{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 日陰でも楽しめる植物(低め)
  3. サツキ
  4. サツキ 4本セット 【送料無料】 ロージー 4号ポット苗
  1. 庭木
  2. グランドカバーにおすすめする植物
  3. 日陰に強いグランドカバー
  4. サツキ
  5. サツキ 4本セット 【送料無料】 ロージー 4号ポット苗
  1. 庭木
  2. グランドカバーにおすすめする植物
  3. 花を楽しむグランドカバー
  4. サツキ
  5. サツキ 4本セット 【送料無料】 ロージー 4号ポット苗

さつき サツキツツジ 【 ロージー 】 春と秋の二季咲き品種 さつき 苗 サツキ 庭木 常緑樹 グランドカバー 低木

サツキ 4本セット 【送料無料】
ロージー 4号ポット苗

商品番号 niwa_satsuki005-04set
価格 ¥ 3,999 税込
182 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料込


二季咲き八重サツキ | ロージー


色鮮やかに咲いたピンクの花が初夏を彩る。和風・洋風を問わず人気の常緑樹。


 

雨に濡れた葉もとてもキレイです。常緑なので花が咲いていない時期も楽しめます。

 

 

お庭のグランドカバーや生垣にもおすすめ。日本の気候によく合います。

サツキ「ロージー」はピンク八重花の『春秋二季咲き』品種。5月頃と10月頃の1年に2回、可愛い花を楽しめます。直径約4cmくらいのピンク花が次々と咲くので開花期間が長いです。萌芽力が強く、葉が細かく密生することから、根締め(庭木や鉢植えの木などの根もとに植える草)やグランドカバーや生垣にもおすすめです。日本庭園の刈込によく使われていますが、和風庭園だけでなく洋風庭園にも良く合います。

サツキの和名の由来は、他のツツジ類より花期が遅く、陰暦の5月に花が咲くことによります。江戸時代から栽培が始まり、マルバサツキとの交配によって、変化に富んだ多様な品種が作られ、現在では2000以上の品種があります。盆栽や鉢植、庭木として栽培されています。 ツツジとの違いは新芽が伸びだす時期や開花期で区別できます。サツキはツツジに比べて花や葉が小さく葉には光沢があります。
日本の気候によくあうので古くから私たちの身近な場所に植えられている植物です。サツキは様々な品種があり、花の色、大きさ、仕様など多種多様です。

 

サツキ「ロージー」について


学名 Rhododendron indicum ツツジ科ツツジ属
開花時期 5月頃と10月頃(二季咲き)
最終樹高 耐寒性常緑低木1m
原産地 本州(神奈川県西部・中部地方~近畿地方、山口県)~九州(屋久島)
最終葉張り 1m
類似品種 ツツジ
植栽適地 南東北~沖縄
栽培用途 鉢植え、盆栽、記念樹、目隠し、生垣、グランドカバー、切花、花壇、街路樹、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場
育てやすさ 初心者におすすめ: 耐暑性強、耐病性強、日陰に強い、刈込に耐える、潮風に強い、大気汚染に強い

※資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、それは自然環境で放任して栽培した場合の大きさです。どの種も土質にもよりますが住宅地での放任栽培では1mくらいです。
※生垣での植え付け間隔は30cm間隔をお勧めします。好みの高さになったら主幹の芯を止めます。(主幹を切ると横枝が良く伸びるようになります。)横枝は随時剪定をして形を整えます。剪定をすると枝が密になります。


 

【送料無料】サツキ・ツツジ 4本セット!

この商品は、苗木4本のセット商品です。
この他に、12本で送料無料の、12本セットもございます。
同一品種を複数本お考えの方は、是非、お得なセット販売をご利用ください。

※ 他の商品を一緒にご注文いただいた場合には、別途送料が発生いたします。

お届けする商品について


商品について 4号ポット苗を4苗のセットになります。お受け取り後は、庭や花壇で管理していただくか、鉢やプランターに植え替えてお楽しみください。

サツキ、ツツジの育て方
植え付け・用土

最適な時期は2~4月と9~10月ですが、水管理だけ気をつければ、基本的に移植や植え付けは9月~入梅までできます。水はけの良い、肥沃な酸性土壌に植えます。夏の乾燥を嫌うので、植え付けの際は鹿沼土とピートモスをたっぷりすきこんだ土に植えましょう。 日当たりを好みますが、2~3時間の日光で大丈夫。日当たりが悪くなるにつれ、花付や葉色が本来の美しさを発揮できなくなります。 サツキツツジは根をたたいて植えます。つまり、土を落として植えるわけです。



肥料
開花前に寒肥として油かすとピートモスや堆肥を株周りに敷きつめます。

水やり
夏に雨がよほど降らない時期は水を与えますが、雨が当たれば基本的に夏以外の時期は水やりは不要です。鉢植えでは土が乾いたらたっぷり与えてください。冬は水は控えめで大丈夫です。

剪定
刈り込んで樹形を仕立てたり、生垣に用いたりと用途は多様です。サツキは、花が終わるとすぐに翌年の花芽を形成することから、花が終わった直後に剪定するのがよいです。また、その頃は他の庭木にも虫や病気が発生しやすい時期であることから、手入れの目安になる。

病害虫
夏から秋にかけて発生するシンクイムシ(ベニモンアオリンガの幼虫)は蕾を食べるので、発生したらスミチオン乳剤などを散布してください。消毒は4月以降9月までハダニやグンバイムシ、ハマキムシの害虫駆除の消毒を定期的に散布します。

元気がない時の回復法

1. 気温があがり始める3月ごろ、スコップで掘り起こします。
2. 古い根や黒くなった元気のない根は切り戻します。
3. 枝を切り戻しし、ひと枝に一枚以上葉を残して枝を短く強めに切り戻しします。
4. 植えてあった用土はなるべく使わず、腐葉土やピートモスをたっぷりすきこんだ土に植えます。 サツキは同じツツジ科の植えてあった用土は嫌うので、なるべく土は入れ替えます。 サツキが元気がなくなった原因は土が固まってしまい、水分を十分吸収できなくなることによるものが多いです。土を砕き、通気性を良くして、腐葉土やピートモスをすき込んでやると生き返ることが多いです。