{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0594-48-6780 (平日 10:00〜17:00)
  1. 花苗
  2. グリーンカーテン
  3. ベビーキウイ
  4. ■送料無料■ 【ベビーキウイ 苗木】 オスメスセット (パープルシャドー・ケンズレッド・オス)

セットで安心!皮ごと食べられるベビーキウイ! 果樹苗木

■送料無料■
【ベビーキウイ 苗木】
オスメスセット
(パープルシャドー・ケンズレッド・オス)

商品番号 kaju_kiui-b_set_002
価格 ¥ 3,199 消費税込 ¥ 3,454
160 ポイント進呈|ただいまポイント5倍!
送料込
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。
3.00
1
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    5/28受け取りました。もう少し大きと思ていました。 本日(5/29)畑に植栽しました。大切に育てます。 ありがとうございました。

ベビーキウイ 雌雄セット|パープルシャドー・ケンズレッド・バイエルン


ベビーキウイ の特徴

ベビーキウイはその名の通り、赤ちゃんみたいに小さな実が特徴の果物です。一般的なキウイフルーツのような表面の毛がなく、皮がつるつるなので、そのままパクッと食べることができます。酸味が少なく、糖度が15~22度と高い甘い実です。一般的なキウイフルーツと比べて栄養価も高く、さらにマイナス20度まで耐えることができる優れた耐寒性も持ち合わせた、良いこと尽くしの果物です。
植え付けから3~4年で結実見込みです。日当たりの良い場所で育てた方がたくさん実ります。(栽培方法によって結実が遅くなる場合もあります。)

こちらの商品は、メス木のパープルシャドーとケンズレッド、オス木のバイエルンを1株ずつのセット商品になります。バイエルンは非常に樹勢があり花粉をよく出しますので、1株でメス木5株程度の受粉が可能です。

分類 マタタビ科マタタビ属
果実の大きさ(果長) 3~5cm程度
平均糖度 15~22度
収穫時期 9月~10月
開花時期 5月~6月
自家結実生 なし。※近くに雄木(バイエルン)が必要
樹高につて 8~10m (地植えの場合)
成長の速さ 平均で 2~3m/年 
耐寒性 マイナス20度程度まで耐えれます。
日照条件 日向 明るい場所を好みます。


花ひろばオンラインの配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・送料無料です。


この商品と同梱できる商品は・・・送料無料でお届けできます。


   同梱できない ご注文分は、 送料をいただきます。



※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について こちらの商品は、3号ポット苗3株(3品種1株ずつ)のセット販売です。
お届け後、ポットから出して定植してください。
※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。

ベビーキウイの木の育て方
特徴


ベビーキウイにはオス・メスがあり、ベビーキウイのメス木が実をつけるためには、オス木(バイエルン)が必要です。バイエルンは、1本で5本程度のメスの木を受粉させるだけの花が咲きます。
天候などの影響により、稀に開花時期がずれる事があります。オス木が早く開花した場合は、オス木の花粉をビニル袋などにいれて取っておき、人口受粉させると確実です。
近くにキウイフルーツやサルナシのオス木があり、開花時期が合えば、結実可能と言われています。



植え付け・用土

秋~梅雨位までに植え付けします。葉が芽吹いた後に植え付けする場合は根を崩さないように植えてください。梅雨以降に植え付けする場合は水やりを忘れずに。肥沃で水はけの良い肥沃な土を好みます。乾燥に弱いので、十分堆肥をすきこんだ土に浅く植えます。



肥料

12月ごろ寒肥として有機質肥料を与えます。追肥は2月と6月ごろに速効性肥料を与えます。


剪定

剪定は、8月下旬もしくは、真冬の生育生止期に行います。これ以外の時期に剪定すると、ツルから樹液が流れ出てしまいます。

キウイの棚仕立ては基本的にブドウの棚仕立てと同じになります。主幹上部の勢いの良いツルを上へ伸ばすように育て、主ツル候補から外れた下から伸びるツルは早い時期に切り落とします。時期は春~夏でも大丈夫です。主幹の下の方から出てくるツルは下に捻じ曲げ、切り戻して葉数を増やし、主幹を太らせるための力枝とします。 棚の上部まで主ツルが伸びたら、横方向に誘引していきます。冬になったら、力枝や脇枝はすべて切り落とし、主ツルも木質化した部分まで30cmくらい切り戻します。
棚仕立てした場合、葉が込み合い、日当たり不足にならない程度に間引く剪定が必要です。冬の剪定や、春から夏の芽かきで茂り過ぎないようにします。キウイはブドウと比べ、樹勢も旺盛ですので、実際には主ツル以外の側枝を早い時期から切り落として栽培しても、順調に主ツルが上に上ってくれます。


病害虫について

ほとんど心配が要りません。まれに根頭がん腫病や軟腐病がでます。がん腫病は部位を切り落とし、コサイドボルドー水和剤を散布します。軟腐病にはトップジンM水和剤を散布してください。