ジャボチカバの苗木の販売。イボのような果実がなる不思議な果樹ジャボチカバ。性質や育て方など情報満載!果樹苗900品種以上の通販サイト花ひろば本店トップへ


トップに戻るよ!

夏の早期予約開始

果樹3年生大苗、バラ長尺大苗など、年に1度しか販売しない商品多数の「早期予約販売」がスタート!涼しくなった秋頃にお届けいたします。

詳しく見てみる 会員登録はこちら

 


防草シート



病害虫でお悩みの方へ


 

 


 

 


 

アーモンド
アケビ
アンズ (杏)
イチジク
ウメ (梅)
渋柿
甘柿
 
クルミ.ナッツ
カリン.マルメロ
柑橘系
みかん類
雑柑類
オレンジ類
ザボン.ブンタン
ユズ.スダチ.カボス
キンカン
グレープフルーツ
レモン.ライム
   
キウイフルーツ
ギンナン
グミ
クリ (栗)
サクランボ
ザクロ
すもも.プルーン
ナシ (梨)
ナツメ
ビワ
ぶどう
フェイジョア
ベリー類
ラズベリー系
ブルーベリー
ジューンベリー
クワ (マルベリー)
カシス (カーラント)
   
ポポー
ムベ
桃.ネクタリン
ヤマモモ
ユスラウメ
リンゴ
   

パインアップル
レイシ.ライチ
バナナ
アテモヤ
ドラゴンフルーツ
マンゴー
パパイヤ
アセロラ
ジャボチカバ


※使用農薬履歴の表記※

当店で販売しております果樹苗木は全て農水省で認可登録された薬剤を規定使用回数を厳守して生産されております。安心してご購入下さい。なお使用しました薬剤名は下記の通りです。

  • アセフェート
  • フェロピンキシメート
  • マンゼブ
  • トリフルミゾール
  • TPN

生産地は愛知県です。

商品カテゴリ一覧 > 果樹苗 > 入荷の少ない珍しい品種 > ジャボチカバ

1 件中 1-1 件表示 



珍しい熱帯果樹|ジャボチカバ 実生 2年生


今まで春にしか無かった「ジャボチカバ」が、なんと!秋に本数限定で入荷!
花ひろばオンライン オリジナルロゴ入り角鉢仕様で登場!



年に一度しか出会えない「ジャボチカバ」がオリジナル角鉢苗で緊急入荷!

毎度ありがとうございます。店長の松井 DX (デラックス)です。
私、出会ってしまいました。年に一度、春にだけ限定入荷していたジャボチカバを、とてもキレイに生産している生産農家さんに出会ってしまったのです!
ご覧いただいてわかるように、とてもキレイなジャボチカバでしょ!?青々とした葉が風に揺れてなんともきらびやか。独特な幹肌も健在。実生苗のこのジャボチカバ、せっかくなので当店オリジナル角鉢に植え替えてお届けします。 植え替えに使用したのは、当店自慢の花ひろば培養土「和み」。スリット構造で通気性、排水性も抜群の機能性にもこだわった角鉢に、保水性、排水性にも優れたふかふかの培養土で植え付けたことで、今後の生育が楽しみな鉢苗に仕上がっています。
ぜひみなさんにもこのキレイなジャボチカバをぜひ見ていただきたい!手にとって堪能していただきたい!ということで、 今までなかったこの時期に入荷しました!
近所のスーパーでは見かけないジャボチカバの果実は、育てることでしか味わうことができません。ぜひジャボチカバの秘めた魅力を、ご自宅のお庭で堪能してください。


【 ジャボチカバの特徴 】

こちらのジャボチカバは実生苗になります。ジャボチカバは熱帯果樹ですが、四季なり性なので収穫時期が長いのが魅力。樹形は湾曲しますが、観葉植物として楽しむ場合、この湾曲した樹形がさらにオシャレ感を引き立てます。そして、皆さんが一番気になる「果実」についてですが、結論から申し上げると、誰でも簡単に実を成らせることができます。ぶどうに似た見た目 をした果実は、甘みと果汁がたっぷり。5月から6月ごろに白い花を咲かせ、幹に直接果実がなる、なんとも珍しい実つけ方です。寒さが苦手ですので、冬は屋内での越冬をおすすめします。


ジャボチカバの特徴

ジャボチカバの特徴 果実の特徴 ジャボチカバの性質

結果年数 2〜5年くらい
果実の大きさ 巨峰くらいの大きさ (大粒)
収穫時期 四季なり性 (長い期間 収穫が楽しめる)
開花時期 白い小花 5月下旬〜6月上旬
果実の用途 生食、ジャム、ゼリーなど
植栽適地 関東〜中国・四国・九州の暖地(沿岸部などの潮風の強いところは除く)
なるべく屋内での越冬がおすすめです。
最終樹高 3〜5m (常緑高木) ※若木の頃は冬に葉が落ちる場合もあります。
育てやすさ 初心者には少し注意; 耐病害虫性普通、耐暑性強、耐乾性普通、潮に少し弱い、寒さに少し弱い、強風にも少し弱い。
珍しいので自慢できます。 あまり寒すぎると落葉したり、収穫が落ちます。冬場はしっかり寒さ除けをしてあげてください。
植栽適地 北関東〜四国・中国・九州地方 ※寒冷地は鉢植え栽培をおすすめします
栽培用途 果樹畑、花壇、鉢植え(7号鉢以上)地植え


