果樹苗、 バラ苗、 ブルーベリー苗、 庭木、 コニファー、 宿根草 、ガーデニング資材の総合園芸通販サイト 国内最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

本店サイト限定企画

冬〜春のバラ苗大量入荷に伴い、商品入れ替えのため、本店サイト限定で「バラ中苗 2本目無料大セール」を開催!対象のバラ苗を2本お買い上げで2本目がなんと無料!

詳しく見てみる 会員登録はこちら

シンボルツリー向けの木

生け垣、目隠しに使う木

グランドカバー向け植物

日陰でも育つ植物

紅葉の美しい木


縁起の良い木


南欧風の植物


切り花や茶花で楽しむ


どんぐりが採れる木


お茶の木


珍しい花木



  常緑低木

  常緑高木

  落葉低木

  落葉高木

  その他の植物

便利でお得な栽培セット

※使用農薬履歴の表記※

当店で販売しております果樹苗木は全て農水省で認可登録された薬剤を規定使用回数を厳守して生産されております。安心してご購入下さい。なお使用しました薬剤名は下記の通りです。

  • アセフェート
  • フェロピンキシメート
  • マンゼブ
  • トリフルミゾール
  • TPN

生産地は愛知県です。

商品カテゴリ一覧 > 果樹苗 > 果樹全種一覧 > ベリー類

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 常緑低木(季節別分類) > 秋(9〜11月)を楽しむ

健康に良い樹 | クランベリー ポット苗


赤い果実が愛らしいクランベリー。
鉢植えで観賞用に!




クランベリー の特徴

クランベリーは、ツツジ科のつる性の小果樹です。北アメリカやヨーロッパ、日本などの寒冷地に自生している植物です。6〜8月頃に枝先に淡いピンク色の花を咲かせます。果実は赤く熟し、見た目も愛らしいです。酸味と渋みが強いので、そのままで食べるよりは、ジャムやジュースに加工したり、ドライフルーツにしていただくとおいしくいただけます。果実はビタミンCが豊富で、美容や健康にも良いと言われています。
寒さには強く、マイナス30度まで耐えられます。ですが暑さが苦手ですので、涼しいところで管理が必要です。鉢植えで観賞用として育てていただくと、またおしゃれです。
学名 Vaccinium macrocarpon ツツジ科スノキ属  Cranberry 常緑つる性低木
別名 オオミツルコケモモ (大実蔓苔桃) 、ベアベリー
開花時期 5〜6月ごろ
収穫時期 8月〜11月ごろ
樹高 2m前後 常緑つる性低木
植栽適地 北海道〜中国地方 (高原地や寒冷地)
※暑さが苦手です。鉢植えで涼しいところで管理をしてあげてください。
栽培用途 鉢植え、観葉植物、庭木、コンテナ



 

ベリー 苗木 <br>クランベリー ポット苗 <br>常緑樹 つる性 ツルコケモモ
ベリー 苗木 <br>クランベリー ポット苗 <br>常緑樹 つる性 ツルコケモモ
ベリー 苗木 <br>クランベリー ポット苗 <br>常緑樹 つる性 ツルコケモモ

ベリー 苗木
クランベリー ポット苗
常緑樹 つる性 ツルコケモモ

商品番号 kaju-cranberry-1

価格2,280円(消費税込:2,462円)

[23ポイント進呈 ]

[ 送料パターン 小梱包 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
花ひろばオンラインの配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・小梱包です。(80サイズ)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 2 まで。


3本以上 のご注文の場合、送料は 通常梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの 「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら
同梱可能本数の目安(一覧)はこちら
ご注文からお届けまでの流れはこちら


お届けする商品について


商品について 商品はポットです。ポット含め高さ0.2m前後くらいです。 基本的に花や実は付いておりません。
※こちらの商品は鉢植え栽培をおすすめします。

クランベリーの育て方
植え付け・用土

植付時期は10月〜11月、または3月〜4月ごろが適期です。クランベリーは酸性の土壌を好みます。堆肥腐葉土と一緒に、ピートモス鹿沼土などを庭土とよく混ぜて植えます。鉢植えの場合は、ブルーベリーの専用培養土をお使いください。暑いところが苦手な植物ですので、風通しがよく、夏の日差しが遮られるようなところに植え付けてあげてください。冬の寒さにはマイナス30度まで耐えられます。また寒さにあてないと花芽がつかない性質がありますので、冬の寒さに当てるようにしてください。
夏場の乾燥防止のために、株周りにマルチング材を敷いていただくと安心です。


管理場所

日当たりを好みますが、夏の高温と乾燥を避けるような場所に植えて(鉢を置いて)ください。西からの日差しをさえぎるようにします。(木陰などが最適)。ベランダ等で栽培する場合は夏の西日をさえぎるように工夫してください。

【鉢での栽培】
特にベランダ栽培の場合は水やりに注意です!アスファルトに直接鉢を置いてしまうと、根がムレてしまうので、通気性がよくなるようにすのこなどの上に置いて管理してあげてください。またベランダは夜間も温度がこもりやすく、乾燥しやすいので、梅雨から夏にかけては水やりを朝夕2回与えるようにしてください。(夕方は鉢の土が渇き気味だったら与えます。)
落葉している冬はほとんど水は欲しがらなくなるので、土が乾きにくくなります。そんな時期は水の与えすぎになりやすいので、土が乾いたら水を与え、根ぐされに注意してください。


剪定について

混み合っている枝があれば、間引いたり、切り詰めたりします。剪定は収穫後に行っていただくと良いです。


肥料・ポイント

2月〜3月と9月〜10月緩効性の化成肥料などを与えます。


水やり

乾燥に弱く、水切れに弱いので、常時、土が濡れているように水をあげてください。 根が浅く張るので、夏場の水切れには十分注意してあげてください。


病害虫・消毒

病害虫はほとんどつきません。まれにアブラムシ、カイガラムシ、ハマキムシがつくことがあります。見つけ次第、薬剤散布などで駆除してあげてください。