{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 庭木
  2. 鉢植えにもおすすめ
  3. 葉を楽しむ常緑樹
  4. ヒイラギ
  5. ヒイラギナンテン 苗 銀葉 (ギンヨウ) ポット苗 生垣 常緑樹
  1. 庭木
  2. 入荷の少ない珍しい品種
  3. ヒイラギナンテン 苗 銀葉 (ギンヨウ) ポット苗 生垣 常緑樹
  1. 庭木
  2. 日陰でも楽しめる植物(低め)
  3. ナンテン
  4. ヒイラギナンテン 苗 銀葉 (ギンヨウ) ポット苗 生垣 常緑樹

柊南天 苗木 常緑
どこにも無い!希少な銀色の葉をもつヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン 苗
銀葉 (ギンヨウ) ポット苗
生垣 常緑樹

商品番号 value024
価格 ¥ 2,363 消費税込 ¥ 2,599
118 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 小梱包

ヒイラギナンテン | 銀葉




2017年秋に初登場! ヒイラギナンテンの銀葉品種

日本の和風庭園で大活躍する「ヒイラギナンテン」は、これまでにたくさんのお庭の玄関先なや下草など、ガーデンをコーディネイトしてきた、定番の低木です。
今回はそんなヒイラギナンテンの非常に珍しい銀葉品種をご紹介!なんとこの「銀葉」は2017年秋から販売開始した、ごく限られた販売店でしか入手できない希少なナンテンなのです。葉は新芽のころが一番銀色が濃く、ライムグリーンのような明るさがありますが、徐々に葉の緑が濃く変化し、柔らかい風合いの銀葉に変化します。濃い緑色の印象が強いヒイラギナンテンですが、この「銀葉」は色の濃さがないので重たい印象がなく、柔らかい雰囲気をもっています。光に反射すると銀色がさらに際立ち、お庭を独特な風合いながら、落ち着いた印象にしてくれます。秋の紅葉はなく、年中独特の風合いのある銀葉を楽しんでいただけます。



ヒイラギナンテン 黄雲 の特徴


分類
メギ科マホニア属の耐寒性常緑低木
最終樹高 0.5~1.5m 耐寒性常緑低木
成長の早さ 普通 (0.2m/年)
育てやすさ 初心者に超おすすめ、耐暑性強、耐寒性強、耐病性強、害虫がつきにくい、日陰に強い、耐乾性強、耐湿性強、萌芽力強い
植栽適地 南東北~沖縄 ※寒冷地では鉢植え栽培をおすすめします
栽培用途 グランドカバー、鉢植え、盆栽、記念樹、ボーダー、花壇、生垣など

苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・小梱包です。(80サイズ )


この商品の小梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 4 まで。


5本以上のご注文の場合、送料は 通常梱包になります。
通常梱包 の場合、20本 まで同梱可能です。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 苗木はポット苗です。ポット部分を含めて約30cm前後くらい。基本的に花も果実も付いていません。植えるときはビニールポットを外して植えてください。
こちらの苗は鉢植え栽培も可能です。

ナンテンの育て方
植え付け・用土

基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。日当たり、水はけの良い場所に植えます。土質を選ばない丈夫な木ですが、堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みます。日当たりが悪いと冬のきれいな紅葉がでなかったりします。また、軒下などで冬の寒風に当たりにくい場合、紅葉があまりしません。


水管理

雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。 鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。


剪定について

放任すると幹だけ伸びて下葉が落ちて見苦しくなるので、3月もしくは6月に切り戻しして樹形を整えます。


肥料

ほとんど必要ありません。生育が悪い場合は、2月ごろに寒肥として油かす腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。


病害虫・消毒

病害虫はほとんどつきません。まれに高温多湿になるとイラガが発生しますので、発生したら殺虫剤で駆除します。


冬の落葉

秋~春は果実をつけて葉の栄養を果実にとられることから、苗木では冬にどんどん落葉します。また、春の葉と入れ替わるように葉が落ちますので、3~5月が最も葉が少ないです。常緑性ではありますが、季節的に葉が生え変わる時期です。5月ごろから本格的に葉が入れ替わります。