果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 日陰でも楽しめる植物(低め) > アジサイ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 落葉低木(季節別分類) > 初夏(6月)を楽しむ > アジサイ > スノークイーン

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 切花や茶花で楽しめる木

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 日陰でも楽しめる植物(低め) > アジサイ > スノークイーン

カシワバアジサイ
“スノークイーン”




花色の変化が楽しめるアジサイです。

うっとおしい梅雨を清清しく過ごす。
庭造りに欠かせないおすすめ夏の花
アジサイです。

●品種の特徴
人気の柏葉アジサイの一重咲き種です。柏に似た切れこみの入った葉と、真っ白な長い房状の花が美しく、ホワイトガーデンにおすすめ。半日陰でもよく育ちきれいな花を咲かせてくれますので、シェードガーデンに最適です。晩秋には赤銅色の美しい紅葉が楽しめます。

学名
Hydrangea quercifolia 'Snow Qween' " ’スノークイーン
ユキノシタ科 アジサイ属 カシワバアジサイ
原産地
北米
※アジサイは生育環境や植栽地域によって大きさや、性質が多少変化しますのであくまで目安です。
※アジサイは日本原産で、日本から持ち出され、西洋で改良されたものを”セイヨウアジサイ”といいます。

最終樹高
最終葉張り
花期
成長速度
日照条件
花の性質
植栽適地
落葉低木
50〜80cm
50cm
6〜7月
遅い
日向〜半日陰
ガクアジサイ
北海道南部〜沖縄
育てやすさ  樹勢強、耐暑性強、耐寒性強、、耐病性強、耐陰性あり
用途
 鉢植え、庭植え、コンテナ、花壇、切り花、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。
※アジサイの移植や植え付けは11月〜梅雨入り頃までに行ってください。
※アジサイはあまり用土は選びませんが、十分に水を与え、水をなるべく切らさないようにしてあげてください。


 
あじさい 苗 一重カシワバアジサイ <br>スノークイーン <br>ポット苗 <br>アジサイ 庭木 落葉樹 低木
あじさい 苗 一重カシワバアジサイ <br>スノークイーン <br>ポット苗 <br>アジサイ 庭木 落葉樹 低木

あじさい 苗 一重カシワバアジサイ
スノークイーン
ポット苗
アジサイ 庭木 落葉樹 低木

商品番号 niwa_ajisai003

価格1,380円(消費税込:1,490円)

69ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 小梱包 ]

完売。次回入荷は未定です

------------------------------------------
〜入荷お知らせメールについて〜

商品の入荷がありましたら、メールにてお知らせします。
こちらはご注文やご予約の受付ではありません。

受信した入荷お知らせメールの確認後、
ご自身でご注文お手続きをすすめる必要があります。

また、商品によっては、入荷が1年以上先になるものや、
生産がなくなり、お取り扱いしなくなるものもございます。

必ず連絡があるものではありません。
あらかじめご理解くださいますようお願いいたします。

↓ご了承いただいた上でお申し込みください↓

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
【販売時期について】
この規格の苗木は毎年12月ごろから販売開始します。春ごろまでは補充、再入荷を繰り返します。4月中旬ごろからは売切れ次第終了です。
※これらの商品は別途ご注文となります。
【お届けする商品の状態です】

●商品は高さ0.3〜0.4mのポット苗です。落葉期は葉はついておりませんが、春に芽吹きます。現在、花や花芽がついています。

この商品の同梱可能本数は・・・・



※小梱包でのお届けはできません。

 >>送料についてはこちら
 >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら
 >>ご注文からお届けまでの流れはこちら


アジサイの育て方

アジサイの育て方

  • 植え付け時期
    基本的に移植や植え付けは11月〜入梅までに行います。

  • 植え付け用土
    肥沃な土壌を好みます。酸性土だと花色が青、アルカリ性だと赤に変わります。ヤマアジサイは土質による色の変色は少ないです。
    日当たりを好みますが、日陰にも強い木です。

  • 水管理
    アジサイはあまり用土を選びませんが、十分に水を与え、なるべく水切れさせないでください。
  • 剪定方法
    なるべく刈り込みは控えます。小さく育てたい場合は花の直後に剪定します。花が咲かなかった枝は翌年花が咲くことが多いので残します。
    小さくするには、株全体を剪定して小さくします。
  • 肥料は寒肥として油かす堆肥を株周りに敷きつめます。赤花品種には木灰や石灰を散布すると色が鮮やかになり、青色系品種にはピーとモスを施すと鮮やかな青が出ます。7〜9月に追肥として速効性化成肥料を与えます。

  • 消毒
    定期的にベンレート水和剤や殺ダニ剤などの消毒を行います。

  • 花後の管理。
    アナベルやスノーフレーク、ハイドランジアなどは花が終わった後でも切らない限りは、ドライフラワーのようになって長い期間枝先につきます。好みで、つけたままでもいいですね。