果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 生垣・目隠しにおすすめする木

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 季節で分類できない常緑樹 > サカキ・ヒサカキ・シキミ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 日陰でも楽しめる植物(中位) > サカキ・ヒサカキ・シキミ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 生垣・目隠しにおすすめする木 > 葉を楽しむ目隠し > サカキ・ヒサカキ・シキミ

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 切花や茶花で楽しめる木

商品カテゴリ一覧 > 庭木 > 生垣・目隠しにおすすめする木 > 手間が少ない目隠し > サカキ・ヒサカキ・シキミ


選抜青芽神サカキ ロングスリット鉢苗 


「ホンサカキ」「マサカキ」とも言われる、神様に供える木。

葉色が美しい選抜種をロングスリット鉢に植えてあります。





選抜青芽神サカキの特徴

葉色が美しい選抜種です。新芽は若干赤くなりますが、若芽が青くなるのが早い枝を選抜して育成している品種です。
本種は「本サカキ」とか「神サカキ」とか「マサカキ」と言われます。木ヘンに神で榊と書きます。「姫サカキ」ではありません。「栄える木」が略されて「さかき」になったとも言われ、縁起の良い木です。
6月ごろ白い小さな花を咲かせます。常緑で葉に光沢があり美しいため庭木や生け垣としてもよく使われています。
サカキは神棚や祭壇に供える、神事には欠かせない植物です。サカキは関東以南の比較的温暖な地域で生育するので、関東以北ではヒサカキ ( Eurya japonica ) をサカキとして代用していることまります。ヒサカキは仏壇にも供えられる植物でもあります。

今回はこの「選抜青芽神サカキ」、1.5mのトールサイズをロングスリット鉢に植えてあるので、商品到着後そのまま管理していただく事も可能です!本数限定品ですので、ぜひご検討下さい!

学名 Cleyera japonica ツバキ科サカキ属
原産地 本州、四国、九州
開花時期

6〜7月頃 / 白い小さな小花(花は小さいのでほとんど目立ちません)

最終樹高 2〜4m前後 常緑小高木
類似品種 ヒサカキシキミ
最終葉張り 4〜10m前後
植栽適地 関東〜沖縄
栽培用途 生垣、目隠し、切花、記念樹、鉢植え、盆栽、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園
育てやすさ 耐暑性強、耐乾性強、やせ地に強い、日陰に強い

選抜青芽神榊(ホンサカキ) ロングスリット鉢植え苗<br> 生垣 目隠し 庭木 常緑樹<br>【西濃運輸お届け】【北海道、沖縄、離島不可】
選抜青芽神榊(ホンサカキ) ロングスリット鉢植え苗<br> 生垣 目隠し 庭木 常緑樹<br>【西濃運輸お届け】【北海道、沖縄、離島不可】
選抜青芽神榊(ホンサカキ) ロングスリット鉢植え苗<br> 生垣 目隠し 庭木 常緑樹<br>【西濃運輸お届け】【北海道、沖縄、離島不可】

神様に供える木。選抜青芽神榊(ホンサカキ) ロングスリット鉢植え苗
生垣 目隠し 庭木 常緑樹
【西濃運輸お届け】【北海道、沖縄、離島不可】

おすすめNEW!!

商品番号 niwa_sakaki002-hachi

価格2,780円(消費税込:3,002円)

139ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 通常梱包 ]

残りわずかです

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

mocaさん(8件) 購入者

非公開 投稿日:2018年06月03日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

本当は根巻の物が欲しかったのですが、売切れたら困る〜と思い購入しました。結果満足です。りっぱな商品が届きました。他社と比べるとやはり梱包が丁寧ですよね。大きく育てたいと思います。

※これらの商品は別途ご注文となります。
【販売時期について】
この規格の苗木は毎年10月ごろから販売開始します。春ごろまでは補充、再入荷を繰り返します。4月中旬ごろからは売切れ次第終了です。

【お届けする商品の状態です】

●商品はロングスリット鉢苗です。鉢部分も含めH:1.5m位です。

●肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。

●この商品の同梱可能本数は・・・・

小梱包でのお届けはできません。

 >>送料についてはこちら
 >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら
 >>ご注文からお届けまでの流れはこちら

サカキの育て方

サカキの育て方

  • 植え付け時期
    基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。

  • 植え付け用土
    日当たりの良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。直射日光がきついと葉が黒く焼けます。土質は選びませんが、乾燥を嫌うので堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。

  • 水管理
    雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。

  • 剪定方法
    剪定は必要なときに必要なだけ切りますが、剪定せずに放任して育てても自然な樹形になります。

  • 肥料は2月ごろに寒肥として油かす腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。肥料が切れると葉色が悪くなります。