{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. バラ苗
  2. CL ツルバラ
  3. ピンク系のツルバラ
  4. 四季咲き
  5. 四季咲き半つるバラ 【ジオルブライトンランブラー】 2年生大苗 登録品種・品種登録

やわらかいピンクからブラッシュピンクへ変化していく枝垂れるように咲きます。

四季咲き半つるバラ 【ジオルブライトンランブラー】 2年生大苗 登録品種・品種登録

商品番号 rose_er101-02
価格 ¥ 6,298 税込
286 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料パターン 小梱包
完売。次回入荷は2022年12月~翌1月頃です。

イングリッシュローズ。デビッドオースチン社のバラは新苗はありません。



ジ・オルブライトン・ランブラー

The Albrighton Rambler

イングリッシュ・ローズ
イギリスのディビッド・オースチン作出のイングリッシュローズ。
イングリッシュ・ローズの花形のモダンさに魅了されるバラ愛好家はとても多いです。

バラ ジ オルブライトン ランブラー 4

やわらかいピンクからブラッシュピンクへ変化していく枝垂れるように咲きます。

ほとんどのランブラーがシングルかセミダブルの花であるのに対して、この‘ジ・オルブライトン・ランブラー’は小さめでカップ型の完璧な花で、非常にやわらかなピンクからブラッシュ・ピンクへとやわらいでいきます。美しく整然と並ぶ花びらは小さなボタンアイを持ち、極まった愛らしさと魅力的な全体像を持つバラです。大きめの房咲きの花が優雅に枝垂れて咲き、四季咲き性があります。軽いムスクの香りのある典型的なハイブリッド・センパビレンスの香りがあります。
3.0-3.6m、または更に伸びることもあるとオースチン社のカタログには表記がありますが、平地では2mくらいのつるバラとして利用できます。うどん粉病に強い極めて丈夫な品種です。黒星病に強い。少しの手入れでよく咲き、雨の影響もほとんどありません。

シュラブローズはブッシュローズ(木立バラ)とクライミングローズ(つるバラ)の中間的な樹形で、やや高性になるものや半つる性になるものです。鉢植えや花壇、オベリスクなど使い勝手が良いので、用途やシーンを選ばずに用いやすい品種が多いです。

ジ・オルブライトン・ランブラー の特徴


学名 Rosaceae Rosa バラ科 バラ属
別名 Ausmobile
作出年・作出者 2014年 (イギリス・デビッド・オースチン・ロージズ株式会社・デビッド オースチン)
開花時期 繰り返し咲き
花色・大きさ・花形 薄いピンク・中輪咲き(6cm位)・カップ咲き
香りの強さ ★★★☆☆ 中香 ムスク
最終樹高 地植え:1.2m ~ 3.5m 鉢植え:1m ~ 2m (落葉低木)
最終葉張り 1.3m ~ 3m 
栽培用途 鉢植え、庭植え、花壇、地植え、オベリスク、トレリス、フェンス
植栽適地 日本全国
育てやすさ ★★★★☆ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた、耐陰性普通、
耐寒性普通、耐暑性普通
耐病害虫性  
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・小梱包(小型宅配便)です。

※送料は購入手続きにて配送先住所を指定した際に表示されます。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について 商品はポット大苗です。根鉢の部分も含め高さ約30cmです。根鉢の大きさは6号(直径18cmポット)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

苗木は輸入苗です。国内に搬入時の検疫のため、土をすべて落として根を洗浄しております。根を乾かさないようにしてポットに仮植して販売します。根が土をつかんでおらず、細根もほとんどありません。ポットをはずせば土がボロボロ落ちますが、品質は大丈夫です。穂木からの発根を促すために、ポットに深めに植えてあります。
接木部も土中に入っています。植え付け時も同様に深めに植えていただくと活着が良くなります。
輸入苗は春の芽吹きが遅く、1年目は成長が遅いです。根が活着する秋以降から生長がはやくなります。

落葉時期は葉がついておりません。晩秋~冬の休眠期は最小限しか水を欲しがりません。水の与えすぎによる根ぐされに注意してください。

ポットのままでも半年~1年栽培が可能ですので、寒冷地の場合は冬に受け取って、春に植えても大丈夫です。

・バラ入門:初心者の方はこちら
・バラの育て方はこちら
・バラの病害虫対策はこちら
・バラの育て方Q&Aはこちら