 

熱帯果樹 <br>■本数限定■ 四季成り ジャボチカバ <br>2年生 実生苗 果樹苗木 果樹苗
熱帯果樹 <br>■本数限定■ 四季成り ジャボチカバ <br>2年生 実生苗 果樹苗木 果樹苗
熱帯果樹 <br>■本数限定■ 四季成り ジャボチカバ <br>2年生 実生苗 果樹苗木 果樹苗

熱帯果樹
■本数限定■ 四季成り ジャボチカバ
2年生 実生苗 果樹苗木 果樹苗

おすすめ

商品番号 kaju_jabochikaba003

価格3,980円(消費税込:4,298円)

199ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 通常梱包 ]

完売。次回入荷は未定です。

------------------------------------------
〜入荷お知らせメールについて〜

商品の入荷がありましたら、メールにてお知らせします。
こちらはご注文やご予約の受付ではありません。

受信した入荷お知らせメールの確認後、
ご自身でご注文お手続きをすすめる必要があります。

また、商品によっては、入荷が1年以上先になるものや、
生産がなくなり、お取り扱いしなくなるものもございます。

必ず連絡があるものではありません。
あらかじめご理解くださいますようお願いいたします。

↓ご了承いただいた上でお申し込みください↓

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
花ひろばオンラインの配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(160サイズ ※小梱包不可)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 2 まで。


3本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの 「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら
同梱可能本数の目安(一覧)はこちら
ご注文からお届けまでの流れはこちら


お届けする商品について


商品について 苗木は2年生の実生苗を当店オリジナル角鉢に仮植してあります。鉢部分も含め高さ1.0m位です。花や果実は基本的についておりません。

ジャボチカバ の育て方
植え付け・用土

基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。
寒さには弱いので、秋か春がお勧めです。ベストは春植えです。できれば鉢植えで冬は
屋内へお願いします。

日当たりの良い、適度に保水と排水性のある肥沃な土壌に植えます。
どちらかというと、少し湿った弱酸性の土が好きなので、ブルーベリーなどの時のように、ピートモスや腐葉土を少し多めに混ぜてあげてください。



水やり・肥料

土の表面が乾いていたらたっぷり与えます。特に夏場の水管理には注意が必要です。
カリ分の多い肥料を与えると花芽分化しやすいので、春〜秋くらいの間、例えば4・6・8・10月のように、2ヶ月に1回くらい、合計4度、少量の肥料を施してあげてください。植えはじめや、苗木が小さい時には、量や回数は控えてあげてください。

果実は、皺がより始めると熟しすぎなので、その前に収穫してあげてください。少しやわらかくなったころが食べごろです。

剪定

込み合う様子でしたら、新しい枝葉が動く前、初春くらいに枝すき剪定をしてあげてください。



病害虫について

アブラムシなど、一般の樹種に幅広くつく虫は見かけることがあると思います。
幹に果実が実る手前、薬剤の散布は踏みとどまりたいところですから、
唐辛子希釈液や、捕殺、牛乳希釈液などで対応してあげてください。



1 件中 1-1 件表示 

ジャボチカバの育て方

  • 植え付け時期
    基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。
    寒さには弱いので、秋か春がお勧めです。ベストは春植えです。できれば鉢植えで冬は屋内へお願いします。

  • 植え付け用土
    日当たりの良い、適度に保水と排水性のある肥沃な土壌に植えます。
    どちらかというと、少し湿った弱酸性の土が好きなので、ブルーベリーなどの時のように、ピートモスや腐葉土を少し多めに混ぜてあげてください。

  • 剪定方法
    込み合う様子でしたら、新しい枝葉が動く前、初春くらいに枝すき剪定をしてあげてください。

  • 肥料
    カリ分の多い肥料を与えると花芽分化しやすいので、春〜秋くらいの間、
    例えば4・6・8・10月のように、2ヶ月に1回くらい、合計4度、少量の肥料を施してあげてください。
    植えはじめや、苗木が小さい時には、量や回数は控えてあげてください。

  • 消毒
    アブラムシなど、一般の樹種に幅広くつく虫は見かけることがあると思います。
    幹に果実が実る手前、薬剤の散布は踏みとどまりたいところですから、
    唐辛子希釈液や、捕殺、牛乳希釈液などで対応してあげてください。

  • 果実は、皺がより始めると熟しすぎなので、その前に収穫してあげてください。少しやわらかくなったころが食べごろです。