円錐形コニファー・ブルーアローの苗木販売。ブルーアローの性質、育て方など情報満載!商品4000種類以上のガーデニング通販サイト花ひろば本店トップへ


トップに戻るよ!

オイスターリーフ解禁?

【注文殺到は必至?】有名シェフも探し回る高級野菜。生牡蠣の味がする?どこにもオイスターリーフの苗が6日19時解禁。続きは食べて育ててお確かめください!

詳しく見てみる 会員登録はこちら

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > コニファー > 円錐形コニファー > ブルーアロー

1 件中 1-1 件表示 

 

“ブルーアロウ”

●品種の特徴
コロラドビャクシンの仲間です。スカイロケットの改良品種で、スカイロケットよりも細身で青く美しい品種です。葉色は青みがかった緑色でスカイロケットよりやや青味が強いです。冬は若干ベージュ色に紅葉します。チクチク感はビャクシン類の中でもチクチク感の少ないほうです。細身な樹形は狭い場所にも重宝します。樹形は極細身で育つので小スペースには大変お勧めの品種。

性質ははスカイロケットと大差がありませんが、スカイロケットに比べて生育はより遅く、脇枝が横に出にくい分、主幹別れもやや少ないです。 年間30〜40cm位生長し、樹高4〜5mになります。

生垣や他のコニファーと組み合わせお庭のを楽しめます。

学名 Juniperus scopulorum‘Blue Arrow’ コロラドビャクシン‘ブルーアロウ’
ヒノキ科ビャクシン属
原産地
北米
最終樹高
最終葉張り
成長の早さ
樹形
類似品種
冬の葉色
植栽適地
常緑高木
3〜5m
0.8m
早い
(0.3〜0.4m/年)
狭円錐形
ややベージュがかる
東北〜沖縄
育てやすさ  樹勢強、耐寒性強、耐暑性強、害虫がつきにくい、耐病性強
用途
 鉢植え、目隠し、生垣、花壇、コニファーガーデン、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。
※生垣での植え付け間隔は50〜80cm間隔をお勧めします。 (樹高1.5mくらいになったら随時剪定をして形を整えます。)
※2m以上の高い生垣の場合は1m以上植えつけ間隔をあけます。

⇒⇒⇒生垣の作り方こちら


 
コニファー<br>“ブルーアロー”<br>4号ポット苗。
コニファー<br>“ブルーアロー”<br>4号ポット苗。

コニファー ブルーアロー 5号ポット苗
庭木 生垣 目隠し

おすすめ

商品番号 niwa_konifa-c003

価格890円(消費税込:961円)

45ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 通常梱包 ]

完売。次回入荷は2018年4月〜5月頃です。

------------------------------------------
〜入荷お知らせメールについて〜

商品の入荷がありましたら、メールにてお知らせします。
こちらはご注文やご予約の受付ではありません。

受信した入荷お知らせメールの確認後、
ご自身でご注文お手続きをすすめる必要があります。

また、商品によっては、入荷が1年以上先になるものや、
生産がなくなり、お取り扱いしなくなるものもございます。

必ず連絡があるものではありません。
あらかじめご理解くださいますようお願いいたします。

↓ご了承いただいた上でお申し込みください↓

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

コニ男さん(10件) 購入者

新潟県/30代/男性 投稿日:2014年10月08日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

とても元気な苗でした。発色も良いです。
もっと購入したいです

ゆっくり長く効く、化成肥料
当店自慢の高級堆肥
簡単植え付け!栽培セット

【販売時期について】
この規格の苗木は毎年10月ごろから販売開始します。春ごろまでは補充、再入荷を繰り返します。4月中旬ごろからは売切れ次第終了です。

【お届けする商品の状態です】

●商品はポット部分も含め高さ約0.7〜0.8m前後くらいです。

●肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。

●この商品の同梱可能本数は・・・・

小梱包でのお届けはできません。

 >>送料についてはこちら
 >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら
 >>ご注文からお届けまでの流れはこちら

コニファーの育て方

コニファーの育て方

  • コニファーは寒さに強く、暑さに弱い傾向があります。しかし、バンコクやマレーシアでもコニファー専門店もあり、品種を選べば暑い地域でも露地栽培可能です。品種によっては、冬に葉色がベージュがかったり、茶色く紅葉するものもあります。
  • 植え付け時期
    基本的に移植や植え付けが最適なのは10月〜梅雨期間中までに行います。

  • 植え付け用土
    水はけの良い、花ひろば堆肥“極み”や牛糞を混ぜた肥沃な土壌に植えます。横風が苦手ですので、必ず支柱を立て、がっちり固定します。日当たりと風通しの良い場所を好みます。日当たりが悪くなるにつれ、葉色が本来の美しさを発揮できなくなります。水をよく欲しがりますので、夏の乾燥に注意です。ただし、高温多湿を嫌いますので、水やりは朝涼しい時間に行います。

  • 剪定方法
    コニファーは大きくなりやすく、樹形をコンパクトに保つためには年に数回の剪定を行います。
    コニファーの多くは鋏などの金属を嫌います。剪定後は葉が茶色く痛みます。ですので、強めの剪定は一斉に新緑の出る2月後半に行うのがベストです。樹形を整える剪定の時期は覚えやすいです。3,6,9月。3の倍数、サブロッキュー♪です。剪定時は必ず枝に少し葉を残すようにします。

  • 肥料は速効性肥料を与えると剪定後の芽吹き後が成長が良いです。他は2月ごろに寒肥として鶏糞や化成肥料を与えます。鉢植えの場合は1年を通して緩効性肥料を3月、6月、11月に少なめで与えます。

  • 消毒
    病害虫はあまり発生しません。湿度が高いとウイルス病などの病気が発生しますが、発生したら、病気の箇所を早急に取り除きます。
    マツ科の仲間はシンクイムシや毛虫が発生して成長点を食害することがあるので、定期的に消毒散布をおすすめします。

  • 樹幹内部の枯れ込み
    コニファーは日当たりの悪い部分の葉が茶色く枯れ込みます。どんどん枯れ込んでいくわけではなく、日当たりの悪い場所にある葉が、光合成で活躍できないので、無駄なので落ちるわけです。特に、秋〜冬になる場合が多く、ご心配をおかけしてしまうのですが、自然現象ですのでご安心ください。ただ、いつまでも枯れこんだ葉をつけておくと、美観を損ねるだけでなく、蒸れてしまって病気を出すことがありますので、なるべく、手でむしりとったほうが良いです。

  • 生垣の作り方はこちら



1 件中 1-1 件表示