果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 南欧風リゾートガーデン向け植物

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 常緑低木(季節別分類) > 春(4〜5月)を楽しむ > ポップブッシュ(ドドナエア)

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 常緑低木(季節別分類) > 秋(9〜11月)を楽しむ > ポップブッシュ(ドドナエア)

ポップブッシュ
(ドドナエア)


冬に花が咲き、初夏頃に、花のような実をつけます。

●品種の特徴
常緑低木で葉色を楽しむ丈夫な木です。寒さにあたると、葉色を赤紫に変色させる常緑樹です。通常の緑色と秋の薄紫色の葉の変化を楽しめるカラーリーフです。細長い葉が上向きにつきます。初夏に、花に見える赤みある果実をつけ、庭木や寄植えなどにも活躍します。 寒さに多少弱いので、寒地では鉢栽培にして冬は軒下にとりこんでください。耐寒性はマイナス5度までです。

シンボルツリーや鉢植え、目隠しなどにも最適です。

学名 Dodonaea viscosa ‘Purpurea’
ムクロジ科
原産地
オーストラリア
花言葉

誕生花
 
最終樹高
最終葉張り
成長の早さ
開花期
類似品種
植栽適地
半耐寒性
常緑低木
1〜4m
0.6〜3m
早い
(0.4~0.8m/年)
3月
関東〜沖縄

※苗木はすべて国産苗木です。
※資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、それは自然環境で放任して栽培した場合の大きさです。
※成長の早さは環境や育て方で差が出ます。目安程度にしてください。


魅力
 魅力多い:【通年】葉を楽しむ。
育てやすさ初心者に超おすすめ: 耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい、樹勢強、日陰に強い、やせ地に強い
用途
 鉢植え、寄せ植え、記念樹、シンボルツリー、花壇、目隠し、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。

 

ポップブッシュ <br>(ドドナエア) <br>“プルプレア” <br> 3号ポット苗 庭木 常緑樹 低木 シンボルツリー
ポップブッシュ <br>(ドドナエア) <br>“プルプレア” <br> 3号ポット苗 庭木 常緑樹 低木 シンボルツリー

ポップブッシュ
(ドドナエア)
“プルプレア”
3号ポット苗 庭木 常緑樹 低木 シンボルツリー

おすすめNEW!!

商品番号 niwa_pop001-030

価格480円(消費税込:518円)

24ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 小梱包 ]

完売。次回入荷は未定です。

------------------------------------------
〜入荷お知らせメールについて〜

商品の入荷がありましたら、メールにてお知らせします。
こちらはご注文やご予約の受付ではありません。

受信した入荷お知らせメールの確認後、
ご自身でご注文お手続きをすすめる必要があります。

また、商品によっては、入荷が1年以上先になるものや、
生産がなくなり、お取り扱いしなくなるものもございます。

必ず連絡があるものではありません。
あらかじめご理解くださいますようお願いいたします。

↓ご了承いただいた上でお申し込みください↓

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
【お届けする商品の状態です】

●苗木は3号ポット苗です。ポットも含め、高さ約0.3m位です。植え付け時はポット部分ははずして根はほぐさずに植えてください。根を触れるのを嫌う木です。根を触らないようにお願いします。

●商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。

●この商品の同梱可能本数は・・・・




※小梱包でのお届けはできません。

 >>送料についてはこちら

 >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら

 >>ご注文からお届けまでの流れはこちら
ポップブッシュの育て方
  • 植え付け時期
    基本的に移植や植え付けは11月〜入梅までに行います。
    植え付けは(厳冬期を除き)9月ごろから入梅頃まで大丈夫です。

  • 植え付け用土
    日当たり、水はけの良い、肥沃で強風の当たらない場所に植えます。
    堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。

  • 関東以南の場所では比較的、屋外でも生育可能ですが、
    霜が厳しく冬場に風が強いと、寒さで葉が痛むことがあります。
    特にまだ苗が若い時、屋外の寒さが心配な場合、何か防寒対策をしてあげてください。

    また、気温が『0℃〜−3℃』を下回る、風の強い場所では、
    室内管理をしたり、鉢で育てて冬場は軒下に避難してあげるとよいです。

    (『〜−4℃』、『〜−10℃』と、耐寒記述に開きがございましたので、
     あまり過信をしないように、余裕を持った記述にさせて頂きました。)

  • 剪定方法
    伸び過ぎたら整えるくらいです。夏場以外で、樹形を乱す枝などを払ってください。
    特に時期はございませんが、よく分からない場合は花後(冬)に行います。
    細枝や枯れ枝を取り除く程度で自然樹形を保ちます。

  • 消毒
    特に気になる病害虫はあまり出ません。