果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > シンボルツリーにおすすめする木

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 落葉中高木(季節別分類) > 春(4〜5月)を楽しむ > 花水木

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > シンボルツリーにおすすめする木 > 記念樹にしたいシンボルツリー > 花水木

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 紅葉の美しい木 > 花水木

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 高木樹たち(落葉樹・常緑樹)


花水木
ハナミズキ

5月の記念樹としてシンボルツリーにおすすめします

魅力その1・・・花が美しい!

魅力その2・・・やさしい形の葉を持ち、新緑と夏の青葉が爽やか。

魅力その3・・・哀愁の紅葉が美しい。
 
魅力その4・・・赤い実が楽しめる。

 

魅力その5・・・冬に残る蕾がけなげでかわいらしい。

●品種の特徴
別名「アメリカヤマボウシ」。
花よし、葉よし、実よしと、三拍子そろった花木です。シンボルツリーにはもってこい!洋風・和風問わず庭木として最適です。若木のうちは幹がまっすぐ伸びて円錐形に育ちます。主幹を切り芯を止めたり、成木になると樹冠が横に広がります。北海道などの極寒地でも植えられ、沖縄でも育ちます。暖地でも秋には葉がみごとに紅葉します。果実が真っ赤に熟します。丈夫で育てやすく、鉢植えでも大丈夫です。

豆知識
昔、東京市だったころ。東京市がワシントンにソメイヨシノを贈りました。そのお返しにアメリカからもらったのがハナミズキでした。
花のきれいなミズキなので、ハナミズキと名づけられました。また、ヤマボウシと似ていることから、アメリカヤマボウシと呼ばれています。近年になって、それがミックスされ、アメリカハナミズキと呼ばれています。

学名 Cornus Florida
原産地
北米東部
最終樹高
最終葉張り
成長の早さ
開花期
類似品種
植栽適地
落葉高木
4〜10m
4〜10m
普通
(0.4m/年)
4〜5月
南北海道〜沖縄
※大きくなる木ですが、住宅地では耕土が浅いので4mくらいで収まりやすいです。好みの高さになったら主幹を切って芯を止め、自然樹形で育てます。

魅力
 魅力満点: 【春】花が美しい、【初夏】新緑の息吹、【夏】さわやかな緑陰、
【秋】赤くかわいい果実、哀愁の紅葉が美しい、【冬】春待つ蕾が健気
育てやすさ  普通:  樹勢強、耐寒性強、耐暑性強、
用途
 鉢植え、盆栽、シンボルツリー、記念樹、目隠し、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。




ハナミズキ 苗木 白花ハナミズキ ポット大苗 <br>庭木 落葉樹 シンボルツリー<br>【西濃運輸お届け】【北海道・沖縄・離島不可】
ハナミズキ 苗木 白花ハナミズキ ポット大苗 <br>庭木 落葉樹 シンボルツリー<br>【西濃運輸お届け】【北海道・沖縄・離島不可】
ハナミズキ 苗木 白花ハナミズキ ポット大苗 <br>庭木 落葉樹 シンボルツリー<br>【西濃運輸お届け】【北海道・沖縄・離島不可】

ハナミズキ 苗木 白花ハナミズキ ポット大苗
庭木 落葉樹 シンボルツリー
【西濃運輸お届け】【北海道・沖縄・離島不可】

商品番号 niwa_hanamizuki004-04

価格6,980円(消費税込:7,538円)

349ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 通常梱包 ]

残りわずかです

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
花ひろばオンラインの配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(160サイズ以上 ※小梱包不可)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 1 まで。


2本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの 「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら
同梱可能本数の目安(一覧)はこちら
ご注文からお届けまでの流れはこちら


お届けする商品について


商品について 苗木はポット部分も含め高さ1.7m前後の苗木です。花は基本的についておりません。
※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。

ハナミズキ の育て方
植え付け・用土

基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。
秋植えでは少々でも根が育つため、乾燥に強い株に育ちやすいです。植え付け時は葉をすべてむしりとると枯れるリスクが減ります。日当たりを好みます。肥沃で水はけがよく、栄養豊富な土がよいです。植え付け2〜3年は夏の乾燥で葉が痛みやすいので、乾燥に注意です。花ひろば堆肥“極み”などをすきこんだ土で植えてください。


水やり・肥料

雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。
肥料は2月ごろに寒肥として油かす腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。花後に即効性の化成肥料を与えます。


剪定

自然樹形を楽しむので、特別剪定は必要ありません。好みの高さになってから主幹を切ります。横枝が伸びやすくなりますので、邪魔にならないように整姿します。夏に花芽をあげるので、剪定時は花芽を落とさないように注意です。


病害虫について

特に気になる病害虫はあまりでません。まれに湿気が多いとイラガがつくこともあるので注意です。


夏の葉の痛みについて

夏の葉の痛みの原因は、乾燥と暑さです。土中温度が高温にならないよう、マルチングをしたり、風通しがよい場所に植えていただき、夏の葉の痛みを減らします。


開花までの年数

植えて2〜3年は花が咲かなくなる場合があります。 まだ花を咲かせるほど木が充実していないからです。木が充実すると花芽があがりますので、気長に待ってやってください。小さな苗木でも花をつけている場合もあります。人間のしつけ次第で花を咲かせることも可能ですが、花を咲かせるように仕向けると、木が大きくなりません。長く付き合う植木です。気長に木の生長を見ていただくのも楽しみにしていただけるとうれしいです。