{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 日陰でも楽しめる植物(低め)
  3. 万両・千両・百両
  4. 万両 【斑入り】 3.5号ポット苗 実生 【ハナヒロバリュー】
  1. 庭木
  2. 切花や茶花で楽しめる木
  3. 万両 【斑入り】 3.5号ポット苗 実生 【ハナヒロバリュー】
  1. 庭木
  2. 縁起の良い記念樹
  3. 常緑低木
  4. 千両・万両
  5. 万両 【斑入り】 3.5号ポット苗 実生 【ハナヒロバリュー】
  1. 庭木
  2. 入荷の少ない珍しい品種
  3. 万両 【斑入り】 3.5号ポット苗 実生 【ハナヒロバリュー】

新芽にクリーム色の斑が入る美容品種。

万両 【斑入り】 3.5号ポット苗 実生
【ハナヒロバリュー】

商品番号 value569
価格 ¥ 2,499 税込
114 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 小梱包
残りわずかです。

マンリョウ 斑入り

マンリョウ 斑入り

新芽にクリーム色の斑が入る美容品種。

年中楽しめるカラーリーフの斑入りマンリョウです。
斑入りマンリョウは一般の緑葉の万両よりも生長が遅く、性質も少し弱いです。冬は鉢植えで屋内越冬のほうが良いかもしれません。
実付きは普通の万両よりも劣ります。

万両(マンリョウ)は百両などよりも丈が高くなり、多く実をつけるので、より縁起のよい名になった常緑樹です。お正月などに飾られます。
ぎざぎざの葉で隠すように色鮮やかな果実をつけます。果実は12月に成熟し、美しいです。翌年の初夏までついています。
別名:ハナタチバナ。サクラソウ科に分類されることもあります。

斑入りマンリョウの特徴


学名 Ardisia crenata ヤブコウジ科 ヤブコウジ属
別名 ハナタチバナ
花色・大きさ・花形 中輪咲き
果実の用途 観賞用
結果年数 1~2年
最終樹高 地植え:0.5m ~ 0.8m 鉢植え:0.5m ~ 0.8m (耐寒性常緑低木)
最終葉張り 0.3m ~ 0.5m 
栽培用途 鉢植え、寄せ植え、盆栽、下草、記念樹、プレゼント
成長の早さ 遅い (0.1cm/年)
植栽適地 南関東~沖縄
育てやすさ ★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:半日陰~日陰、耐陰性強い、
耐寒性やや弱い、耐暑性強い、耐乾性普通
耐病害虫性 耐病性:ほとんどつかない 害虫:ほとんどつかない
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・小梱包(小型宅配便)です。

※送料は購入手続きにて配送先住所を指定した際に表示されます。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 商品は実生ポット苗です。根鉢の部分も含め高さ約15cmです。根鉢の大きさは3.5号(直径10.5cmポット)です。実生とは種から生まれた苗です。実生苗は雑種のため詳細な品種名はありません。

花や果実はまだついておりません。


マンリョウ 斑入りの育て方



植え方・用土


8月下旬~9月ごろ、4~5月が植え付けの適期です。鉢植えで冬越ししてから、春に庭に植えるのが良いでしょう。 半日陰の水はけの良い肥沃な土壌に植えます。直射日光がきついと葉が黄色や黒く焼けます。堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。ひどい寒さにあたると葉が灰色にへたるので注意です。
明るい日陰で木陰などが適しています。


水やり


土が乾いたらたっぷり与えてください。冬は根腐れしないよう水の与えすぎに注意です。
地植えでは雨任せで大丈夫です。


肥料のやり方


肥料は控えめのほうがこっつりと引き締まった株になります。多肥にならないように、葉色を伺いながら、2月ごろと8月下旬頃にリン酸やカリが多い目の肥料を施します。


剪定方法


剪定をしなくても放任して育てても自然な樹形になります。


病害虫の予防法


目立った病害虫などはあまり発生しません。