果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 果樹苗 > 果樹全種一覧 > リンゴ

商品カテゴリ一覧 > 果樹苗 > 花の美しい果樹 > リンゴ

商品カテゴリ一覧 > 果樹苗 > 入荷の少ない珍しい品種


 

果肉も赤い リンゴの木 ルビースイート



富士や睦、王林など、様々なリンゴがありますが、こんなリンゴは初めて!に今まさに皆さんは出逢ってしまいましたよ!
ルビースィートは切った果実のなかまで赤いリンゴなのです。これは衝撃!
これまでにも、赤実品種のリンゴは数多く誕生してきましたが、その品種の多くが甘みが少なく、酸味が強いため、加工用として用いられることが多かったのです。
しかし!この「ルビースイート」は違います。甘みと酸味のバランスがいいので、そのままでも十分おいしく味わっていただけます。まだまだ流通が少ない品種ですので、ご自宅で育てて収穫すれば、人気者間違いなしです!

 

そのまま食べてもおいしい!名前も見た目もキュートなリンゴ!

リンゴが赤いのは当たり前ですが、なんと、果実の中まで赤く色付くリンゴがついに花ひろばオンラインにも登場しました!
農業・食品産業技術総合研究機構の果樹研究所が開発したこちらの「ルビースィート」。名前もキュートですが、切ってみると中もピンクに色付いてひと際目を惹きます。果重は450g前後とりんごの中でも大実の品種です。
これまでの赤実品種のリンゴは、甘味が少なくて酸味が多いため、加工用として用いられることが多かったのですが、「ルビースイート」は違います!「富士(ふじ)」と同様に甘みと酸味のバランスがよく、これまでの赤実品種のなかではより食味が良いといわれています。見た目だけでなく、リンゴとしての魅力も持ち合わせた「ルビースイート」。お庭でなった果実を切って、さらにみんなを驚かせちゃいましょ!





 

ルビー スィート の特徴

収穫時期 9月下旬〜10月中旬頃 (中生品種)
果実の大きさ 450g前後
特徴 果肉も赤く(ピンクに)色付く
自家結実性 1本ではならない。
※別品種のリンゴを近くに植えてあげてください。オススメはふじです。
最終樹高 2.5〜3m以上
育てやすさ 樹勢中、耐寒性強、耐暑性中
植栽適地 日本全国
※寒冷地では鉢植えでの管理をおすすめします。
栽培用途 果樹畑、花壇、鉢植え、庭木、コンテナ、地植えなど
育て方について 詳しくはページ下部をご覧ください





リンゴ “ルビースイート” <br>1年生 接ぎ木 苗 果樹苗木 果樹苗 りんご 鉢植え 木
リンゴ “ルビースイート” <br>1年生 接ぎ木 苗 果樹苗木 果樹苗 りんご 鉢植え 木
リンゴ “ルビースイート” <br>1年生 接ぎ木 苗 果樹苗木 果樹苗 りんご 鉢植え 木

りんご 苗木 リンゴ ルビースイート 1年生 接ぎ木 苗 果樹 果樹苗木

商品番号 kaju_ringo019-01

価格1,980円(消費税込:2,138円)

99ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 通常梱包 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
花ひろばオンラインの配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(160サイズ ※小梱包不可)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 9 まで。


10本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの 「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら
同梱可能本数の目安(一覧)はこちら
ご注文からお届けまでの流れはこちら


お届けする商品について


商品について 苗木は1年生接ぎ木苗をポットに仮植してあります。ポットも含め高さ0.9m位です。花や果実は基本的についておりません。10月〜4月ごろは葉がついておりませんが4〜5月ごろから芽吹いてきます。花や果実は基本的についておりません。
植え付け3〜5年で結実見込みです。(栽培方法によって結実が遅くなる場合もあります。)※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。

りんご の育て方
植え付け・用土

秋〜梅雨位までに植え付けします。開花期が早いので秋植えをおすすめします。
葉が芽吹いた後に植え付けする場合は根を崩さないように植えてください。
梅雨以降に植え付けする場合は水やりを忘れずに。

水はけと通気性の良い肥沃な土を好みます。日当たりの良い場所に浅く植えます。夏の水分不足による葉やけを起こさせないように、夏は乾燥したらたっぷり水を与えてください。



肥料

12月〜2月ごろ有機質肥料を与えます。

剪定

花芽は前年に伸びた枝のわき目が伸びて、その先端に花芽をつけます。
短果枝にに花芽をつけさせるために、主枝や長果枝は12月に先端を少し切り戻しします。



病害虫について

5月頃からアブラムシや黒星病、縮葉病に注意です。発生しだい消毒します。薬剤散布を控えて栽培するには袋がけがおすすめです。6月上旬には袋がけし、収穫の1ヶ月前に袋を外します。