(ボタンの台木はシャクヤク)なので、早めに取り除くと良いです。