果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

夏の早期予約開始

果樹3年生大苗、バラ長尺大苗など、年に1度しか販売しない商品多数の「早期予約販売」がスタート!涼しくなった秋頃にお届けいたします。

詳しく見てみる 会員登録はこちら

シンボルツリー向けの木

生け垣、目隠しに使う木

グランドカバー向け植物

日陰でも育つ植物

紅葉の美しい木


縁起の良い木


南欧風の植物


切り花や茶花で楽しむ


どんぐりが採れる木


お茶の木


珍しい花木



  常緑低木

  常緑高木

  落葉低木

  落葉高木

  その他の植物

便利でお得な栽培セット

※使用農薬履歴の表記※

当店で販売しております果樹苗木は全て農水省で認可登録された薬剤を規定使用回数を厳守して生産されております。安心してご購入下さい。なお使用しました薬剤名は下記の通りです。

  • アセフェート
  • フェロピンキシメート
  • マンゼブ
  • トリフルミゾール
  • TPN

生産地は愛知県です。

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > グランドカバーにおすすめする植物

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 落葉低木(季節別分類) > 春(4〜5月)を楽しむ > メギ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > グランドカバーにおすすめする植物 > カラーリーフ > メギ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 切花や茶花で楽しめる木

“メギ アトロプルプレア”
コンパクトなグランドカバー。多彩な葉色


赤い葉が美しい!カラーリーフとして生け垣にも使いたい メギのアトロプルプレア


メギ“ローズグロー”とクサツゲの花壇
赤い葉がメギ“ローズグロー”のボーダー
緑色はクサツゲ

洋風によく合う、グランドカバーです。
色とりどりの葉色で花に勝るほど美しいカラーリーフです。
コンパクトで観賞価値の高い品種を集めました。


カナダのケベック市に植えてあったメギ“ローズグロー”と“オーレア”

●品種の特徴
【新品種】温かみのある赤い葉です。枝を伸ばして生け垣としても使えます。他のグランドカバー向け品種との相性も抜群!
観賞価値が高く、グランドカバーとしておすすめです。泥はね・雑草防止の下草としても最適です。

葉の付け根にトゲがありますので防犯的な使い方にお勧めします。

学名 Berberis thunbergii 'Rose Glow’
メギ科メギ属
原産地
日本
花言葉
過敏、はげしい気性
誕生花
10月17日、11月17日
最終樹高
最終葉張り
成長の早さ
開花期
類似品種
植栽適地
耐寒性
落葉低木
1.5〜2m
1〜1.5m
普通
(0.3m/年)
北海道南部〜沖縄

※苗木は全て国産苗です。
※ボーダーやグランドカバー、生垣での植栽間隔は30cm間隔をお勧めします。
※花は小さいのでほとんど目立ちません。

⇒⇒⇒生垣の作り方こちら

魅力
 魅力普通:  
育てやすさ  初心者におすすめ: 耐寒性強、耐病性強、害虫がつきにくい、やせ地に強い、
用途
 ボーダー、グランドカバー、生垣、鉢植え、盆栽、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場
肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。


 
メギ “アトロプルプレア”<br>ポット苗。 庭木 落葉樹 グランドカバー 低木
メギ “アトロプルプレア”<br>ポット苗。 庭木 落葉樹 グランドカバー 低木
メギ “アトロプルプレア”<br>ポット苗。 庭木 落葉樹 グランドカバー 低木

メギ “アトロプルプレア” ポット苗 庭木 落葉樹 グランドカバー 低木

おすすめNEW!!

商品番号 niwa_megi005

価格890円(消費税込:961円)

45ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 通常梱包 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
【販売時期について】
この規格の苗木は毎年10月ごろからの販売になります。5月上旬で入荷が終了し、売切れ次第終了です。

●苗木の形状
商品は ポット苗です。ポットも含め高さ約0.4m前後くらい。冬は葉がすべて落葉します。春になると芽吹きます。 鋭く細いとげがあります。

●この商品の同梱可能本数は・・・・




 >>送料についてはこちら

 >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら

 >>ご注文からお届けまでの流れはこちら

●肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。


メギの育て方

メギの育て方

  • 植え付け時期
    基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。

  • 植え付け用土
    日当たりの良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。3時間以上の日当たりで大丈夫です。
    鉢植えでも大丈夫です。
    直射日光がきついと葉が黒く焼けます。 土質は選びませんが、
    乾燥を嫌うのでバーク堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。

  • 水管理
    雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。夏にひどく乾燥するときは水を与えてください。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。

  • 剪定方法
    放任して育てても自然な樹形になります。
    刈り込みにも強く、6〜7月と10〜11月に不要枝を間引く剪定と葉先を整える剪定を行います。

  • 肥料
    普通に成長している場合は肥料は必要ありません。新芽を楽しむ木なので、2月、6月、9月に緩効性肥料を与えます。

  • 消毒
    特に気になる病害虫はあまりでませんが、葉を食害する虫がつくことがあります。