果樹苗, バラ苗, ブルーベリー苗, 庭木, コニファー, 宿根草,園芸資材の総合園芸通販サイト 日本最大級 商品総数約4000点以上 花ひろばオンライン 本店トップへ


トップに戻るよ!

商品カテゴリ一覧 > 果樹苗 > 果樹全種一覧 > 梨(ナシ)

商品カテゴリ一覧 > 果樹苗 > 早くなります大苗シリーズ

商品カテゴリ一覧 > 果樹苗 > 花の美しい果樹 > 梨(ナシ)



梨(ナシ)の木|にっこり


甘くてジュージーな特大果がなる品種です。

びっくり特大サイズ!

にっこりは、濃厚な味わいの「豊水」と、風味豊かな「新高」を掛け合わせた、栃木県を代表する梨です。 国際観光地の"日光"と、梨を"リ"と読むことから「にっこり」と名付けられたのだそう。お茶目なネーミングですね。
甘みが強く、酸味が少ない、果汁たっぷりの実がなります。食味は極めて良好!上手に育てると800gを超える大きな実をならすことも!贈答品としては売られていますが、スーパーなどではあまり見かけない希少品種です。大きい・美味しい・珍しい!おすそ分けしても喜ばれること間違いナシです。大事に育てて、美味しく召し上がって下さい。


長〜く食べれます。

見た目も味も良好なにっこり、貯蓄性にも優れていて、適切に保存すれば10月に収穫したものでも、お正月過ぎまで美味しく食べれるのだそうです!乾燥しない様に新聞紙などで包んでからポリ袋に入れ、冷暗所で保存してください。せっかく育てた美味しい実。家族や親戚が集まるお正月に、みんなで召し上がってみてください。

にっこりの特徴


学名 Pyrus pyrifolia バラ科ナシ属
収穫時期 10月中旬〜11月下旬
果物の大きさ 500〜800gくらい
糖度 11〜13度
自家結実生 1本で成らない / 受粉の際は、他の梨苗を近くに植えてください
最終樹高 2〜3m前後くらい ※落葉低木果樹苗
植栽適地 日本全国  (寒冷地では鉢植え栽培をおすすめします)
育てやすさ 耐寒性強
栽培用途 果樹畑、花壇、鉢植え、庭木、記念樹

 


梨 にっこり<br>3年生 接ぎ木 大苗 果樹苗木 ナシ<br>【西濃運輸お届け】【北海道・沖縄・離島不可】
梨 にっこり<br>3年生 接ぎ木 大苗 果樹苗木 ナシ<br>【西濃運輸お届け】【北海道・沖縄・離島不可】

梨 にっこり
3年生 接ぎ木 大苗 果樹苗木 ナシ
【西濃運輸お届け】【北海道・沖縄・離島不可】

おすすめNEW!!

商品番号 kaju_nashi020-03

価格6,980円(消費税込:7,538円)

349ポイント進呈|ただいまポイント5倍!

[ 送料パターン 通常梱包 ]

完売。次回入荷は未定です

------------------------------------------
〜入荷お知らせメールについて〜

商品の入荷がありましたら、メールにてお知らせします。
こちらはご注文やご予約の受付ではありません。

受信した入荷お知らせメールの確認後、
ご自身でご注文お手続きをすすめる必要があります。

また、商品によっては、入荷が1年以上先になるものや、
生産がなくなり、お取り扱いしなくなるものもございます。

必ず連絡があるものではありません。
あらかじめご理解くださいますようお願いいたします。

↓ご了承いただいた上でお申し込みください↓

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
花ひろばオンラインの配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(160サイズ以上 ※小梱包不可)


この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 2本 まで。


3本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。



こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。
※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。
他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの 「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。

送料についてはこちら
同梱可能本数の目安(一覧)はこちら
ご注文からお届けまでの流れはこちら


お届けする商品について


商品について 苗木はポット苗です。ポット部分を含め高さは約1.5m前後です。花や蕾はついておりません。お届け後、ポットから出して定植してください。
こちらの商品は、鉢植え栽培も可能です。

ナシの育て方
植え付け・用土

秋〜梅雨位までに植え付けします。葉が芽吹いた後に植え付けする場合は根を崩さないように植えてください。梅雨以降に植え付けする場合は水やりを忘れずに。
水はけの良い肥沃な土を好みますが、土壌は特に選びません。



肥料

12月〜2月ごろ有機質肥料を与えます。



剪定

剪定の注意点として、強剪定をしないこと。強剪定をすると樹勢が強くなり、花芽がつきにくくなります。剪定は花芽を見極めながら12月か1月に行います。 枝の状態を見極めて剪定します。花芽のない枝のうち、枝が緑色で葉芽が充実していない枝は間引き剪定します。葉芽や枝が充実している枝は先端を軽く切り戻しします。全てのわき目が花芽になった枝は、充実した短果枝を出させるために強めに切り戻しします。花芽と葉芽が混在する枝は軽く切り戻しします。
開花後30日以内に発育の悪い果実を摘果します。目安は1花そう(1つの花芽からでる花束状の花群)に1つです。その10日後くらいに果実の形状を見て、3〜4花そうに1つに減らします。



病害虫について

落葉期の2月頃に石灰硫黄合剤を散布し、病害虫予防をします。5月頃からアブラムシや黒星病に注意です。発生しだい消毒します。スミチオンでは薬害が出ますので薬剤散布ではスミチオンの散布は控えてください。