果樹苗,バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー,宿根草 ,園芸資材の総合園芸通販サイト 商品総数約4000点以上 日本最大級の品揃え 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 園芸資材 > ネギ(野菜苗)

現在登録されている商品はありません
ネギ栽培のポイント
■栽培環境、土づくり

 ネギは高温・低温には強いですが、湿害を受けやすいので、水はけのよい畑(土)を選びます。

 植えつけの2週間以上前に1ヘイホーメートル当たり苦土石灰120〜150g、1週間前までに完熟堆肥約3kgと有機配合肥料100g程度を施します。

 ネギは栽培期間が長いので、緩効性肥料を主体にします。当店の”元気玉(IB肥料)”がオススメです。

 うね幅90センチに深さ20〜30センチ、幅1センチを目安として溝を掘ります。 溝に堆肥と肥料を入れ、10センチくらい土をかぶせます。

 小さなプランターで栽培する場合を除き、お庭で植える際は、3〜4株ほど、まとまって植えることをオススメします。

■管理のポイント
 
 苗をそのまま植えつける方法や、15〜20センチ程度に切り詰めて植える方法、

 苗を掘りとり葉が枯れた状態で植えつける方法(干しネギ栽培)があります。

 一般的に干しネギ栽培では生育および分げつが旺盛で多収となります。

 しおれた葉身部分は植えつけの際に葉先を切りつめて15センチくらいの長さにすると、

 植えつけ作業もやりやすく、新葉の発生もよくなります。

■品質管理
 
 すぐに植え付けない場合の管理方法として、暗くて風通しが良い場所で保管してあげてください。
 
 直射日光に当たりすぎたり、風通しが悪い場所で管理すると、品質が低下する恐れがあります。

 

■水管理
 
 基本的に頻繁にお水を与えなくても良いです。

 植え付け後は、土の表面が乾いていたら与える程度で良いです。

 植え付け前の段階では、お水は与えなくも良いです。


■追肥
 
 根が浅く、肥料やけを起こしやすいので、一度に大量の施肥は控えてください。

 植え付け後、20〜50日ぐらいの間に、2回程度、化成肥料、もしくは、花ひろば野菜と果樹の肥料EXを与えると良いです。


ネギ栽培に一緒にお使いいただくと便利な資材です。


■土寄せ
 
 追肥の時、中耕を兼ねて土寄せをしてあげると良いです。


■収穫

 適当な大きさになれば収穫できますが、根株を残して、葉だけを切り取って利用すれば、またすぐに葉が伸びてくるので、いつまでも利用できます。